waizuの観察記録や検証結果を公開しています

2014年を振り返って

2014年も公私ともに充実した1年だったように思います。
オオクワに関しても、東京、名古屋、福岡と3地域のオフ会を体験でき、12人の方々と楽しい時間を過ごすことができました。

ブリードにおいては、前年のハンドペアリングの検証結果を踏まえ、成功率が高いと思われる条件設定で、比較的スムーズな採卵によりスタートできました。
また、昨年の悲惨な程の暴れと羽化不全の結果を重く受けとめ、今年はここまで丁寧な飼育管理ができているように思います。

試験とデータ的裏付けをもって、より優れた飼育法を開発することを主眼においている当ブログですが、今年も1本目500ボトル vs 800ボトル、LEVIN-G vs E24などの比較項目を設けて楽しんでいます。
現時点で感じていることは、500ボトルでスタートすることの有用性は低そうだということです。
菌床比較は、羽化までの経過や成虫サイズを測るまでは何とも言えないでしょう・・・。

実は、これからも楽しみにしていることがあります。
丁寧に飼育して、何パーセントの暴れボトルが出てくるのか?です。
同じ条件で飼育しているにもかかわらず、ラインよって大きな差が出れば遺伝的な要因があるのかもしれません。
少なくとも、実験の精度を高めるために、飼育環境の酸素濃度を確保し、菌糸銘柄を統一し、菌糸状態の悪いものは交換を考慮し、温度以外の要因を出来る限り排除するよう努めています。(注:♂に限り)

今年は、昨年までとは異なるパターンの温度のかけ方を計画していますが、果たしてどうなるでしょうか?
これまでは、正確に数値化していないため、自分のところでも基準値がありません。
世間一般の基準値もわかりませんが、2割前後は暴れてしまうでしょうかねぇ・・・。
幼虫サイズによっても異なるかもしれませんが・・・。

ひと口に暴れと言っても、1回の移動で止まるケース、もう少し動くケース、菌糸の白い部分がなくなるまでとことん暴れるケースなどあり、どこまでを暴れと判断するのかも難しいところです。
今年は、いっそのこと、居食い状態から動き始めたら即、発酵マットに移動させてみようかとも考えています。
そうなれば、「暴れ群」ではなく、「居食いのまま蛹化できなかった群」として判断することになり、シビアな判定になりそうですが・・・。

一方で、暴れ幼虫の移動後のボトルが、菌糸と発酵マットで羽化不全率に差が出るのかも気になっています。
やはり、まだまだ確かめてみたい事がたくさんあります。

しかし、あくまでも目標は、大型幼虫を居食いのまま蛹化させることにあります!!
蛹化ホルモン分泌促進剤でもあればよいのですが、現時点では温度によってホルモンの分泌を促してやるしかありません。
ポイントは、どのような温度のかけ方がベストなのか?ということ!
先日は、酸素濃度のことを記事にしましたが、酸素濃度が低い方が蛹化スイッチが入りやすいのでは・・・なんて意見も頂戴しました。
このようにいろんな仮説があります。
ただ、それが真実かどうかを確かめるためには、検証してみるしかありません。
来年も仮説→条件設定→適正な比較試験→データ分析で楽しむつもりです。

時には、教科書としているなどのありがたい意見も頂戴しますが、これからも客観性と整合性を重んじ、飼育法を追及していくつもりですので、来年もよろしくお願い致します。

それでは、みなさんもよいお年を!



スポンサーサイト
[ 2014/12/27 16:45 ] 個人的意見 | TB(-) | CM(36)

酸素濃度の話題

酸素は、一般の生物にとっては不可欠です。
地球上の酸素濃度は20.9%、エベレストの頂上では7~8%と言われています。

人間の許容限界が18%と言われ、そのあたりから頭痛などの症状が出始め、14~16%では脈拍・呼吸数の増加 、吐き気、12%でめまい、筋力低下、10%で嘔吐、意識不明となるようです。

ちなみに物質が燃焼する場合の酸化反応でも酸素が消費されますが、ろうそくが燃える場合のような激しい酸化反応は16~17%で止まり、サビなどの緩やかな酸化反応では0%まで進むそうです。
私が、酸素濃度計を購入した際、最初に行った実験が、ろうそくの燃焼実験でした(笑)
はちみつ2000にろうそくを入れ燃焼させ、火が消えたところでビン内酸素濃度を測定しました。
小さい火の場合は、44秒間燃え17.4%で消え、大きい火になって入れた場合58秒間燃えて16.1%で消えました。

余談が長くなりましたが、古い実験ノートをみると、オオクワ成虫の酸素消費に関する記録が残っていました。
2008年10月1日のことです。
概要を示すと、スタック小ケースに76.5mmのオオクワガタを投入(底面は濡れティッシュのみでマットなし)して密閉し24時間後の酸素濃度を測定。
21.0%→19.4%となり、24時間で1.6%の酸素が消費されていました。
その時、死亡するまで行えばオオクワ成虫の限界値がわかったのかもしれませんが、かわいそうで出来ませんでした。

なぜ、こんな記事を書いたかと言うと、オオクワ幼虫が必要とする酸素濃度限界ってどれくらいなのだろう・・・?
ということがずっと気になっているからです。
少なくとも人間ほどは必要ないと思いますが、あまりに低いと成長にも影響してくるはずですから・・・。

結局、わからないのであれば、通常空間の濃度に近い環境で飼育するに越したことはないと、現時点では考えています。
そこで、私は、冷やし虫家であっても酸素濃度を確認することを怠りません。
虫家内O2濃度

前回記事で、遅れてスタートした久留米幼虫群を冷やし虫家管理としたことを紹介しましたが、1400ボトル9本を入れてこんな感じです。
この濃度を保つためには、勿論ひと工夫してあります。
そこは企業秘密ですが・・・。
[ 2014/12/20 16:46 ] 観察&考察 | TB(-) | CM(10)

久留米飼育データ2014を更新

本日は博多出張の代休を使い午前中は3者懇談へ!
午後は、まだ最終ボトルに移行していなかった久留米幼虫の交換を行いました。

久留米2014は、結論から言うと、悪くはないけど凄くはないといった感じです^^;
久留米11番(昨年86.5mmが羽化したラインの2年目同配合)は、♂7頭で30g未満はいないものの、平均して大きくありません。
一方、久留米19番は、特大はいないものの♂13頭で、32g以上が76.9%と能勢YGと遜色なしの結果でした。
詳細は、左ツールバーの「久留米飼育データ2014」からご覧ください。

あとは、最終仕上げの飼育を行うだけですが、ここに来て問題があります。
それは、8割を占める他のラインに比べると1.5~2ヶ月も遅れてスタートさせているため、温度管理をどうしたものか?
別管理にすることも羽化時期がずれてくることも繁雑です。
仕方なく例年は冬季に使用しない冷やし虫家を使うことにしました。

来年は、初令幼虫投入時期の幅を最大でも1ヶ月以内するスケジュールを立てたいと痛感しています。

[ 2014/12/18 17:13 ] ブリード2014 | TB(-) | CM(16)

2本目で30.4gの大幅増!

タイトルだけ見ると凄いイメージですが、落とし穴があります^^;

本日は、遅れてスタートした久留米幼虫を少々交換!
その中で久留米19番No.18が飛躍的な体重増加を記録しました。

【データ】
7/27  E24 500
9/10  E24 1400 4.7g
12/15  LG 1400  35.1g

このように、2本ボトルの約3ヶ月間で30.4gの増加をです(^^)v
落とし穴とは、3令脱皮直後に交換して、低体重を基準としていることです^^;
今年は、500ボトルスタート群を試し、早期交換も試行したことで、このような自己記録が生まれましたが、今度このような飼育法は行わないため、抜くことはできないでしょう・・・(笑)

ちなみにこの久留米19番も悪くない手応えです。
ただ、16頭の幼虫がいて、♂13、♀3とあり得ないほどの偏り^^;
♂の楽しみはありますが、次世代の繁殖♀が少ないのが残念です。
[ 2014/12/15 16:09 ] ブリード2014 | TB(-) | CM(16)

♂の早期羽化

2014年度の飼育指針は、丁寧な飼育管理です。
おかげで、ここまではすこぶる順調!!
暴れは勿論、キノコの発生もありません。

ただ、強いて失敗をあげるとすれば、♂の自然早期羽化でしょうが、今年の管理状況からみれば、失敗と言うよりはちょっとした事故だと思っています。
その個体は、能勢1505ですが、5月23日に初令で投入し、8月17日に30.1gで2本目へ交換したところ、10月24日には蛹化してしまいました。^^;
そして、11月21日に羽化しています。

WN1505a.jpg

こちらは、その個体を本日取出した際のものです。
どうせ77~78mmくらいと思い測定してみると、81.2mm、頭幅27.3mm、前胸幅29.0.mmでした。
871系のスマートフォルムを継承しているようですが、その分、飼育経過の割によいサイズとなったのでしょう・・・。

この結果を物差しにすると、能勢15番で計画通りに飼育できた個体には期待できそうですが、果たしてどうなることでしょう・・・。
期待を膨らませながら飼育できるこの時期は、本当に楽しいですね!
最終的には、厳しい現実に直面することの方が圧倒的に多いのですが・・・(笑)
[ 2014/12/13 16:07 ] ブリード2014 | TB(-) | CM(14)

博多を堪能!

2泊3日で博多に出張してきました.
何度来ても博多はいいですねぇ~!
広々とした街の空間が心地よく、食べるものも美味しくて・・・。
しかも、12月でクリスマスムードです。

IMG_2421.jpg

初日は、職場の後輩と食べ歩き!
博多と言えば、もつ鍋にとんこつラーメンと言うことで、有名店を予約!!
予めダイジーさんから情報収集をしておいて、死にそうなくらい食べました。
なんといっても、もつがプリプリして最高!!
ラーメンは予想に反して超アッサリ系でした。

IMG_2393.jpg
IMG_2395.jpg

IMG_2405.jpg

そして、二日目は、九州久留米党のみなさんとのオフ会です。
メンバーは、ダイジーさん、田舎っぺ。さん、タジーさんと私の4名!

私は全員初対面でしたが、ことの発端はダイジーさんとの付き合いに始まります。
本年春、私のところで久留米865が羽化した際、早々に問い合わせを頂いたことがキッカケです。
その時、社交辞令のように九州にお越しの際には一杯やりましょう・・・みたいなことを言われていました。
せっかくなので、この度の出張が決まった際、あの時の言葉を思い出し真っ先に連絡してみました(笑)
メールを送ったのが10月6日のことでした。
すると、九州のブリーダー10人くらい集めましょうか!?なんて威勢のよい返事を頂戴しましたが、クワ談義をする時は少人数が好きなので、ブログ上で面識のあった方に限定してお願いした次第です。

タジーさんとの面識はありませんでしたが、タイジーさんの弟子で博多に詳しいということでご参加頂き、これまで出会ってきた中では、最も体重の乗ったブリーダーさんでした(笑)

こうして、第1回九州サラサラ会なるものが開催された訳ですが、第1回と言うことは、2回、3回があるのでしょうねぇ・・・。
ただ、この名前を使用するとdapさんからクレームがあるかもしれませんね^^;
おそらく来年も12月に行く事になりそうなので、その時は第2回をやりましょう!
でも、田舎っぺ。さんがまたアッシーになってはかわいそうなので、早めに切り上げるということでっ!

ところで、他の3人のブログを拝見すると、勉強になった的なことが書かれていますが、そんなためになる話をしたかな??と思っています。
ダイジーさんから、「waizuさんのビン交換が一般の人より早いのはなぜですか?」なんて質問も受けましたが、そんなに深い意味はありません^^;
むしろ私の興味は、田舎っぺ。さんの管理表に記載されている菌糸銘柄の略号でした。
うまく略されていたので、答えを聞いて笑ってしまいました。
その場では言いませんでしたが、後から考えてみると、もしかして実績のある菌床なら、久留米8番などは7割近くが35gを超えていたのでは・・・なんて思います。あくまでも想像の域を出ませんが・・・^^;

それにしても、アッという間の4時間でした。
この度は、遠方からご参加頂いたみなさんに感謝の思いでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

アルコールが入らなくても陽気なブリーダーさんもいて本当に楽しめました(*^^)v
IMG_2428.jpg




[ 2014/12/09 12:59 ] オフ会 | TB(-) | CM(22)
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR