waizuの観察記録や検証結果を公開しています

読者からの質問 -1-

【質問内容】
4本飼育と3本飼育、結果は似てますけど、ギネスは4本飼育ですよね。どちらがいいのか、考察をブログに公開してください。

【考察】
比較検証したことがないため、まずは予測を述べてみます。
私は、こんな感じに捉えています。
高い山の頂上をめざす時、途中で3回休憩するのと4回休憩するのとどちらがよいのか?となった場合、多く休めば時間のロス、しかし、多く休んだ方が体力と気力を取り戻し、効率がよくなるかもしれません。
逆に、休憩は少なくして、集中力を切らさない方がよい人もいるでしょう・・・。
これらは、登山する方の年齢や性別でも違ってきます。

同じように、菌床飼育でビン交換を多く行えば、経費、労力のロスにつながるだけでなく、肝心となる幼虫の成長にストップをかけ一時的に体重が減少します。半面、常に新鮮なエサと蛹室をつくるためのよい環境を提供できます。
そうなれば、菌床劣化を抑え、3本目でもよい環境を維持する飼育ができる人には、3本返しがよい場合もあるのではないでしょうか?

管理温度や菌床の種類・詰め方でも差が出るところです。
交換サイクルも影響するでしょう・・・。
このようにエサ環境を重視するのか、体重ロスの軽減を重視するのかがポイントになると思います。
よって、3回と4回のどちらが優れているかは、状況によって違ってくると言えるのではないでしょうか?
ちなみに、ギネス個体の4本目は、ダルマビンとなっています。
これに関しては、私たちが飼育する個体よりも大きいため、蛹室作製のための十分な空間とよい環境を提供するための4本目と想像しています。

しかし、この説明は、私の個人的な意見で、あくまでも仮説です。
仮説は、適正なデータに基づく根拠を示さない限り、真実とはなりません。

【まとめ】
菌糸ビン交換が3回と4回の場合では、それぞれにメリットデメリットがあり、飼育スタイルによって使い分けるべきではないか!?
どちらが優れているかを証明するには、同腹幼虫を最初から3回交換群と4回交換群の2群にランダムに振り分け、データをとるしかないでしょう!
しかも、場所、管理温度、エサ、詰め方など一切の背景因子を統一して!

ただし、交換サイクルの設定をどうするのか?などの問題もあります。
例えば、12ヶ月で羽化させる場合、4本返しは、2+3+3+4ヶ月なのか2+3+2+5ヶ月なのか?
ここでも、2群を比較する必要が出てきます。
このように、比較検証と言うのは簡単なことではありません。
また、他のブリーダーの羽化実績データを解析する方法も考えられますが、各人の飼育背景がバラバラであるため、それも難しいと考えられます。

産地によって成長スピードも異なるため、産地別に最適な交換方法が異なる可能性もあります。

【waizuの方針】
私が3本返しを提唱するのは、4本と比べて大きくなる根拠があるからではありません。
私は、「結果(羽化サイズ)」「経済性」「飼育者の労力軽減」の3ポイントを重視して飼育法を構築しています。
そうなれば、3本の方が、使用菌床が少なく経済的で、菌床注文・ビン詰め・交換・使用済み菌床処理・ビン洗いなどの手間が減り、ブリーダーの負担は大幅に軽減できます。
よって、私の場合、最初から3本でギネスを狙う方法を検討しており、3本で最高の飼育をするにはどうしたらよいかを日々思案しています。
4本飼育の方が大型作出に有利との根拠が示されない限り、いまの路線に変更はないでしょう・・・。
科学的検証方法を見ると、2群を比較して、どちらが有意に優れているかを比較する場合が多く見受けられますが、非劣勢試験という組み立てもあります。
それは、2群に差がないことを証明し、同等性を示すものです。

よって、3本返しにこだわるなら、非劣勢試験により、せめて4本返しとの同等性を示すことができればなあ・・・と思っています。
3本飼育と4本飼育の同等性を示すことができれば、経済性と負担を考慮して3本飼育が優れていると結論できるのですが・・・。

最後まで読まれた方、お疲れさまでした。
スポンサーサイト
[ 2010/11/30 00:03 ] 飼育Q&A | TB(-) | CM(-)

応募資格についての考え

アンケート募集の際、応募資格を設定するかどうかで悩みました。
だれにでも参加できるものにするつもりでしたが、中高生も当サイトを閲覧していることはわかっていましたので・・・。
景品を出すとなれば、未成年の場合、保護者の承諾を得た方がよいだろうか・・・などいろいろ考えました。

思案しているうちに、こんなことを思うようになりました。
現在、当サイトに集っているおじさん達は、昆虫飼育の域を出て、1ペアがン万円から下手をするとン十万円もするような「おとなの趣味」として楽しんでいます。
その根底には、少年時代に手にすることすらできなかったオオクワガタへの憧れがあり、経験しようにも手段すらわからなかったクワガタ幼虫飼育への願望があるのではと推察します。
自立して経済的基盤を獲得し、子を持つ親となってクワガタに再会し、そこにオオクワブーム到来という時の手助けもあり、当時実現し得なかった夢が再燃し、いま燃えさかっているのでしょう・・・。
もちろん、私もその一人です。
一方で、少年時代に実現しなかった夢だからこそ、今ここまで楽しめるのだとも思います。

苦労があれば、一つずつクリアするごとに達成感と喜びがあり、目標がある限りずっと挑戦できる充実感があります。
子供の頃、「大人になったらこうしよう!」という強い思いや目標は、将来に残しておいた方が、達成した時の喜びが倍増することは間違いありません。

私の所有しているオオクワ3令幼虫は、血統背景とこれまでの実績から考慮しても、次世代で80mmを超えることは容易だと思われます。
いきなり中高生が手にするのは教育上よろしくないと判断しました。
私は、この9年間、時間を工面し、飼育法を研究し、必死で挑戦してきましたが、80mmを超えるのに6年かかりました。
世のおとうさん方は、自分で稼いでいるとは言え、小遣いから工面し、鬼嫁の目から逃れながら別の意味で苦労をされている人もいます。

「若い時には、苦労は買ってでもしろ!」と先人は教えています。

中高生の諸君には、オオクワギネスの夢は将来に残しておいて、地道にがんばって基礎力をつけてほしいと思います。
また、就職難の厳しい時代が到来しています。
将来、大人の趣味を堪能できるよう、しっかり勉学にも励んで欲しいと切に願います。(勉強がすべてではありませんが、1つの手段ですから!)
それから、嫁さん選びはよく考えた方がよいですよと言いたいところですが、こればかりは、最初はわらかないものなのですよ・・・・。
そうですよねっ!全国のお父さん方!(笑)
悲しくなるので、クワ川柳大賞候補には挙げませんでしたが、ここで1句!

狭いのは 飼育場所より この肩身

オオクワ飼育で結果を出すためには、違った意味での環境整備が必要なのかもしれませんね!(笑)
[ 2010/11/26 08:23 ] プレ企画 | TB(-) | CM(-)

すごい確率!

今日は、久留米アウトラインでの出来事を紹介します。
このラインは、4月21日から6月6日まで産卵させました。
最初の2本で30頭を超える初令幼虫が採れ、数頭を販売し、自己飼育分として24頭が確保できていたため、3本目で採れた12頭は、里子に6頭、オークションに6頭回しました。

最近になってわかったのですが、これらの一方は6頭すべて♀、もう一方は1頭★、1頭♂、4頭♀ということで、1本の材から採れた幼虫12頭のうち♀が10頭という普通ではあり得ない結果となりました。
この確率にただ驚いています。
私も過去にオークションで初令幼虫6頭を購入し、1♂5♀の経験がありはしますが・・・。

こうしてみると、初2令幼虫販売もうまく行かないことがあるようです。
今年は、できるだけ★が出ないよう、菌床プリンカップを作製して食痕を確認しながら発送し、万全を期したつもりでしたが、思わぬ落とし穴でした。
最近は、3令幼虫ペアをオークションに出しましたが、こちらは偏りの心配はないものの、やはり不安があります。
「途中死亡、羽化不全なく羽化するだろうか・・・?」「幼虫体重に見合った成虫サイズになるだろうか?」「期待されるフォルムで出てくるだろうか?」「次世代を残せるだろうか?」など。
しかし、30g付近は78mmに終わってしまう恐れもある半面、もしかすると83mmに迫る可能性もあり、3令幼虫の場合、一瞬の夢をみることができます。
現実はそんなに甘くないでしょうが、出来る限り素質を引き出して羽化させ、あとは運というか巡り合わせなのかもしれません。
私のところの幼虫たちが、飛んで行った先で大きくかっこよく、無事に羽化してくれることを願っています。

では、出来る限り素質を引き出すにはどうすればよいのか?
ポイントは、低温飼育で引っ張り、暴れさせずに蛹化させることに尽きると思います。
暴れれば一晩にして10~15%の体重減となります。
実は、ビン交換時にも似たような体重減が起きています。

余談ですが、先日こんなことをしてみました。
久留米アウトライン幼虫ペアをあと2セットくらい出品しようと思って確認したところ、自分用のきたないボトルに入れたものばかりでした。
そこで、ビン交換後3週間経過したものをきれいなボトルに交換したところ、30.5g→26.9gで、まだ元に回復できていないようでした。
それを見た私は、1例ではわからないと思い、さらに2本のビン交換を行いましたが、29.6g→27.0g、29.2→26.5gと似たような傾向でした。
おかげで、体重減によりオークションには出せなくなりました。(^_^;)
時間をかければ回復するはずですが・・・。

この結果からも、低温飼育下でのビン交換後には、十分な熟成期間を設け、体重回復+微増期間を設定する必要があることがわかります。
ちなみに2本目のビン交換時では、話がちがいます。
成長期に24℃以上で飼育している訳ですから、ビン交換後1ヶ月もあれば5gくらいは楽に増加することがあります。
混乱を招かないよう確認させて頂きました。

当たり前のことですが、蛹化前のビン交換や暴れは致命的となることがわかります。
逆にこの期間が幼虫飼育の総仕上げ期間として極めて重要な意味を持つことがわかります。
さあ!全国の大型をめざすブリーダーのみなさん!
幼虫飼育もいよいよ大詰めです。慎重にあせらずがんばりましょう!!
[ 2010/11/18 22:40 ] 個人的意見 | TB(-) | CM(-)

幼虫の頭を高くすることは危険!

先日の久留米交換時のことですが、♀の★はなし!♂は25頭中1頭★でした。
WK10-C-19
仕方ないとは言え残念です。

そして、ビン交換1時間後の観察時のこと。
ビン交換時の注意
順調にもぐらずに、出てくる幼虫がたまにいます。
この状態で1日経過すると、衰弱しお尻が黒く変色し、死亡への階段を駆け下りていくことがあります。
幼虫は、水平に位置して生息するのが本来の姿なのでしょう・・・。
人間は逆立ちして生きていけませんが、幼虫は頭を高くして生きていけないのではないでしょうか?
私は、これまで、何回かこの失敗で★とした経験があります。
では、こんな時どうすればよいでしょう!?
簡単です。ビンをしばらく横に寝せておけば、得意な本来の水平状態となり、元気にもぐっていくことでしょう・・・。
大きな穴をあけて投入すれば、このようなことはありませんが、そこそこの穴の場合は起こり得るため、試してみて頂ければと思います。

最後に、もうひとつ観察記録です。
能勢インライン♀が羽化していました。^^;
5/22投入ですが、色合いから10月中旬には羽化していたと思われるため、5ヶ月未満での早期羽化となります。サイズはほぼ49mmでした。(>_<)
残している能勢のボトルもやばい感じがしています。
一昨年の能勢847が早熟傾向、昨年の能勢80は蛹化しにくい傾向、そして今年の準ギネス系が早熟傾向です。
久留米と同じサイクルで飼育していると失敗することを痛感!
今年は、多忙で手が回らず、ゆっくり構えざるを得なかったため、悔いるよりもあきらめます。
この教訓は、必ず来年に活かします!!
[ 2010/11/03 23:56 ] トラブルと対策 | TB(-) | CM(-)

久留米2010途中経過

5~6月に割り出した久留米産の♂25頭を3本目に交換しました。
最高は、クロスラインの35.0gでした。

WK10-B-01

アウトラインは33.2g止まりでしたが、まだ初令投入から5ヶ月に満たないものもあり、微増が期待できるかもしれません。

28g未満はほとんど出ませんでしたが、30g付近に密集した結果に不満が残ります。
33g付近に密集するようなラインを引き当てたいものです。
とは言え、3~4頭は楽しみな重さまで成長していますので、救われた思いもしています。

そういえば、今回報告したラインの同腹幼虫をあちこちで飼育して頂いています。
アウトライン3ヶ所、クロスライン1ヶ所、インライン2ヶ所ですが、よい結果が出ているとよいのですが・・・?

あと久留米は7月投入群が30頭います。
その前に能勢を交換しないといけませんが、ブロックを購入したまま時間が取れず放置状態です。(^_^;
[ 2010/11/01 22:13 ] ブリード2010 | TB(-) | CM(-)
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 04月 【5件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR