waizuの観察記録や検証結果を公開しています

環境整備計画2015-②温度計に関する検証結果

昨日の記事で、どの温度計が真の値に近のだろう・・・と思われた方もいらっしゃると思いますので、記載しておきます。
商品間でのバラツキも考慮し、2個ずつで検証しました。
用意したサンプルは、昨日の画像の左からA&D 外部センサー付き温湿度計 AD-5648A、A&D 組込み型温度計 AD-5656A、シンワ デジタル温度計 F 最高・最低 72949となります。
それに対し標準温度計の数値はこうです。
標準温度1-2

18.85℃くらいを示しています。
これにより、A&D社の4つが、ほぼ標準温度を示すことがわかりました。
ただ、この温度計は感度がよく、人間が近づいただけですぐに温度が変化し始めるため、同じことを時間をずらして3回行いました。
結果的に外部センサーの表示では、左から1番目と4番目がドンピシャであることがわかりました。
2番目と3番目も標準+1と正確であるため、今後の温度に関する検証は、A&D社製の4つを使用して行うことにします。
また、今年からは湿度に関するデータも記録してみる予定です。

実は、当初ここまでの温度計検証をする予定ではありませんでしたが、最初に近所のホームセンターで購入したシンワ製の表示に違和感を感じたため、他のものを取り寄せて検証に至った次第です。。
Amazonのレビューを読んでみても、シンワ製の評判はあまりよくないようでした。
しかし、実際に使用してみての感想ですが、製造規格内なのでクレーム対象ではないと思います。
オオクワ管理には全く問題ないので、補正値を設定して一般管理温室用として使用する予定です。

ちなみにこの3年間使用していたものが、クレセル デジタル温度計 AP-07Wです。
クレセルデジタル温度計

自分で撮影したものがなかったので画質が悪くてすみません。
Amazonで1200円程度で購入できコストパフォーマンスは抜群です。
しかし、外部センサーがあまり強くない印象です。
たまたまかもしれませんが、3年でダメになりました。

記事中のデジタル温度計は、今後使用するものの紹介であって、推奨ではありませんので悪しからずです。
精度と操作性は良好ですが、耐久性や安定性などは長期間使用してみないとわかりませんので・・・。
尚、気になる点だけ補足しておきますと、AD-5656Aはコードが短めで1mしかなく、裏に引っ掛ける部分がなくマグネット式になっています。(私にとっては特に問題ではありませんが・・・)

データを取ることが好きな方は、参考にして頂ければ幸いです。
スポンサーサイト
[ 2015/10/27 12:56 ] 温度 | TB(-) | CM(2)

環境整備計画2015-①温度計比較

築24年ともなると水回りがボロボロです。
今年の夏は、やむなくリフォームに至りました・・・トホホ
その際、せっかくなので職人さんの腕と工具を拝借!
大型温室2台と冷やし虫家の機械パネルを利用した自作温度管理空間を2台作製してみました。
これで、来年はいろいろな角度から温度管理を楽しめそうです!

ちなみにできたものがこれ!
自作虫家1

あとは、機械パネルをはめ込むだけです。
電動ノコなら厚いスタイロフォームでもきれいにカットできるものです。
これは30mmですから手でも切れますが、温室は何を思ったか50mmで作ってありました^^;

さて、本日の本題です。
いくら空間を整備しても計測器がダメでは、そのデータは意味をなしません。
そこで、使いやすそうなデジタル温度計を3組購入して標準温度計との誤差を確認してみました。
(現在使用中のものが2つ壊れたこともあります)
温度計比較2015

デジタル温度計は、市販されている多くのものが誤差±1℃で設計されているため、こんなことをしなくても問題ないと思いますが、元研究者には気になってしまいます^_^;

これで、安心して来年のデータ取得に励む事ができそうです。
尚、以前も書いたと思いますが、オオクワ飼育レベルに温度計の精度はそこまで必要ないと思います。
各人が使用している温度計を基準に、今年は+1℃とか低温管理を2℃低くなどのように毎年の計画が遂行されているわけですから!
本日の記事は、私も虎視眈々と飼育環境を整備し、来年のさらなる飛躍をめざして作戦を練っているというプチアピールでした^^;
[ 2015/10/26 13:13 ] 温度 | TB(-) | CM(7)

分かって出来る事と分かっても出来ない事

今日は、表題の件についてカラオケ精密採点とオオクワ飼育の観点から思っていることを少々・・・。
精密採点DXについては、自身に優れた音感がない!というどうにも出来ない部分もあって、その他での得点アップをめざして研究と練習を重ねてみました。
チョネさんとougoさんのために、DAMのプログラムについて私が調べた範囲でまとめておきます。
【ポイント】
(音程)
最も大きなウエイトが置かれている。
黄色く塗られていく音程バーは、8段階に分けて採点され、ズバリ合った音程に対し±1/8半音より外れると、機械は合っていないと判断するらしい・・・(+_+)
音程バーの上部に沿って青い光が動くように音程を合わせるとバッチリ合うらしいのですが、本当にきびしいです。
→よって、すべてを黄色に塗っても音程正確率60%未満なんてこともあり得る。

(安定性)
声のブレとかがなく一定の音が出せているかを判定しているらしい。
ポイントは、上手なビブラートをかけることと言われている。
それ理由は、ビブラートを検出している間は、安定性は採点対象にならないことが根拠とされる。
また、同じ理由でロングトーンも早めに切り上げることで採点対象から外す手もある。
しかし、下手なビブラートをかけると単なるブレと判断されて安定性は減点となる。

(表現力)
抑揚点が9割近くを占めるらしい。
よって、我々レベルでは、しゃくり、こぶしは意識しなくてよい。
(しゃくり、こぶしを入れまくっても0.5点くらいとか・・・)
また、フォールは採点に関係ないと言われている。
そこで、重要なのが抑揚の攻略法!
一般的に、歌はAメロ、Bメロ、サビの部分で構成され、サビを強く歌うと考えがちであるが、このDAMのプラグラムは違っている。
1~6の演奏区間のそれぞれに、強く歌うところと弱く歌うところをつくればよい。
→マイクを近づけたり離したりするだけでも簡単に得点アップにつながる。
ただし、急激に離すと音程に影響する。

(ロングトーン)
音程を合わせて長く伸ばすことを心がけるだけ!
大きい声より小さい声の方がよいとも言われる。

(ビブラート)
1秒以上かけないと0点となる。
長さよりきれいな波形であることが採点されているらしい。
ブレではなく確実にビブラートと判断させるには、深くて大きい波形のビブラートがよいらしいが、素人には難しい(^_^;)
安定性の項目でも触れたように、上手なビブラートをたくさん入れることができれば、自然に安定性が上がるようです。

(隠しパラメーター)
倍音と言われる裏パラメーターがあると言われている。
これは、声の大きさではなく、声の圧力などと表現されることもある。
声量みたいなものか?
→これは、ダイナミックマイクを使用するだけで加算され、モコモコと言われる裏ワザで相乗効果を見込むことができる。
マイクは、特にCM-2000で効果の高いことがマニアによって証明されている。
私自身、CM-2000を使ってモコモコを行えば、2点はアップする印象!

(注)CM-2000は1000円台で買える格安マイクであるがケーブルが滅茶苦茶弱いため、別売りのマイクケーブルが必需品

さて、今日の本題です。
分かればできることは、こんなところでしょうか!
①カスタムトライのCM-2000を使いモコモコ技を使う。
②1~6の各演奏区間のそれぞれでマイク操作により抑揚(強弱)をつける。
③ロングトーンをむやみに伸ばさず、早めに切り上げ安定性への影響を少なくする。
④下手なビブラートかけるくらいなら、1秒以上かけやすいところでかけて、あとはノンビブで行く。

一方、分かってもできないことは、素質や技術が必要な部分です。
①音感イマイチの私には、音程95%なんてとても無理です!
②歌の技術のない私には、安定性を採点対象外とするだけのきれいなビブラートをかけまくることも無理です!練習してもなかなか習得できません。

では、オオクワ飼育で考えるとどうでしょう?
分かれば、だれにでも出来ることがほとんどではないでしょうか?
ペアリング→産卵→温度管理による幼虫飼育→蛹化促進→羽化
この辺りの手法が確立されてきた近年は、だれにでも同じようなことが出来そうです。
出来ないとすれば、理想的な飼育環境の整備、最高レベルの種親の集結とかですかね?
それに、500頭を超えるような大量飼育も難しいですね!
こうしてみると、経済力、時間、体力などが背景要因にあり、技術的な差は出そうにありません。
飼育歴が浅くても凄い結果が出ていることもうなずけます。

しかし、本日のブログで私が書きたかったのは、そこではありません。
オオクワ飼育途上では、分かっていないから出来ない(行われていない)ことが必ずあると考えていると言うことです。

逆にそうでなければ面白くない!
ルーティーンでたくさんやって、運の良かった者だけに結果が出ては・・・と思います。
そんなことを考えながら、精密採点も自分なりにレベルアップできたのだから、次はオオクワ飼育に於いても研究と実践の繰り返しで、一歩でも前に進みたいと思っています。

現在、もっと自由研究を楽しむための環境整備を進めています。
大型温室2台と虫家の機械パネルを利用した自作冷温庫です。
近々完成予定ですが、明日も仕事なので、もう少しかかりそうです。
[ 2015/10/11 18:04 ] 個人的意見 | TB(-) | CM(6)

東京紀行3

夜の9時に始まった高田馬場決戦!
入室早々のバンダナ&サングラスが、オオクワ飼育における蛹状態であるなら、羽化がこれ?
chone3_500.jpg
ミニステージとスタンドマイク付の部屋を予約していたのか・・・
チョネ省は怖くなかったものの、私の苦手な女性歌手部門で出してきた得点にヒヤリ^_^;

しかし、空気を一変させたのがこれ!
saiten_waizu3_94038.jpg
私が演歌部門として最初に歌った銭形平次!(笑)
表現力アップを集中的に練習してきた成果がみられたようです。
この得点が表示された瞬間、チョネさんとougoさんは驚愕の様子でしたが、私もびっくりです。
LIVE DAM STADIUMのボーナス加点はうれしいシステムですね!

その後、チョネさんも負けじとフリー部門で応戦してきます。
saiten_chone2_92760.jpg

しかし、私も負けてはいません。
saiten_waizu1_92871.jpg

そして、勝負を決定づけたのは、私の得意ジャンルのアニソンです!
saiten_waizu2_94139.jpg

その後、女性歌手部門でも逆転し、4部門すべてを制覇!
完全勝利で1年半前のリベンジを果たすことができました。

えっ!?ougoさんが出てこないって?
DAMが点数をくれないと怒って、途中で帰ってしまいました。

うそです。
楽しく歌われていましたが、今回は練習不足だったようです。
chone&ougo

3人が21曲ずつを歌い、気がつけば2時30分。
3時まで営業しているラーメン屋に急ぎ、お腹も満たして解散となりました。
t2-5_500.jpg
昔ながらの中華そば!
シンプルでも味はGood!
この画像で終わったら、どこかのサ○サ○会のブログみたいだな(笑)

帰りの新幹線では、リベンジ達成の余韻に浸りながらもDAMのボーナス加点について考えていました。
オオクワの菌床飼育においても、添加剤による幼虫体重加算は、ある意味ボーナス加点に似ているなと!
しかし、添加剤によるオオクワ幼虫の体重加算が羽化サイズに直結するのか・・・?
そうは思わないから高添加剤路線は歩まずに来ました。
主観的に思って決めたこの路線、根拠を示し、納得しておきたい!
そんなことも考えています。

精密採点に関しては、1年半の情報収集と練習の努力が結果につながりました。
一方で、オオクワ飼育に関しても効率化を中心に小さな検討を続けています。
今度は、オオクワ飼育でも努力してきた成果を結果につなげていければと思っています。

東京でお付き合い頂いたみなさんに感謝です!
またの機会があれば、よろしくお願い致します。
[ 2015/10/08 06:57 ] オフ会 | TB(-) | CM(16)

東京紀行2

東京紀行1では、ダメ出しの話題が一部でうけたようです(笑)
他にも、「あのブログの内容をそのまま信じちゃダメだよ!」
なんて言われたことも思い出しました^^;
これからは、ダメ蔵さんと呼ぶことにします。

冗談はさておき、本日は東京紀行第2弾です!
10月3日(土)は朝から研修会に参加してみっちり勉強!
夕方になり、ougoさんとの待ち合わせ場所に指定した高田馬場のホテルに向かいました。
17時すぎから825号室で密会し、すぐに渡されたのがこれです。
ougo_pre_500.jpg
865同腹!Waizu17番♀とのトレードです。感謝!

この日は、19時からwaizu&ougo&チェネの会が予定され、21時からは恒例のカラオケバトルとなっていました。
19時までは2時間近くあったため、ホテルの部屋に缶ビールとつまみを持ち込んでougoさんとクワ談義に花を咲かせました。
この時確認したことは、ブリードにおける心構えと、菌糸の劣化に関することです。
それにしても、膝詰めの対話になるとougoさんって妙に真面目だなぁ・・・。
ブログの文章とは別人のようです^^;
もしかして、ブログを書いているのは、ゴーストライターでは??(笑)

ここでの冗談もさておき、19時にチョネ氏と合流!
入った焼き鳥屋が妙にシャレていましたが、私などの貧乏人には高級すぎました(笑)
t2-1_500.jpg
焼き鳥屋とは思えないグラスビール!
t2-2_500.jpg
このネギマが1本530円(*_*;
この金額に動揺したのか、チョネさんが、私の前の串入れを見て「waizuさん、焼酎はいいですか?」と天然ボケ^^;
t2-3_400.jpg
これなんですけど、確かにチョネさん側からは焼酎のグラスかぁ・・・^^;

食べるのはそこそこにしましたが、品川裏話、久留米事件、DAM精密採点攻略法などで満腹となりいよいよ決戦の場に移動となりました。
そして、時間は21時!1年半ぶりの高田馬場ビッグエコー!
すると入室早々、こんな光景が・・・(・・;)
chone1_500.jpg

chone2_500.jpg

え~!最初から戦闘モードぉ~(*_*;
今回の出張では、職場の者もよくわかっていて、バンダナとサングラスは持っていかないのかと聞かれた程です。
チョネ省吾はどれだけ有名やねん💦

しかし、私には他に持参するものがありました。
これです。
CM2000_500.jpg

精密採点マニアの間では必須アイテムとも言えるダイナミックマイク!
カスタムトライのCM2000と言えば知らない人はいないでしょう!
このマイクを使えば、裏パラメーターとされている倍音で加点が見込めるようです。

1年半前の敗北以来、研究と練習を重ねて来ました。
音感に素質はないので、音程には限界。
ビブラートの技能もなし!
修行の末にたどりついたのが、抑揚とロングトーンで点を稼ぐ手法!
今年は絶対に負けない自信があったので、みなさんにも、事前に抑揚とロングトーンのポイントを伝授してスタート!
対戦ジャンルは、女性歌手、演歌、アニソン、フリーの4部門!
(曲までは指定せず各ジャンルで自由)
各ジャンルの最高得点の合計で勝敗を決めるというもの!
すると、チョネんさんが、得意の女性歌手部門で早々にこんな得点をたたき出し大慌て(*_* (*_* (*_*
saiten_chone_92274.jpg
なんだこの表現力ボーナス!
実は、入った部屋がLIVE DAM STADIUMという新機種に搭載された精密採点新バージョンでした。
未知のブログラムにチョネさんの底力・・・
急に雲行きが怪しくなりかけてきました。
5時間半にも及んだ壮絶なカラオケバトル!果たして勝負の行方は・・・?
だれもが予想しない展開をみせるのであった。

つづく
[ 2015/10/06 22:10 ] オフ会 | TB(-) | CM(8)

東京紀行1

昨日まで仕事で東京に行ってきました。
あと1週間早ければ品川でのイベントにも参加できたのですが、そううまくはいかないものです。(^^;
金曜日は移動日でしたが、夕方にはチェックイン!
せっかくの時間を無駄にできないと思い、事前にhizoさんに連絡を入れたところ、19時からワイドカウさんと3人での飲み会となりました!
今回は、新橋の居酒屋でしたが、ワイドカウさんは食通で、いつも美味しい店に連れて行って頂けます。
t1-3_600.jpg

t1-1_600.jpg

t1-2_600.jpg

こんなごく普通の料理でしたが、どれも味がいいんです!
刺身に関しては、博多オフ会の活造りには敵いませんが・・・。

ところで、この3人での会は3度目になりますが、いつもhizoさんにダメ出しをくらうwaizuなのでした・・・トホホ
成虫をすぐに○○しちゃダメだよ!
それにブログも更新しないとダメだよ!
めったにブログを更新しない人からこんな言葉が出てくるとは夢にも思いませんでしたけどね(笑)
そんな訳で早速のブログ更新です!

私もダメだししておきました。
hizoさんがいいって言った久留米インラインは、全然ダメでしたよ!って・・・。
能勢10番のインラインはよさそうなので、インラインが原因ではありませんが、今年の久留米はとことんついてないですねぇ・・・。

この日は、22時にはお開きとなりましたが、私がブリード途上で気になっている数項目に渡って議論でき、スッキリしました。
あっという間でしたが、実り多い3時間となりました。

今年は久留米で挫折し順調さを欠いたことで、モチベーションも完全に低迷していましたが、今後の飼育&研究に向けてのモチベーションも右肩上がりに急上昇しています!

新橋駅の改札で固い握手を交わして別れを告げた後は、ホテルに直帰し、翌日の仕事と夜のカラオケ対決でのリベンジに向け、早々に床に就いたのでした。

つづく
[ 2015/10/05 20:46 ] オフ会 | TB(-) | CM(4)
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 07月 【3件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR