waizuの観察記録や検証結果を公開しています
月別アーカイブ  [ 2017年06月 ] 

飼育あれこれN0.13 -菌糸プリンカップ活用法-

本日は、菌糸入りプリンカップをとりあげてみます.
旬のネタのタイミングを逸してしまいましたが・・・(;^_^A

幼虫を割り出した際、そのまま菌糸ボトルに投入する方が効率はいいと思います。
しかし、割り出し後の幼虫の状態を確認してから菌糸ボトルに移行する方が安心であり、菌糸ボトルを無駄にする確率も下がるでしょう。
また、菌糸ボトルを準備するにあたり、幼虫数を掌握するには一時保管が有効です。

ただ、この場合は、発酵マットでも全く問題ありません。
むしろ、カップに入れてすぐに使用可能な発酵マットの方が簡便で使い安いと言えます。

では、なぜ私が菌糸プリンカップを多用するかと言うと、一時保管の期間が長くなっても焦らずに計画を立てられるからです。
発酵マットで2令後期まで飼育してから菌床飼育に切り替えてもそれほどの影響はないと思いますが、私は最初から高栄養で飼育しておく方がベターと思っていますので・・・。
私は、割出しのタイミングは重視していて、確実に初令で取り出すことにしていますが、そのタイミングで120ccの菌糸プリンカップに投入してみると4週間くらいは全く問題ありません。場合によってはそれ以上でも大丈夫でしょう・・・。
その4週間という余裕ある期間の中で、菌糸ボトルの準備、飼育数を調整するためのオークション出品(準備→落札→発送→受け取り側にも時間的余裕あり)などを行うことが可能です。

余談はそれくらいにして、本日お伝えしたかった本題に入ります。
菌糸カップは、どこに通気口をつくり、どうやって幼虫を投入するのがベストなのか?
これまで、いろいろ聞いてみましたが、決め手がありませんでした。
私は使用の際、積み重ねて使えると省スペースで管理でき効率的なのに・・・とずっと思っていました。
昨年もブログで紹介しましたが、私が考え出した使用法を掲載しておきます。
(他でもやられているかもしれませんが、私なりに独自に考えてこうしています)

菌糸プリンカップ例

このように、左右の端に充分な空気をプールできる空間を設け、フタをして積み重ねても通気性が保たれるよう、押しピンなどでカップの側面から穴をそれぞれ2~3個、念のためフタにも空間部分にだけ2~3個小さな穴を空けて使用しています。
水分を保持するため、他には一切空けていませんが、この2年で100頭以上を試して問題はありません。

昨年この記事を掲載した際、クワ友さんが「業者の人に聞いたら本来プリンカップは重ねて使用するようにつくられていないと言われました」とか「重ねたら熱で菌糸が劣化します」とか言われたと教えてくれました。
そもそもプリンカップは幼虫飼育用のものではないと思うのですが・・・。
私は、重ねて使用する方法を考えていてこの方法にたどり着きましたが、特に劣化が早いこともありません。
何事も工夫と検証でよりよい方法に巡り合えるのではないでしょうか?

最近は、里子やオークションであちこちに菌糸カップ入り幼虫をお届けしていますが、「なぜwaizuはこんな使い方をしているんだ!」と思われそうなので、その回答も含め、紹介してみました。
発送の時は、安定させるために積み重ねていないのですけどね!
スポンサーサイト
[ 2017/06/27 22:41 ] 飼育あれこれ | TB(-) | CM(-)

近況報告

最近は、クワ以外のことで多忙な日々を過ごしていました。
やっと時間をつくって割出を完了しました。

私の場合、目標140頭でしたので、14ラインからセーブ気味に採卵し約200頭を割り出すことが出来ました。
余剰は里子にも出しましたが、オクにも出品しましたので、興味のある方は右のツールバーからご覧ください。

やはり遠慮なく採卵し、300頭規模で飼育できればよいのでしょうが、飼育しすぎると大変なストレスになります。
また、飼育ラインは掲載しようと思いますが、少ないラインは数頭程度(;^_^A
ほのぼの飼育で楽しもうと思います。

また、久留米は保険の予備ラインも準備しましたが、1ライン目が順調であったため、その1ラインに絞りました。
16頭の初令幼虫が確保できています。
これで、2017-KURUME LIMITED BATTLEにも参加できます!
早く申し込まないと行けませんね!

こんな感じですが、何はともあれブリード2017も順調にスタートを切ることができました!(^^)!
[ 2017/06/20 21:04 ] ブリード2017 | TB(-) | CM(-)
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR