waizuの観察記録や検証結果を公開しています
月別アーカイブ  [ 2006年10月 ] 

相互リンクサイトを拝見して思うこと

私が相互リンクをお願いしたサイトは頻繁に拝見しています。
メルリンさんの飼育実績が、他の追随を許さないほど素晴らしいことは周知の事実ですが、NAOさんの自作菌糸ビン1本目で30gオーバーの幼虫が出現した話題も目を見張るものがあります。
そう言えば、BE-KUWAギネス作出者のHPで、82.4mmの記録が破られたとありましたが、たぶん・・・なのでしょう。
あそこのギネスは、標本で0.2mm、生体では0.5mmを更新しないといけませんから、83mm以上の記録となると次に抜くのは至難の業でしょうね!
話は変わりますが、最近のメルリンさんの日記に2令で投入しても充分大きくなるとありました。
私も同感です。飼育を始めた駆け出しブリーダーの頃、初令で出来るだけ早く投入した方が大きくなるとの記述をあちこちで見ました。
ずっとそう思い込んできましたが、最近では経験的に2令からでも充分大きくなると感じています。
ただ、キチンと検証すれば初令からの方が多少は大きくなるのかもしれませんが、頭で考えるほど差は出ないと思います。私は、平素からこのような小さなことに対してもエビデンスを示したいと思っていたので、ちょっと触れておきました。
この件は来年以降に検証するとして、今年の重点は初2令時の管理温度です。
相互リンクサイトのほとんどが、高めの温度を推奨されている以上自身の手で検証しておかなくては気が済みません。
私は初令投入後の2ヶ月間を24℃と26~27℃の2群を用意してみました。
平均的に最高体重となる5~6ヶ月後くらいの体重でおおよその判定はできると思いますが、羽化させて体長とフォルムまで含め検証しておきたいところです。
ついでにもう一点気になることを挙げておくと、1本目の菌糸ビンを何日引っ張るのがよいのか?
1本目で3ヶ月以上引っ張り一気に30gまで超えてしまう飼育法があるかと思えば、1本目で引っ張りすぎると2本目で伸びないとの見解が存在するのも事実!
まだまだわからないことが多く、エビデンスを示したいところです。
スポンサーサイト
[ 2006/10/04 23:24 ] 幼虫飼育 | TB(-) | CM(-)

今年度の決意

我家にオオクワガタが届いたのが2001年8月でした。
失敗しないように持ち腹の山梨産♀を頂戴し、十数頭の幼虫を採ることができ、翌年69mmが羽化してきました。
以後、オオクワガタ飼育の全体像を知りたくなり、Webサイト、情報誌を読みあさり、疑問は自分の手で確かめながら今日まで来ました。
特にこの3年間は、HPを最高に充実させることを目的に、まわり道もたくさんしたように思います。お陰で飼育の各ステージで大切な基本が少しずつわかってきたような気がしています。
6年目を迎えた今年!目標はズバリ!!「大きくする」の1点で行くつもりです。
コクワと国産オオクワに絞って!!
よくあちこちで飼育技法なんて言葉を耳にしますが、そんなうまいテクニックがあるとは思えません。私は、今まで身につけてきた基本を着実に積み重ねていくしかないと思っています。
エアコン設備がある訳でもなく、オアシスのような高額菌糸ビンを使用できるほど経済的余裕もありませんので、そこをどう補うか・・・?
メルリンさんの日記を読んでいると、EXTRA-GよりLEVIN-Gの方が合っているとありました。でも30gを超えてきたのはオアシス菌糸ビン・・・・。
私は、EXTRA-Gで勝負するつもりでしたが、どんな結末が待っているのでしょう?
友人知人から菌床は何がよいかと聞かれると、EXTRA-Gを薦めています。
コクワにも有効で、昨年は7.2gで頭打ちだった愛知産で今期すでに8gオーバーが2頭出現しました。
国産オオクワでも30gを連発できるような実績が示せるかどうか、クリスマスまでには見通しがたつ予定です。
当サイトを御覧の方は、飼育実績に乏しいと思われていることでしょうが、大型狙いの本格飼育は今年からです。
競馬コンテンツやHP更新作業を控えてまで臨む本年!意気込みは半端ではありません。
80mmを超えることが出来るのか、それとも80mmを超えることの難しさをイヤと言うほど思い知らされるのか・・・・ワクワクしながら日々菌糸ビンを見つめるwaizuなのでした。
[ 2006/10/01 18:06 ] 幼虫飼育 | TB(-) | CM(-)
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 11月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR