waizuの観察記録や検証結果を公開しています

オオクワ飼育の効率化-4-

まずは、前回記事に対して少々補足を・・・。
産卵セットの際、いくら材をかじっていても産んでいないことがあります。
そんな時、長くセットしたままでは、時間や材の無駄、そして♀にかかる負担も無駄になります。
それらの無駄を軽減するため、私は産卵セット1週間以内に1度、産卵痕のところをマイナスドライバーで軽く剥離させ卵の確認を行っています。
色艶のよい卵が見つかれば成功!あとは、設定した産卵期間を継続させます。
もし、その時点で産卵痕が空であった場合、再ペアリングに回せば、効率的です。

さて、今日は効率化シリーズ最後となる菌床飼育です。
ムダと労力を軽減するためには、何事も回数を減らすことが手っ取り早いのではないでしょうか・・・?
私は、菌床もできるだけまとめて購入し、まとめて詰め、ビン交換もまとめて行えるよう、各系統の採卵時期をそろえるよう心がけています。
例えば数頭の♀から幼虫を採るとすれば、6頭すべてがペアリングを終えた状態で準備し、同時に産卵セットを開始できるようにしておきます。
そのためには、冬眠からの覚醒→エサ摂取による栄養補給→ペアリング→ダニ駆除の行程を順次行えるだけの余裕ある計画が必要です。
少数精鋭飼育の場合は、関係のない話ですが・・・・。

次にビン交換の回数を減らす努力です。
世間一般のビン交換回数の平均値はどれくらいなのでしょう・・・?
2~4回くらいだと思いますが、私の場合は、♂も♀も例外なく2回交換の3本返しです。
3ヶ月→2~2.5ヶ月→5~6ヶ月のサイクルを組んでいる訳ですが、今年は5~5.5ヶ月→5~6ヶ月のサイクルにも挑戦してみる予定です。。
1回のビン交換で済ますことができれば、経済面でも時間的にも肉体的にも大幅な軽減が見込める訳ですから!
そのためには、中粒子以上の菌床を固めに詰めることと、1本目から1400mlクラスの容積のボトルが必要となることでしょう・・・。
問題は最初から場所を取ることですが、長くよい状態を保つためには、害虫の混入防止とある程度の温度管理が必須となることは間違いありませんし、あと保湿性も考慮して乾燥しないようにする努力も必要なのかもしれません。
今後の検討課題です。

最後に温度管理です。
初令時の管理温度も24~25℃の標準温度帯、低めあるいは高めと管理者によって違いがあります。
また、低温管理時の温度も16~20℃の間で人それぞれ、しかもその設定した温度を継続する期間もこれまた様々です。
どれが一番よいかは、私自身もよくわかりませんが、労力の軽減という点では、成長期間は高めの温度で成長を促進し、低温期間はしっかり低めで充分な効果を見込むのがよいと思います。
こうすることで、充分なサイズを見込みながら全体の飼育期間を短縮できます。
1サイクルが12ヶ月を超えては、次年度の飼育計画を狂わせることになりますし、飼育期間の短縮それ自体が労力の軽減となります。

今日は、特によい話題提供ではなかったかもしれませんが、今回のシリーズを通して押さえておきたいことは、手間をかけることが本当に必要な工程なのか?ということです。
単なるこだわりに過ぎない手間であれば、省く方が価値的で、そのためには2群を設定して比較検証する必要があります。
多くのブリーダ-が比較検証を心がけ、より優れた飼育法を追求して行くことが盛んになれば、オオクワ飼育もより効率化され進歩していくことはまちがいありません。
スポンサーサイト
[ 2010/03/14 00:06 ] 幼虫飼育 | TB(-) | CM(-)
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 07月 【3件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR