waizuの観察記録や検証結果を公開しています

ダニの思い出

先日、他のブログでのダニ記事にコメントしました。
そのことがきっかけで、ダニの多量発生に驚き、完全駆除に躍起になっていた頃のことを思い出しました。
2003年のことです。
13年も経過し、記憶も曖昧(^_^;)
バックアップしてあったハードディスクの中を探してみると、当時の画像が残っていましたので、紹介してみます。

dani1.jpeg
dani2.jpg

ある時、このような成虫や幼虫を発見!
最初は、何が付着しているのかサッパリ見当がつきませんでした。
全く動かないため、生物との認識は皆無!
早速、顕微鏡で覗いて確かめました。
レンズを覗いた瞬間、鳥肌が(◎_◎;)
そこに見えたものは、これでした。
DSCN6655.jpg
(×100倍)

拡大すると・・・
daniC.jpg
400倍でこれくらいでしたので、かなり小さいダニです。
こいつ等絶対に駆除してやるっ!!って思い、その日から駆除対策の研究が始まったのでした。
ティッシュで擦っても取れないくらい強固に付着していた状態でしたので、死滅させるのが近道との判断でエタノールを噴霧!
これが功を奏し、何回か噴霧すると次第に消えて行きました。
しかし、飼育を続けていると再繁殖が始まり、エタノール噴霧法の限界を感じたものです。

いまこうして書いているだけで、あの時の衝撃が蘇ります(笑)
本来、ダニとはウヨウヨ動くものと思っていましたから・・・。
ちなみに、動くダニも観察記録を残してあります。
daniA.jpg
おそらくイエダニ!この種は大きく、100倍での観察画像です。
このダニもエタノールで死滅しました。

daniB.jpg
これは、エタノールをどれだけ噴霧してもビクともしなかった個体です。(×400倍)
いま改めてみると、体の周りにある透明の膜のようなものが保護していたのでしょうか・・・??

画像をよく吟味してみるとこのようなものも残っていました。
daniD.jpg
イエダニの仲間のようにも思えますが、微妙に違っています。(×100倍)

こんな観察も楽しみながら、様々な駆除法を試しました。
少なくとも上記の種に対しては、ダニ駆除マットが奏功します。
ただ、完全に駆除しないと意味がありません!
10週間で300倍に増えると言われるほどの繁殖力ですから・・・
よって、少しでも残してしまえば、瞬く間に大量発生してきます。
低温、乾燥気味で管理すれば、繁殖速度を遅らせることはできますが、温度管理される菌糸ビンの中で大量繁殖することでしょう・・・。
そのため、駆除をめざす場合は入念に取り組む必要性を感じています。
成虫のダニ駆除を行い、菌床飼育開始2~3ヶ月後でも菌糸ボトルのフタの裏がきれいであれば成功を実感します。
ちなみに、昨年も今年も菌糸ボトルからダニは出てきていません。

トコトンやるか諦めるか!? 
オオクワガタと一緒に飼育するのも手ですが、みなさんはどちらの道を選択されますか?

あともう一つ!
よく発生する害虫にトビムシとやらがいます。
たぶんコイツだと思います。
tobimusi.jpg
菌床表面でピョンピョン跳ねています。
外観は、グレーっぽい感じです。

「ダニは出ないけどトビムシに苦労します」なんて話も聞きますが、トビムシは簡単にいなくなりました。
エタノールも効果がありますが、生体に根強く付着する訳ではありませんので、水洗いしてマット交換を繰り返していれば、自然にいなくなります。

尚、ダニはどこの家庭環境にも存在するため、完全駆除できてもどこからか混入してくることがあります。
一方、トビムシは、ブリーダー間の幼虫や成虫をやり取りする際のマットを介してやってくることが多いようです。

ダニやトビムシが嫌いな方は、闘ってみてください。
決別はそれほど難しいことではないと思います。
スポンサーサイト
[ 2016/03/24 22:53 ] ダニ | TB(-) | CM(10)

菌糸ビンへの不安

先日、都心に出張する機会がありました。
折角なので、熱血ブリーダー2人と会い、クワ談義に花を咲かせてきました。
情報交換することも、ステップアップには重要ですから・・・。

それにしても、今年度は、製品化された菌糸ビンで、ダニやトビムシが発生するといった事例が、あちこちで報告されているようです。
これでは、産卵の時点からいくらダニのいない環境を整備してブリードしていても、何の意味もありません。
ダニ嫌いの人にとっては、とても不安な現実です。

さて、私のところは、温度を蛹化促進温度に上げきってから、ちょうど1ヶ月が経過しました。
♀で暴れが少ないのは毎度のことですが、♂では、やはり暴れが発生しています。
慎重に管理している期待幼虫群でも2割くらい出ています
とても残念なことに、久留米に関しては、体重の上位2頭が・・・
ただ、能勢は上位陣が安泰です。

不安と期待が入り混じりますが、あと2~3ヶ月もすれば、ノギスが冷静に今年度を評価してくれることでしょう・・・。
[ 2012/03/20 16:47 ] ダニ | TB(-) | CM(-)

幼虫を授受する時の覚悟

オオクワ幼虫は、販売、プレ企画、ブリーダー間でのやり取りなど、授受されるケースが多くあります。
今日の表題をみて、「生き物だから死亡リスクを覚悟すべし」の旨の直感を抱かれた方も多いことでしょう・・・。
勿論それもあります。
1頭万単位でやり取りした場合、その覚悟は相当なものでしょう・・・。
また、出所がハッキリしていないと、本物だろうか・・・との不安も付きまといます。
さらに、羽化するまでは、「大きくなるだろうか」「羽化不全にならないだろうか・・・」との不安も!

しかし、上記のことくらいは、ほとんどのブリーダーが覚悟の上でやり取りしていると思われます。

本日確認しておきたかったことは、経験の浅いブリーダーが見落としがちなポイントです。
それは、「幼虫の授受=害虫の授受」となる恐れがあることです。

2~3年前からオオクワ飼育にハマった知人がいます。
彼は、ギネスを夢見てオークションに出品されている血統的に優れた幼虫をあれこれ購入しました。
ある時気がつくと一部からダニが発生!
ボトルからボトルに移動しては大量繁殖し、今では自己ブリ分のボトルまで汚染され、さらには今年の産卵セットにまで影響が及ぶ始末・・・。
部屋の床からも大量の死骸が発見される毎日にクワ飼育をやめようと思った時もあるとか・・・。

このように、幼虫にはダニ、トビムシなどの害虫も一緒に付いてくる可能性があることを覚悟しておく必要があります。
私は、この10年の中で、嫌というほど体験して来たため、最近では極力幼虫を受け取らないことを肝に銘じています。
うれしいことにクワ友さんから里子のお話を頂くこともありますが、そのお気持ちだけ頂戴しています。
クワ友さんの管理を疑う訳ではないのですが、ダニには本当に嫌な思いをしてきたので、リスクの可能性を排除することを優先しています。
逆に私から提供する場合は、ダニを持ち込まないように神経を使っていますが、100%回避することは難しいのでそれなりの不安がつきまといますねぇ・・・。
[ 2011/08/02 08:20 ] ダニ | TB(-) | CM(-)

温室内の害虫駆除

早いもので10月になってしまいました。
9月下旬からやっと涼しくなり、最近の外気温は朝14~18℃、日中も最高で28℃程度になりました。

そんな環境下での屋内温度を確認し続けていますが、外気温は14℃も変動しているのに床下は23.6~24.1℃と安定しています。
しかし、夕方2階に上がれば、天気のよい日は30℃前後となります。

これでは、2階の温室はまだ稼働できそうにありません。
一方、1階北側の物置に設置してある温室は、最高でも17~23℃を変動しているようなので、そろそろ使えそうです。

そこで、昨日は念のため害虫駆除を行いました。
特に、ダニを持ち込みたくありません。現在150本の中にダニ、トビムシを持ち込んだものは皆無状態ですので・・・。

さて、駆除ですが、方法として3パターンが思いつきます。
1.ダニアースなどのような殺虫剤を使う
2.ダニは熱に弱いため高温にする
3.酸欠に追い込む

どれも確実に効果があると思いますが、1は残留すると幼虫が影響を受けそうで、安全性を確立してからでないと行う気がしません。
2は以意外に温度を上げにくようです。
3の酸欠ですが、温室を密閉して中でロウソクなどを燃焼させたとしても酸素濃度を17~18%までにしか下げることができないため、決定打になるかどうか・・・。

今回は、高温策を試み、サーモを外し250Wのヒーターを7時間通電し続けてみました。
51℃までしか上がりませんでしたが、その状態が3時間以上続いたため、ダニなら完全に死滅したのではないでしょうか?

以前、酸欠によるダニ駆除の方法として、マットであれば脱酸素剤が有効とされていました。
しかし、広い温室には不適であり、脱酸素剤自体が高価です。

そこで、私がいま考えている方法が、温室を密閉しておいて、中でドライアイスを溶かしたらどうだろう・・・との案です。
ドライアイスを湯にでも入れれば、即昇華して一気に二酸化炭素濃度を上げることができ、確実に酸欠に追い込めるのではないでしょうか?

まだ、やったことはありませんが、長時間ヒーターに通電するするより安全確実ではと考えています。

今日は、ふと思ったことを書いてみました。
[ 2010/10/01 21:24 ] ダニ | TB(-) | CM(-)

ダニへの対応

HP解析ツールがあるお陰で日々の訪問状況がわかります。
最近は、コンテンツをほとんど更新していないため、たまにReportを見に訪問される方が中心だと思っていましたが、本格的なクワガタ飼育の時期到来を感じるようになりました。
と言いますのも、最近は検索エンジンから「産卵」「ダニ駆除」情報を探して訪問される方が急増しています。

当サイトのコンテンツは、ダニ駆除から始まったようなものなので得意分野です。
よく、「針葉樹マットでは発生しにくい」とか「マットを乾燥気味にしておけば発生しにくい」と言われます。しかし、あくまで「しにくい」であって「しない」ではありません。私は中途半端ならダニ対策は諦めて、クワと一緒に飼育した方がよいのではないかとさえ思えてきます。

画像1枚目は、針葉樹マットで冬眠させ、容器内がカラカラに乾燥状態になっていたにもかかわらずこのありさまで、コナヒョウダニが、オオクワの端の部分に特異的に付着しています。
しかし、ダニ駆除マットに入れてやると2日目(画像2)には、ほとんどいなくなり、4日目(画像3)には完全に消失していることがわかります。
成虫は、ダニ駆除マットで完全に駆除した上で、一般の針葉樹マットで飼育するのがベターと考えます。

ダニ駆除0日ダニ駆除2日後







ダニ駆除4日後







[ 2007/05/26 23:12 ] ダニ | TB(-) | CM(-)

コナヒョウダニの経過報告

約1ヶ月前に「コナヒョウダニ駆除の可能性」と題して投稿しました。
幼虫にビッシリ付着したダニが低温飼育できれいにいなくなった話です。
さてその後どうなったでしょうか・・・?
結論から言うと、温度を上げて1ヶ月もすると大量発生です。(>_<)
やはり、ダニは活動に適さない温度環境の中で休眠状態をとり、肉眼では確認できない状態だっただけなのでしょう・・・・。
今回は、念のため新品の菌糸ビンに交換していましたので、最適温度帯でのダニの繁殖力は凄いことがわかります。
ですから産卵セットでもスタート時に数匹でもいようものなら1ヶ月でウヨウヨ状態になることでしょう。
これで、幼虫飼育時に発生したダニの駆除は諦めるしかないことがわかりました。
幸いダニが発生しても大きくは育つので、羽化させてから駆除すると割り切るべきですね!
したがって菌糸ビンのダニが嫌な人は、産卵セットに充分な注意が必要です。
ただ、思った以上にダニを持ち込まないことが難しかったりもしますが・・・。
いくつか対策を用意してはいますが、大きく育てることに悪影響が出ないことを確認できたら紹介することにします。
[ 2006/05/30 00:04 ] ダニ | TB(-) | CM(-)

コナヒョウダニ駆除の可能性

クワガタの成虫や幼虫に寄生して簡単には取れないダニがいます。
成虫の場合は、ダニオチールを使って簡単に完全駆除できることがわかりました。
また、類似品のダニ駆除マットでは完全に駆除できないこともわかっています。
それに対して、幼虫のダニ駆除は今まで諦めるしかないと思っていましたが、貼付画像をご覧ください。
1枚目は1月末のビン交換時のものですが、ビッシリとダニがついています。
エタノールを噴霧すれば落ちていきますが、ブラシでこすったくらいでは全く取れないくらいシツコイ奴らです。
ところが、2枚目の画像では、全く見えません。
これは、同じ幼虫のビン交換2ヶ月後ですが、いなくなっています。
完全に駆除できたのか、活動を休止しているのかは、現時点ではわかりませんが・・・。
このことが明らかになってからまた書くことにしますが、今日はコナヒョウダニもほとんどいない状態にはできる可能性を示しました。

ダニ幼虫ダニ駆除例







[ 2006/04/23 16:32 ] ダニ | TB(-) | CM(-)

ダニのはなし

当サイトは、ダニ研究に始まり、検索エンジンからダニ対策を求める訪問者によりカウンター数を増やしてきました。
これまで、ダニの話はたくさんして来ましたが、本日は若干の訂正とその後感じていることを少々・・・・。
家庭で見つかるダニは約30種類といわれ、見えていないだけでダニのいない家庭はありません。分類するとチリダニ類(コナヒョウダニ、ヤケヒョウダニ)が半数以上を占め、残りがコナダニ、ニクダニ、ツメダニ、イエダニなどと言われています。
この記事を読んで、私が勘違いしていたことがわかりました。
コナヒョウダニを略してコナダニと呼ばれていると思っていましたが、どうも分類が違うようです。
私が顕微鏡を覗いて見た画像から判断すると、クワガタに寄生するものはコナヒョウダニだと思われます。
そのため、当サイト内のコナダニをコナヒョウダニと訂正しました。
専門家でもよくわからない部分があるそうなので、100%正しいとは言い切れませんが、このようにしておきます。
ところで、約30種類いると言われますが、私が顕微鏡で確認したものは4種類です。今までの観察から思うことは、環境への適応能力は種によって様々で、各種に適した環境が整った時に爆発的な繁殖をするということです。
一般的には、ダニの繁殖サイクルは2週間~4週間と言われますが、ダニのついた幼虫をビン交換し24℃で管理した場合、4週間後にはフタの裏にたくさんのダニを発見できます。ところが、温度を20℃未満にするといなくなる種もいます。
また、エタノールで即死するものがいれば、全く効果のないものもいます。
それに、乾燥に弱いと言われるダニですが、全く加湿しない針葉樹マット中でも、生き続けるものも確認しています。
このように、すべてのダニを環境によって撲滅することは難しいと理解しなければなりません。
細菌類でも同じ抗生物質を使い続けると効かなくなり、多剤耐性菌MRSAなどまで出現してくるように、生命の環境適応能力を甘くみてはいけないようです。
私が、ダニ対策において最善と考えるダニオチールも外産のダニなどで効果がない場合があるようです。
幸いにも現時点で、効果のない種は身近にはいませんが・・・・。
最後に、これまで幼虫に寄生したコナヒョウダニを駆除する方法はないと思っていましたが、ちょっと思うことがあります。
ビッシリ付着した幼虫をビン交換後、19℃以下で管理するといなくなっている例に遭遇しました。低温に弱いため繁殖できず撲滅していったのか、休眠状態をとっているだけなのか・・・?今後もう少し検証してみます。
さて、いよいよブリードシーズンです。
菌糸ビンの中でウヨウヨするダニを見て嫌になった方も多いことでしょう!
ダニのいない快適飼育を希望される方は、ペアリング前に必ずダニの完全駆除を行いましょう!
[ 2006/04/11 20:45 ] ダニ | TB(-) | CM(-)
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR