waizuの観察記録や検証結果を公開しています

菌糸ボトル密度の均一化をめざして

既成ボトル重量の標準値と私が詰めた場合の標準パターンと固詰めパターンのボトル重量平均値を記載したところ、たくさんのご意見を頂戴し、視点の違いや見落としなども確認でき、大変勉強になりました。
ブログのコメント欄も、活発な意見交換の中で、有用な情報や建設的な提案が得られれば、より有意義なコミュニケーションの場となりますね!
これからも、私は思ったことをストレートに書きますが、遠慮なくコメントして頂ければ幸いです。

さて、本題です。
前回のコメントの中で、ボトル詰めの際、総重量を合わせても、中の菌床の詰まり具合の均一性を担保できないのでは・・・との意見が寄せられました。
その通りです。
いくら手の感覚で詰めたとしても、一回に投入した菌床の体積によっても手への感覚は違ってくることでしょう・・・。
圧力センサーを搭載した機器でも使わない限り難しいと思われます。

しかし、少しでも均一な実験サンプルを得るためにこんなことを考えてみました。
それは、最終段階で総重量を調節することが不均一の原因であるなら、途中に基準となるポイントを設置してみようと!
ボトル体積目安C

これは、800ボトルに水を400ml、600ml、800mlを正確に入れたものです。
青のラインまでに480gを詰めれば、密度は0.6g/ml(ボトル総重量560gの普通パターン)となりますが、それを3段階に分けて詰めてはどうでしょう?
まず、黒ラインまでに400×0.6g=240g、そこから赤ラインまでに200×0.6g=120g
このように詰めたらボトル内の均一性は向上するのではないでしょうか。

この場合、幼虫飼育空間を考えると、多くの場合は赤ラインより下であることから、240gと120gを用意して、2段階目までを正確に詰めればよいのではと考えています。

ちなみに固詰めでは、密度を0.7g/ml(ボトル総重量640gパターン)に設定して黒ラインまでに280g、次の赤ラインまでに140gとなります。

人間の手の感覚も熟練すれば捨てたものではないので、しばらくこの基準で詰めながら、手の感覚を磨いてみようと思っています。

昨日から以上のようなこと思索していましたが、そんな中、過去に他のバリエーションもWeb上で見かけたことを思い出しました。
例えば、初2令時に食べやすいよう下層には微粒子菌床を詰め、途中から中粒子菌床を詰めるとか、下層は固く詰めて通気性を損なわないよう上層は柔らかく詰めたりより粒子の粗い菌床を上部に詰めるとか、菌糸の回りをよくするため途中まで詰めて放置し日を空けて残りをつめるとか・・・。
これ以外にも添加剤を考慮すると、ブロックから菌糸ボトルを作製する場合、ボトルの中には菌床だけでなく個性も詰まっているようです(*^^)v
世の中には、こだわりのオリジナル菌糸ボトルを作製する職人気質のブリーダーも多くいらっしゃることでしょう。

「こだわり」と言うのは、独りよがりであったり、無駄であったりすることもあるかもしれませんが、趣味を堪能するための要素であることもまちがいありません。

もし、他人とは違うこだわりの中に、オオクワガタを飼育する上で有用な手法が隠されていたら、菌床詰めの魔術師と呼ばれる伝説のブリーダーが登場するかも・・・なんてことも考えてしまいます。

仮説や個人的判断に基づいた単なるこだわりで終わらせるか、データという根拠に基づいた有用な飼育技法まで発展させるか!?
実は、ここが私の『こだわり』だったりします^^;

最後に、この記事を書いていて、個人的判断と言うか思い込みによるまちがい例を思い出したので紹介しておきます。
それは、「粗い目の菌床は通気性に優れている」という見解です。
この見解の拠り所は、「粗い⇒隙間が多い⇒通気性がよい」との理屈だと思いますが、次第にその隙は菌糸で埋め尽くされ強固な接着剤のように働きます。
微粒子菌床に比べ、時間の経過した粗め菌床が硬くなるのは、このことが原因だと思います。

2009年9月に行った実験ですが、私は微粒子と粗めの菌床を普通に詰めて、底の酸素濃度を経時的に測定したことがあります。
すると、最終的には、ほとんど差は出ませんでしたが、初期段階ではおもしろい現象が観察されたことを思い出します。
それは、菌糸の回りきるまでの段階は粗め菌床の通気性がよいだろう・・・と予想してスタートしましたが、実際は、開始24時間は明らかな低値を示しました。
これは、酸素が多く供給されたことで菌糸の活性が高まり、酸素消費量が増えたことが原因と考えられます。

余談でしたが、思い込みはまちがった方向への案内人となるだけでなく、新発見の障害ともなりますので、実践による検証作業をしながら進むという基本を確認し合いたいと思います。
以上、オオクワ界の検証好きのみなさん、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト
[ 2013/07/28 14:46 ] 自由研究 | TB(-) | CM(10)

菌糸ボトルの重量調査

今年は、Ashtakaプレス(以下、Atプレス)を入手したことにより、使用菌糸ボトル密度のバリエーションが広がりました。
昨年までの木製ハンドプレスによる菌床詰めに比べると、少ない労力で詰めることが出来る上にハンドプレスでは、どうやっても不可能なレベルまで詰めることが可能となりました。
しかし、闇雲に固く詰めればよいかと言うと疑問です。
幼虫飼育の各ステージにおいて適した詰め方(密度)があるのではないか?
ずっとそう思って来ましたので、明快なデータで立証できないものかと考えています。
初2令時の飼育は柔らか目がよく、羽化ボトルは超固詰めがよいなどの意見を耳にします。
果たして真実なのか?
実に興味深い検証課題です。

そこで、まず現状把握を行ってみました。
データ収集は、メインとして使用しているHSとLEVIN-Gの①既成ボトルの平均重量、②木製ハンドプレス使用時の重量、③Atプレス普通詰時の重量、④Atプレス固詰時の重量で行いました。
尚、測定値は、簡便化を図りボトルキャップ、フィルター等も含めた、菌糸ボトル総重量としました。
※空800ボトル総重量はHS約80±1g,LG約82±1gで、菌床密度比較に大きな影響はないと判断

【結果】
①既成ボトルの重量
 6月中旬に購入した中から10本を無作為に抽出して電子天秤で測定
 HS800・・・・・・・・・・平均634.3g 最低632g-最高636g
 LEVIN-G800(2次発菌)・・・平均597.1g 最低589g-最高606g

この数値を基準として、①→②ハンドプレス→③At普通→④At固詰の順で銘柄毎に測定値を列挙してみます。
(②~④の数値は各5つのサンプルの平均値の少数点以下を四捨五入したもの)
HS800           634g→550g→580g→650g
LEVIN-G800(2次発菌) 597g→570g→570g→670g

プレス部分には、通常の径の大きいリングを使いましたが、全く問題なく固詰めできました。作業効率の点でも大きい方が優れているため、今後もオプションで提供されている小さいものに取り替えて使用することはないと思います。

固く詰めれば、ボトルの持ちはよくなりますが、詰める際に力をかける回数が増えて効率性は低下し、、1ブロックから作製できるボトル数が減少し経済性も低下します。
しかし、そんなことよりも成虫羽化サイズと言う実績面から最高の詰め方を極めたい!
そんな思いで思案を巡らせています。

何かと多忙でコメント欄を閉じていましたが、早いもので3ヶ月も経過していました。
少しは余裕ができましたので、オープンにします。
また、気軽に、感想・ご意見・情報提供などを頂けると幸いです。
[ 2013/07/25 00:10 ] 自由研究 | TB(-) | CM(20)

Breed2013久留米の紹介

今日はブリード2013の久留米編です。
先日も触れたように、久留米は当初の監視下ペアリングの観察で、♂に交尾意欲がないというか凶暴でけんかっ早いというか、同居させてもなかなかうまく行かず、2♂に対して7♀で根気強く観察しましたが交尾確認に至ったのはわずか1ペアのみでした。
(結局、そのペアからも幼虫は採れませんでした・・・)

このような状況では監視下ペアリングは難しいと判断し、早々に通常ペアリングに切り替えたお陰で、久留米は以下の10ラインから幼虫を採ることができました。

【最終的な久留米2013ブリードライン】
※系統番号は一昨年からの通し番号、[ ]内は里子を除く現在の飼育数
 (Mi=みかん久留米、MK=メルリン久留米)
・久留米9番 [5]・・・Waizu2番♂85.4mm×Mi857同腹♀55.1mm(コラボ)
・久留米10番[11]・・・Waizu2番♂85.4mm×Mi857同腹♀54.5mm
・久留米11番[9]・・・Waizu2番♂85.4mm×hizo854同腹♀54.0mm(コラボ)
・久留米12番[11]・・・Waizu2番♂85.4mm×♀54.1mm(’09MK11×’09MK12)
・久留米13番[7]・・・Waizu2番♂85.4mm×♀55.3mm(’09MK11インライン)
・久留米14番[9]・・・Waizu2番♂85.4mm×Waizu4番♀52.8mm

・久留米15番[6]・・・Waizu2番♂83.6mm×♀53.7mm(’09MK11×’09MK12)
・久留米16番[6]・・・Waizu2番♂83.6mm×’11Mi3C♀52.3mm

・久留米17番[14]・・・Mi♂85.7mm×Waizu2番♀54.5mm(コラボ)
・久留米18番[11]・・・hizo♂85.4mm×Waizu2番♀53.0mm(コラボ)

コラボラインは折半していますが、その他のラインからの里子は12頭だけで、今年度がどれほど幼虫の採れない年であったかお分かり頂けると思います。
♀が大型化すると採卵数が減少するだけでなく、交尾を成立させることにも難渋しました。
詳細は省きますが、私がブリードした久留米の半数以上は再ペアリングを実施し、3度目の追い掛けでやっと採卵できたラインもあります。

何はともあれ、とても楽しみなラインの幼虫を確保ことができました。
先日、エバクワさんのブログで、私が2010年にブリードしたAライン♀51mmから85.9mmが羽化したとの報告を目にしましたが、10年Aラインは’09MK10番との相性がよいのかもしれません。
もしそうであるならば、今年のコラボ4ラインは、私のAラインの系統と’09MK10番の系統を含む配合であり、おのずと期待感も高まります。
やってみないとわからないオオクワブリードですが、希望だけは大きく持って臨みたいと思っている今日この頃です。
[ 2013/07/19 12:29 ] ブリード2013 | TB(-) | CM(-)

Breed2013能勢YGの経過報告

【追記】赤字は訂正箇所(10⇒11に訂正)青字は追記

今日は本年度実施した能勢の組合せとその結果について報告してみます。
今年は、監視下ペアリング(以下、監P)の有用性を検証するため、ペアリングを開始してしばらくは、ほとんどのラインで監Pにトライしてみました。

3月19日より時間を見つけては1~2ペアずつ実施しながら観察を続けたところ、能勢は比較的容易に交尾行動に至るのに対し、久留米は根気強くやっても交尾に至らないだけでなく、10分もしない内にどちらかが攻撃を仕掛ける始末・・・。

この時点では、安易に久留米は相性が悪い、もしくはどちらかに生殖能力がないのではないのか・・・?と思っていました。
→その後、通常のペアリングですべて成功、しかも顎縛りしなくても事故も皆無!
 この結果より、上記仮説は玉砕されました。

一方で、容易に交尾行動が成立する能勢であっても、昨年と同じ組合せで2年目ペアリングを実施したところ、♂が全く興味を示さない現象も観察されました。
やはりオオクワガタも若い方がいいのだろうと・・・思ったものです(笑)
→その後、通常ペアリング切り替え4ペアをペアリングし5割が成功

今年度のペアリングに使用した能勢♂は4頭で、♂別の配合は次のようになります。
※通Pは通常ペアリングの略で( )内は同居させた日数、×は失敗

♂82.5mm(871同腹)
1.’11Gull7番♀52.0mm・・・監P(166秒確認)×→通P(3days)→12頭
2.P8449 50.5mm・・・監P(21秒確認)×→通P(3days)×→通P(8days)×
3.Waizu1番84.1mm・・・監P(21秒確認)×→通P(3days)×→通P(8days)×
4.’11Gull3番♀53.1mm・・・監P(52秒確認)×→通P(3days)→9頭
5.’11Gull4番♀53.0mm・・・監P(40秒確認)×→追加ペアリング未実施
6.6番早期羽化♀50.9mm・・・・監P(30秒確認)×→追加ペアリング未実施
7.Waizu9番2年目53.5mm・・・通P(3days)→11頭(すべて里子)
8.Waizu10番2年目50.5mm・・・通P(3days)→7頭

♂83.7mm(Waizu1番)
9.P8449 50.2mm・・・・・監P(86秒確認)×→通P(8days)×
10.9番早期羽化♀51.1mm・・・監P(29秒確認)→20頭(内4頭里子)

♂84.6mm(Waizu2番)
11.Waizu1番84.2mm・・・・監P(70秒確認)×→通P(8days)→10頭

♂83.8mm
12.Waizu5番2年目53mm・・・・通P(3days)×→追加ペアリング未実施
13.Waizu6番2年目52.2mm・・・通P(3days)×→追加ペアリング未実施

昨年、♂82.5mm(871同腹)を使った能勢10番が短時間の監視下後尾2回で採卵できたことで、安易に考えていました。
また、この♂は前年実績から種があることが確認できていたため、安心して思い切り多数ラインに監Pを実施しましたが、結局、能勢では9ラインに実施して幼虫が採取できたのはNo.9の1ラインだけでした。
目が点になるほど驚きましたし、その後のリカバリーが大変でした。
♂が2年目で消耗していたことが原因か?などとも一時は考えましたが、No.7、No.8のブリードは最終段階で行ったもので、1~6までに酷使した後の通常ペアリングですから、その考えも否定した方がよいでしょう。
苦戦もしましたが、能勢だけでこれだけのペアリングと観察記録を行えたことで、得られたことも多く、違った意味での充実感があります。

上記の観察でわかってきたことはこんな感じです。
① 監視下ペアリングの成功率は明らかに低い。
② 羽化後2年を経過した個体の採卵は難しくなる傾向→No.2、9、12、13
③ 早期羽化♀はかかりやすく?産卵数も多いのでは?

【最終的な2013ブリードライン】(系統番号は一昨年からの通し番号)
・能勢10番・・・・本年86.7mmが羽化したラインの2年目ブリード
・能勢11番・・・・871同腹♂82.5mm×’11Gull7番♀52.0mm
・能勢12番・・・・871同腹♂82.5mm×’11Gull3番♀53.1mm
・能勢13番・・・・Waizu2番♂84.6mm×Waizu1番54.2mm
・能勢14番・・・・Waizu1番♂83.7mm×Waizu9番早期羽化51.1mm

上記ラインで期待しているのは、やはり11番!♀のポテンシャルに期待です!
10番も2匹目のドジョウを狙っているますが果たして・・・?でも7頭しか採れてません^^;

まあ、今年は久留米に重きを置く計画であったため、能勢は気楽に行くつもりです。
能勢で紙面を取ったため、久留米は次回に回しますが、♀サイズが大きいためか通常ペアリングでも、かかりにくかった印象です。
[ 2013/07/18 17:32 ] ブリード2013 | TB(-) | CM(-)

昨日の記事の補足

幼虫確保に大苦戦・・・能勢は54頭のみ。
私の計画にズレが生じていると思われた方がおられるかもしれません。
誤解のないように補足しておきますが、頭数は計画通りです。

今年は、久留米に力を入れてみようと思い、最初から能勢50頭、久留米100頭の計画でした。
私の場合、150頭が飼育の質を確保しつつ楽しむのにちょうどよい頭数ですので、その枠内で数を調整します。
結局、300頭採れる勢いでブリードして半数に終わり、数は合わせられたものの、期待のラインから充分な幼虫を確保できなかったのは事実です。
この辺りは、何年やっても難しいですねぇ・・・。

さて、ブリード2013をどのような組み合わせでスタートしたのか!?
失敗したライン、 またその失敗によってわかったことなども含め、次回紹介してみたいと思います。

ところで、余品に関する問い合わせも頂きますが、現在ヤフオクに出しているもので終了する予定です。
また、久留米に関してですが、ブリード2012は30頭程度しかブリードしなかった上に平凡な成績であったため、ブリード用としては譲渡しないことにしました。
[ 2013/07/17 05:53 ] ブリード2013 | TB(-) | CM(-)

大苦戦の幼虫確保

7月9日で2013年度の割り出し業務をすべて終了しました。
手元の記録を見ると3月19日から監視下でペアリングを開始しています。

本来なら5月下旬~6月中旬で初令幼虫の菌糸ビン投入を完結する予定でした。
しかも、100頭近い余剰個体が出てしまうのでは・・・くらいに思っていました。
ところが、今年は採卵で大苦戦(>_<)

その要因は主に3つです。
①監視下ペアリングの低い受精成功率
②54mmUP♀の低い採卵成功率
③羽化2年経過した♀の低い採卵成功率

お陰で、何度追加ペアリングを行い、時間と材を無駄にしたかわかりません。
しかし、苦労した分だけ経験値は急上昇!本当によい勉強をしました。
来年度は、失敗を軽減する対策が打てそうです。

補足ですが、監視下ペアリングもしっかりやれば十分実用になることもわかりました。
それは、読者からの情報提供によるものです。
その方は、この10年間、通常ペアリングの経験はなく、すべてをハンドペアリングで行っておられますが、何回も繰り返すことでほとんどがかかるようです。
でも、私はもう導入しないと思います。非効率的だからです。

最終的に能勢YGは5ラインで54頭、久留米は10ラインで89頭の計143頭の管理となりました。
痛かったのは、能勢YG3ラインです。
希少価値のあるP8449の未使用♀を2頭入手できたのですが、2年目個体のせいかどちらも撃沈。
また能勢10番867と同配合の組み合わせを同腹♀54UPで試みましたが、♀に生殖能力がありませんでした。
しかも、大型♀のラインは、産卵しても10頭前後と少子化でした(>_<)

結局、各ラインが5~10頭少々と小規模になりましたが、血統的には楽しめそうです。
さらに、少ないなりにも同腹幼虫内で比較試験を組んであります。
菌床対決(HS対LEVIN対E24)、詰め方対決、温度対決です。
来年は、結果の良かった菌床、詰め方、温度を使って勝負ラインで思いきり勝負をしたいと思っています。
すでに心は、ブリード2014で能勢867をどう活かすか!?でいっぱいです。

しかし、羽化個体の整理、使用済み菌糸ビンの洗浄と片付けを先に終わらせないことには・・・^^;
[ 2013/07/16 00:05 ] ブリード2013 | TB(-) | CM(-)
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR