waizuの観察記録や検証結果を公開しています
月別アーカイブ  [ 2016年04月 ] 

最新菌床を使ってみる!

よしくわさんが、菌床をプロデュースされました。
これまでの経験を活かし、オガ、添加剤、レシピ等を考え、キノコ屋さんに依頼されたようです。
お誘いを受けたので、少しだけ使わせて頂くことにしました。

本日、出来たてのものが10ブロック届きました。

yoshikuwa-kinshi1.jpg

これは、最も重かったものを載せていますが、だいたい1ブロックが2,200~2,250gでした。
クヌギと粗めブナの混合と伺っていますが、粒子は小さめの印象です。

yoshikuwa-kinshi2.jpg

写真ではわかりにくいのですが、大きなチップは見当たりません。
LEVIN-Gよりも粒子は小さいようです。
そのため、ブロックを崩す際は、とてもスムーズ!
あっという間に均一なオガにすることができました。

800ボトルに普通にしっかり詰めて、ボトル総重量640g前後となり、2ブロックからちょうど8本取れました。

最終的には、オガの粒子やレシピよりも使用して結果が出るかどうかがポイントです!
今年は、最新菌床の使用感レポートと従来菌床との比較をできる楽しみが増えました。

問題は、サンプルとなる初令幼虫をしっかり確保できるかどうですが、少々不安もあります(^^;
スポンサーサイト
[ 2016/04/30 20:35 ] ブリード2016 | TB(-) | CM(-)

12年前の自由研究

先日、ダニの画像を探していた時、思い出深い画像を見つけましたので、紹介してみます。
HP時代からお付き合い頂いている方には、懐かしいものになると思います。
本日の内容は2004年度に取り組んだものになります。

◆蛹化・羽化の瞬間を撮影する
you8_31min.jpg
uka1_4af35min.jpg
どうやって蛹化、羽化するのかを見たくて見たくて、時期の近づいた個体を定めては、休みの日に頻繁に観察しやっと遭遇できた時の感動は今でも忘れられません

◆脱皮直後に遭遇
DSCN5629.jpg
DSCN4729.jpg
普通は、初令投入後は3令まで触ることがないので、なかなか出合いにくい瞬間です。
上が2令脱皮直後、下が3令脱皮直後です。
2令幼虫の体重測定も試みました(^^;
当時の血統では、0.1gもありませんが、近年の大型血統であればもっと大きいのでしょうねっ!
ちなみに当時の3令脱皮直後の♂幼虫体重は、4g前後でした。

◆卵での割り出し&ティッシュ上でのふ化
DSCN4357.jpg
濡れティッシュの上でふ化させた際の画像です。
当時は、こんな方法でもふ化させられるのか!と感動し、ダニをとり込まない手法としても使えると思いましたが、バクテリアの継承の観点から行わなくなりました。

◆テラリウム用の人工洞の制作に挑戦!
2004CIMG4287.jpg
2004CIMG4284.jpg

これだけのために作業台と電動ドリルを購入!(^^;
凝り性だったなぁ・・・
今でもありますけど、80mmくらいの個体でないと入れないかもです(^^;

◆Qボックスの通気性を確認
DSCN5610.jpg
DSCN5614.jpg
一見閉鎖しているように見えるこの容器もドライアイスを気化させてみると十分な通気性があることが確認できました。
それ以後は穴をあけずに使用していましたが、コバエの侵入を防ぐことができず使用をやめました。
積み重ねた時の安定性は抜群なのですが・・・。

◆菌糸ボトルの通気性向上とその効果
DSCN4325.jpg
ボトルの通気性を上げてやろうと底に穴をあけてみました。
メリットよりもデメリットを感じた実験となりました。

◆冬期産卵成功のための条件を検討
DSCN5674.jpg
当時は、ブリード3年目くらいで、少しでも優れた種親を少しでも早く使いたいとの衝動に駆られ、新成虫をその年内にブリードしていました。
速やかに産卵行動に移行させるため、乾燥している日本の冬期には、湿度を高めてやることが大切であることがわかりました。

◆安全な人工蛹室の追及
DSCN4545.jpg
DSCN4546.jpg
前蛹から蛹化をめざすと人工蛹室の素材によって、決まってこの状態で★となっていきました。
個体にやさしくない素材があることがわかりました。
基本的に前蛹での移動は控えるべきですが、私が試した中ではオアシスを使ったものが最も安全でした。

◆菌床、ゼリーの水分含量について
DSCN5052.jpg
DSCN5848.jpg
105℃で水分を飛ばし、減少した質量を測定し比較しました。
実験サンプルは以下のものでした。
DSCN6132.jpg
IMG_0423.jpg
今はないものもありますね!
ゼリーに関しては、HPの読者からご厚意でサンプルとして送られて来たものもあります。

◆菌糸ビン内温度の測定
DSCN6130.jpg
菌床を詰めた直後から菌糸が回る段階でどのくらい発熱し、外部と内部の温度差がどのくらいあるのか興味が湧いてチャレンジしたものですが、今思えば温度計の精度に問題があります^^;

こんなところですが、取り組んだ内容やその質はともかく、ブリード3年目当時がいかにモチベーションが高く、とても精力的に取り組んでいたことを垣間見る思いです。
ダニの研究に加え、1年間でこれだけのことをやっていたのですから・・・(@_@)

当時はまだ40歳でしたから気力・体力が充実していたのでしょう・・・(笑)
最近は、そんな元気はどこにもありません(^^;

それでも、今年は不足している気力・体力は、経験と知識で補いながら過去最高の結果に挑戦する思いでいます。
昨年度が悪すぎましたから・・・。
しかし、生体を相手にしている以上、やってみないとわかりません。
逆に夢は大きくなり妄想が拡大します(笑)

さて、いよいよ来週から産卵セットを組んでみようと思います!!
[ 2016/04/10 21:43 ] 自由研究 | TB(-) | CM(8)
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR