waizuの観察記録や検証結果を公開しています

34.7g幼虫の結末

ちょっとだけお騒がせして来た巨大幼虫でしたが、前回報告した通り82.1mmでした。
世間には35gを超える幼虫もいて、特別すごい話題ではなかったのですが、ブログに書くとなるとどうしても興味をひく書き方になるもので・・・・お許しください。
ただ、このクラスの幼虫でも完品で羽化させたことだけは自慢できるかも・・・。

添付した画像が、その82.1mm個体となります。
フォルムが特にどうこうはありませんが、次世代には期待できるサイズだと思います。
来年の種親は、81.7mmと83.2mmに決めたため、この個体は余品となりました。
オークションにと思っていましたが、クワ友さんとトレードすることになりました。
トレードの対象は、私が選んでお願いした4血統の初令幼虫40頭です。
1つは久留米の別ラインですが、あとは能勢と佐賀の大型血統に手を出してみます。
これで、また楽しみが広がりました。
もったいないと思われる方がいるかもしれません。
でも、知人に譲っておけば、自分の種親でうまくいかない時の保険にもなります。
昨年、コクワギネスホルダーのところでは、手元においた3ペアが★になったり、いくらペアリングしても産卵せず、子孫を残せなかった現実があります。
(オークション落札者が良心的な方で、逆に譲ってもらったそうですが・・・)
このように、次世代につなぐまでは、種親以外も安易に手放してはいけないという教訓です。

それにしても、今年は8月上旬まで研修があり、クワ飼育に時間をとれないため丁度よかったと思っています。
そして、8月下旬から久留米81.7mmと83.2mmのペアリングとなれば理想的です。
ただ、そんな遅くから初めてよい結果は出にくいと思います。
しかし、累代を重ねておけば、確実に次世代につなげますから・・・。

久留米2009年82.1mm


















スポンサーサイト
[ 2009/04/29 22:28 ] ブリード2008 | TB(-) | CM(-)

目標としていた83mmを突破!!

本年の目標としていた83mmを超えることができました。とてもうれしい気分です。
フォルムも超大型にしては抜群!!今後の累代が本当に楽しみになりました。
お尻もすぐに収まりましたし、全体的にまだ余裕が感じられ、さらなる飛躍を期待させてくれます。
一方で、ギネス記録が遠いこともよくわかりました。
しかし、一気に近づけた充実感と、ギネスレベルと競える血統背景を獲得できた喜びを胸に、さらなる精進と行きたいところです。

この個体は、幼虫時33.7gだった方です。
では34.7gの超巨大幼虫の行方は・・・と言うと82.1mmに終わりました。
ある意味期待ハズレではありますが、これが現実でしょう・・・・。
でも、昨年までの自己記録が80.2mmだったことを考えると、満足できる飛躍だと思っています。

本日までに久留米の同腹♂が10頭羽化していますが、その内訳を紹介すると、77.5mm、79.3mm、79.3mm、80.1mm、80.3mm、80.6mm、81.0mm、81.7mm、82.1mm、83.2mmとなります。
(これまで紹介してきた数値と違うのは再測定したためです)
最初の2頭が途中から材飼育した個体であることを考慮すると菌床成績は抜群ですね!
さらに特筆すべきは、♂♀共にほとんどが完品で羽化したことです。
せっかくですので、驚きの事実を紹介すると、この81.0mm個体の幼虫時最高体重は27.3gでした。
3本目の菌糸ビンで成長した可能性は大ですが、最後まであきらめてはいけないという教訓にしたいと思います。

83mmオーバー1



















83mmオーバー2


















[ 2009/04/27 20:22 ] ブリード2008 | TB(-) | CM(-)

クヌギ材での羽化の試み

今日は、クヌギ材飼育での羽化について報告します。
ディンプルが少なくできるということで、いつかはチャレンジしてみたいと思いながらもこれまで見送っていましたので、今年こそはとの思いでトライしてみました。
最初に選んだ幼虫は27.8g、そして材飼育による縮みも確かめたく、大きめの28.9gも3本目の菌糸ビン交換時に材飼育へ変更しました。
何しろ初の試みのため、2頭だけにしましたが、どちらもきれいに羽化してきました。
サイズは、27.8g→77.4mm、28.9g→79.3mmです。
添付した個体は、79.3mmの方になりますが、ディンプルの少ないきれいな個体です。
教科書的には、材で飼育すると顎が立派になる、ディンプルが少ない、生命力があるなどと言われています。
ディンプルが少ないは確かにそうでしょう!
顎が立派に・・・???疑問です。
生命力がある??それを支持するだけの根拠はどこに?

まだ、2頭しかみていないので断定的なことは言えませんが、菌床飼育にくらべ顎がなだらかな感じがします。(菌床飼育の方がかっこいい)
反省としては、材が柔らかすぎましたことが挙げられます。
水分も多かったかもしれません。
また、材飼育に切り替えたことによる羽化サイズへの影響も判断が難しいところです。来年も遊び心の材飼育を行ってさらなる判断を下したいと思います。
みなさんもきれいな個体を得ることができる材飼育に挑戦してみてください。
ただし、ダニを完全駆除しておいて行わないと大変なことになるかもしれません。

材飼育1材飼育2







[ 2009/04/20 22:20 ] 観察&考察 | TB(-) | CM(-)

久留米2008羽化第3弾は想定外の81.7mm!!

今日は、まず28.3gと29.5gを掘ってみました。
これまで第1弾は28.5g⇒80.5mm、第2弾は29.2g⇒80.8mmで、第3弾は平凡な28.3gでしたので何とも思わず掘り出してみるとデカイ!!
ノギスをあてると想定外の81.7mmを記録しました。
添付した画像がそれに当たりますが、完品で形も大型個体にありがちな型崩れを起こしていません。
現時点では、私のクワ人生最高の個体と言えると思います!!

こうなってくると33.7gと34.7gはどうなるのか!?
いくら体重即体長または横幅ではないとは言え、これまでの結果から判断しても無事に羽化すればすごいことになりそうです。

久留米2009年81.7mm

















[ 2009/04/17 21:27 ] ブリード2008 | TB(-) | CM(-)

久留米2008羽化第1号は80.5mmだった

前回幼虫時28.5gの個体が無事に羽化し、パッと見で79mmはあるだろうと思っていましたが、本日正確に測定してみると80.5mmでした。
6日前に29.5mm個体が無事に羽化したことをビン越しに確認していますが、こちらも近々報告できると思います。
体重が即サイズに反映する訳ではないものの、これからが本当に楽しみになりました。
累代を重ねる中で、形状を保持したまま確実に大型化している手ごたえを感じていますが、何とか82mmの壁を突破してみたいものですね!

2009年久留米80.5mm1


















2009年久留米80.5mm2


















[ 2009/04/08 20:30 ] ブリード2008 | TB(-) | CM(-)
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR