waizuの観察記録や検証結果を公開しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

強制早期羽化の経過

前回マット飼育による強制早期羽化の経過が順調であると書きました。
早期ーマット群
これが、1回目のビン交換でマットに投入した7頭です。
2段目の右端は★となっていましたが・・・

しかし、30℃までしか温度を上げなかった菌糸群でもこのように幼虫段階で★が出ましたので個体の問題かもしれません。


これらのマットは、どれも近所のホームセンターで買ってきた安価なマットで、上段はクヌギマット、下段は発酵マットです。

最終評価をするには羽化まで確認する必要がありますが、現時点で以下のメリットを感じています。
◇加水量と温度をまちがえなければ高い確率で成功する
◇交換からスムーズに蛹化モードに突入し、ほとんどが交換後4~6週間で蛹化した
◇マット飼育では、ほとんどが壁面に蛹室を作成し観察可能であった
◇高温帯で管理してもエサへの影響が出にくい
◇暴れたとしても特に交換する必要がない
◇ホームセンターのマットであれば安価でいつでも手に入る
(冬期の入荷はないものの、売れ残り在庫は冬でも倉庫にあるらしい・・・)

あと、菌糸で大暴れし10/3にマット交換したものがこちらになります。
早期羽化ー菌糸ー発酵マット
左端が大暴れのまま放置しているものですが、他4頭はマットに交換後、すべて蛹化しそうな雰囲気になっています。
(右から2番目はこの画像では確認しにくいと思いますが・・・)

以上より強制早期羽化時のマット飼育は有用な手法であると思われます。
スポンサーサイト
[ 2016/10/23 06:23 ] 蛹化 | TB(-) | CM(-)

強制早期羽化成功率アップへの取り組み

近年、早期羽化♀を用いたブリードが流行しています。
優良な♀を時短で使用できることがその始まりと思われますが、♀のサイズに関係なく羽化成績がよいことや産卵数が多い傾向にあることも流行の背景にあるのではないでしょうか・・・。
また、♀を超大型化させると産卵成功率の低下や産卵数の減少を招きますが、潜在能力はそのままで繁殖に有利なサイズに羽化させられることもメリットと言えるでしょう・・・。

私も今年のブリードにはたくさんの早期羽化♀を試してみようと思い、昨年はたくさんの強制早期羽化に挑戦しました。
菌糸ビン交換後すぐに30℃にして放置し、簡単に蛹化するだろうと気楽に構えていたところ想像以上に失敗しました(笑)
さらに、せっかく早期羽化に成功した♀を乾燥した環境で★にしてしまい散々です。

そこで、今年は強制早期羽化率アップをめざしていくつかの条件を試みました。
管理温度の変更やマット飼育の試み、エサの水分含量などを検証した結果、マット飼育群で極めて良好な成績が得られています。
早期羽化-マット
これは、9/10にマットに移行し昇温した群の中で最も早く蛹スイッチの入った個体です。
12日後の9/22にはこのように蛹室の準備を始め、10/1には蛹化しました。
同時にマットに交換した他の6頭も10月中旬にはすべてが蛹化したことを確認しています。
サンプル数が少ないので何とも言えませんが、このチャレンジをした7頭すべてがスムーズに蛹化しました。

一方、菌糸群は18頭を検証対象としましたが、5頭は大暴れ、他13頭は一部成功したものの、うまくいかないものや全く確認できないものがあります。
この大暴れ群は、これまでの経験から蛹化する確率が低下するため、4頭を10/3にマットに交換してみました。
すると昨晩の時点で2頭に蛹化スイッチが入っている様子でした。

以上より、マット高温飼育は、2~3週間で速やかに蛹スイッチを入れることが可能な飼育法であることが示唆されます。
来年もこの手法で再現性を確かめたいと思っています。
このまま行けば成功率100%も夢ではありません。
菌糸群とマット群の最終的な成功率比較は、結果が出そろった時に報告できればと思っています。
[ 2016/10/19 12:49 ] 蛹化 | TB(-) | CM(-)

借家蛹室

以前、大暴れした幼虫をビン交換せずに放置した時、場合によっては蛹化後に人工蛹室への移動を検討すると書きました。
そして、オアシスでの蛹室を作製すると書きましたが、先日作ろうとして断念・・・。
手間であったことと粉が凄く舞って体に悪いことなどが理由です。
今日紹介するのは、すでに羽化して取り出した後の蛹室の再利用です。
今回は、露天にして蛹体重をたくさん測定したため、このような状態のよいものがたくさんありました。
空き蛹室

そこで、今日は大暴れしてマット状になりながらも蛹化した蛹たちを借家蛹室に移動!
33.2gの幼虫でしたが大暴れし、蛹は23.2gでしたぁ・・・。
ちなみに、22.0gの蛹が80.4mmで羽化してきました。
どうやら私の久留米は、22.0gが80mmの突破ラインのようです。
今回測定した中の最高は24.3gでしたが、83mmくらい?ですかねぇ・・・?
サイズ的にはそれほど期待できませんが、何ミリで羽化してくるのか!?データ採取が楽しみです。

さて、一方の能勢ですが、結構早く羽化していて測定時期を逃してしまいました。
それに大きくならなかったため、比較できるデータにならず残念です。
感覚的には久留米と同程度のサイズを出すには、もっと体重を乗せないと無理そうです。
また来年チャレンジすることにしましょう!

今年の感触から久留米の蛹で26gを超えることが当面の目標となりそうです。
ただ、今後は触らずにそっと羽化を待ちたい・・・そんな心境です。
[ 2011/04/30 19:46 ] 蛹化 | TB(-) | CM(-)

蛹体重測定

♂2号蛹

外から蛹化を確認できていたものを掘り出し体重を測定してみました。
3本目への交換時28.4gの平凡なものでしたので、蛹も22.6gと平凡でした^^;
先日紹介した26.5g幼虫は蛹が20.1gでしたので、ある程度相関しています。
これら2個体は、暴れることなく順調に蛹化したものでしたので、これらに比べ大暴れして蛹化するとどうなるかとても興味深いところでした。

そこにちょうどよいサンプルを発見!
上記2個体と同腹、3本目交換時30.6g、そして大暴れして蛹化!
もうこの個体の体重が知りたくて、昨晩遅くに取出し天秤に載せました。
すると26.5g幼虫が蛹化した時と同じ20.1g!
30.6g幼虫も26.5g相当に縮小したことになります。
これまで、31~32g幼虫が大暴れで25~26g幼虫まで減少していたなんて経験もたくさんしてきましたので、蛹体重でも納得の結果です。

蛹で25~26g以上を出そうと思えば、おのずと3令終期で30gを楽に超えていないと難しいでしょう・・・。
幼虫時35gを超えていたとしても、大暴れで終わってしまうことがよくわかります。
さて、私の大暴れした35g幼虫の蛹体重測定が楽しみになってきました。
2~3日以内には蛹化しそうです。
私は、こんなことでもオオクワ飼育を楽しんでします。
[ 2011/03/31 07:57 ] 蛹化 | TB(-) | CM(-)

暴れ即蛹化

今日は、3月13日に発見した大暴れ幼虫のその後です。
3月10日の確認時点では問題ありませんでしたので、11,12日頃に暴れ始めたことが予想されます。
暴れ2011_0313
こんな状態でした。

21日に確認すると・・・
暴れ2011_0321
すでに蛹化モード突入です。

暴れた時の菌床の水分状態から大丈夫と判断しましたが、約1週間で答えが出ました。
頃合いを見て、人工蛹室への移動を検討する予定です。
[ 2011/03/23 06:39 ] 蛹化 | TB(-) | CM(-)

ケチな菌床飼育

本日帰宅してみると1頭の♂が蛹化したところでした。
この個体は蛹化促進効果で暴れた久留米産で、その時24.5gしかなかったため菌床をケチって800ボトルに投入してみました。
とは言え久留米なら78mm前後で羽化することも想定されるため、ビン交換翌日からビンを横にして置いてみました。
すると即、画像2のように蛹室をつくり始めましたが、さすがに窮屈そうです。

2月17日に交換し、翌日横にしてから26日には前蛹となっており、8日間での蛹室作製となりました。
人工蛹室に移動させようかとも思いましたが、このままどうなるか観察することにしたのでした。
800ボトル蛹化800ボトルでの蛹化






[ 2008/03/11 18:54 ] 蛹化 | TB(-) | CM(-)

専門誌に引用された当Report

本日やっと昆虫フィールドを入手しました。
相互リンクして頂いている「オオクワkingへの道」を管理されているNAOさんが、連載記事を投稿されています。
その「自作菌糸ビンへの道」の中で私のReportの内容が引用されているではありませんか!!
やっぱり自分のハンドルネームがあると嬉しいものですね!
NAOさん、ありがとうございました。心より御礼申し上げます。
文章、構成、展開、結びのすべてにおいてよくできていると関心しました。
中でも最高なのが、自作菌糸ビンで80mmオーバーの結果を示して結んであることでしょう・・・。
ひとつ注文をつけるとすれば、前蛹で投入後4日目に★となった30g幼虫の例のところでも、waizuのReport「2006.6.19」と「2006.6.23」辺りを引用して、ウレタン素材が前蛹~蛹初期には適さない可能性があることを示唆して欲しかったですねえ~(笑)
それは冗談ですが・・・。
ただ、大型個体が★になりやすいことは事実として、ウレタンの蛹室に前蛹を入れた時、★になる率が高いのも事実です。
私は、今までに4頭のオオクワ前蛹をバケラッタに入れたことがあります。
3頭は前蛹のまま変態直前で★となり(貼付画像参照)、残りの1頭は蛹に変態後4日目に★となりました。最初に2頭の前蛹が★となった時点で水道水の影響を疑った私は、イオン交換樹脂を通し蒸留した純度の高い水を使って2頭を追試しましたが、同じ結果に・・・・(>_<)
原因は水ではありませんでした。
私としては、ウレタン素材のザラザラ感がいけないと思っています。
余談として追記しておきましたが、「Waizu Evidence Report」とでも題して記事を投稿してみようかなあ・・・と思っているwaizuなのでした。(笑)

前蛹死亡例






[ 2006/11/08 23:39 ] 蛹化 | TB(-) | CM(-)
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
月別過去ログ

2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。