waizuの観察記録や検証結果を公開しています

飼育の歴史【2002年当時】

私が菌床飼育を始めた頃、最初に熟読した本が、前回紹介した月刊むしNo.328「クワガタ特集号10」でした。
この本を知らない方のために、そこに書かれていた飼育法の概要を簡単に紹介します。
まず、オオクワガタ菌床飼育のスーパーテクニック(2)では、ギネスポットを使い、1本目をすべて1リットルのボトルで25℃に設定、正確に2ヶ月後に♂は4リットルのボトル室温飼育とあります。
この飼育では、3本目への交換も正確に2ヶ月後に行われ、その理由を短期で交換することにより、菌床の劣化とダニの被害を最小限に止め、菌糸ビンの長所を最大限に引き出せたとあります。
また、もう一つの菌糸ビンによる超大型個体作出法では、予め何種類かのレシピで作製された菌糸ビンの優劣を比較し、結果のよかったものをチョイス!そして1本目450ccのビンを使用して平均25℃で飼育し、2本目への交換を♂は食痕半分以上ものを2000ccへ、♀食痕7割以上のものを900ccへ交換してあり、交換のタイミングに日数を規定せず、状況判断に委ねてありました。その後は27℃で飼育し、30℃で蛹化スイッチを入れるというスタイルも特徴的でした。(当時は低温飼育の概念はなかったようです。)

その他にも1999年頃の昆虫フィールド等の記事を見ると、菌糸活性を落とさないように40~50日で交換することを推奨する記載もあり、当時の菌床は今ほど持ちがよくなかったために、早目の交換をせざるを得なかった、それ故に早期交換が好結果をもたらしていたという見方もできそうです。

結局、当時の私は、「菌糸ビンへの投入はできるだけ早く初令中期までに!」と「ビン交換も早目に60日以内で!」の2点にこだわるようになっていました。

また、「菌糸ビンの容積は大きいほどよい」という考え方にも重きを置いていたように記憶しています。
当時、たまたまプリンカップ200ccで3令まで飼育したオオクワ幼虫がいましたが、、頭幅を測定すると明らかに小さく、羽化サイズも平凡なものでした。
この結果により、ビン容積に対する考え方は間違いないと思ったものです。
確かプリンカップ飼育した3令♂幼虫の頭幅は、10mmにも満たなかった記憶があります。
その頃、他のサイトで、金魚を引き合いに出して、大きい水槽で飼育しないと自ら成長をセーブして大きくならないように・・・とあり、妙に納得したものです。
スポンサーサイト
[ 2009/02/17 13:57 ] 飼育の歴史 | TB(-) | CM(-)
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 04月 【5件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR