waizuの観察記録や検証結果を公開しています
月別アーカイブ  [ 2009年08月 ] 

4年前の当サイト

先日、開設した頃の当サイト「Waizu ドルクス研究室」のトップ画像を掲示板に載せてみましたが、果たしてその頃をご存知の読者がどのくらいいらっしゃるのでしょうか・・・?
今日は、開設から1年後にリニューアルしたトップページの画像を添付していましたが、これもご存じない方が多いのでは・・・?
現在のページとなったのは、2005年11月で、そろそろ4年が経過しようとしています。
あの時は、カウンターが10万を超えたことを機にすべてのコンテンツを見直し、自分でもかなり満足していたせいか、その後はブログを更新するだけで、サイトの内容に関してはほとんど手をつけていないのが現状です。
この度は、カウンターが30万に近づいたことを動機としてではなく、世の中のパソコン画面に適応したいとの思いとデザインに飽きてきたこともあり、現在リニューアルし再構築中です。
これまでは、ずっと黒を基調とした暗いイメージでしたので、今回は少し明るく渋いイメージを想定しています。モノトーンで行くことには変わりありませんが・・・。
順次内容もすべて見直すつもりですが、それは少しずつとなることでしょう・・・。

今回から「Blood Chart」(系統図)というコンテンツを加える予定です。
それは、世の中に久留米産が氾濫し、各人が自由に交配を重ねる中で血統背景があいまいになりつつあるため、自身の所有個体くらいは明確にしておきたいと思ったからです。こうしておけば、今後の血量を検討したり、血の入れ替え時にどのような系統を交配するか一目瞭然となることでしょう・・・。
ビークワなどを見ると、インライン=同腹、アウトライン=同腹以外との考えがあり、一般ブリーダーの認識と相違が感じられます。
アウトラインとは、血がかなり遠いことが条件であると思うのですが・・・。
いずれにせよ、最新号の記事を見ると、インライン(同腹)を避けてブリードす、少々血の重なりがあっても大型化することが示唆されています。
今後、自身の個体から超大型美形を目指すにあたり、Blood Chartは異系統を導入する際の指標となることでしょう!
どの程度の血の重なりまでが大きくできる境界なのか明確にできるかどうかはわかりませんが・・・・。
そんな思いで、私は異系統の久留米を3ライン用意して来年に備えています。

上記のインラインの概念に関してですが、私にはどうしても違和感があるため、個人的には、同腹以外でも血の重なりが多い場合は、アウトラインとせず、クロスラインとでも表現したい気分です。
そうすると、どこまでがクロスで、どこからがアウトかとの議論になるでしょう・・・。
累代表記もルールが統一されないまま行われていますが、同じことになる恐れもあります。
表現はどうであれ、今後、血統背景を明確にする意味でBlood Chartの必要性が出てくると考えます。
いまオークションに出品している久留米産にwaizu式Blood Chartを添付してみましたので、ご覧になってみてください。全然たいした物ではありませんが、新サイトの画面を引用して添付してみましたので・・・。

HP2004







スポンサーサイト
[ 2009/08/31 12:33 ] その他の情報 | TB(-) | CM(-)

実験願望

今日は、息子の夏休みの宿題を手伝っていました。
理科の研究課題で、テーマは光に関する日常現象を科学的に説明するというもの!
A4の用紙4枚に分かりやすくまとめること!との条件も・・・。
子どもより親が悩んでしまいます。
「夕日がなぜ赤くみえるのか?」が面白いと思ったのですが、今の時期は夕焼けにならないので諦め、結局、身の回りにある光をプリズムシートで分解して、単色に見える光も3原色からなることを考察させてみました。
添付画像は、青の発光ダイオードは単色で白の光は赤、青、緑などに分解されている様子を撮影したものです。
そんなことをしている内に、「目的→方法→結果→考察→まとめ」という学術論文的思考を思い出し、また何か実験がしてみたいという強い願望が沸いてきました。

青い光白い光







[ 2009/08/15 20:12 ] 観察&考察 | TB(-) | CM(-)
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR