waizuの観察記録や検証結果を公開しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

すごい確率!

今日は、久留米アウトラインでの出来事を紹介します。
このラインは、4月21日から6月6日まで産卵させました。
最初の2本で30頭を超える初令幼虫が採れ、数頭を販売し、自己飼育分として24頭が確保できていたため、3本目で採れた12頭は、里子に6頭、オークションに6頭回しました。

最近になってわかったのですが、これらの一方は6頭すべて♀、もう一方は1頭★、1頭♂、4頭♀ということで、1本の材から採れた幼虫12頭のうち♀が10頭という普通ではあり得ない結果となりました。
この確率にただ驚いています。
私も過去にオークションで初令幼虫6頭を購入し、1♂5♀の経験がありはしますが・・・。

こうしてみると、初2令幼虫販売もうまく行かないことがあるようです。
今年は、できるだけ★が出ないよう、菌床プリンカップを作製して食痕を確認しながら発送し、万全を期したつもりでしたが、思わぬ落とし穴でした。
最近は、3令幼虫ペアをオークションに出しましたが、こちらは偏りの心配はないものの、やはり不安があります。
「途中死亡、羽化不全なく羽化するだろうか・・・?」「幼虫体重に見合った成虫サイズになるだろうか?」「期待されるフォルムで出てくるだろうか?」「次世代を残せるだろうか?」など。
しかし、30g付近は78mmに終わってしまう恐れもある半面、もしかすると83mmに迫る可能性もあり、3令幼虫の場合、一瞬の夢をみることができます。
現実はそんなに甘くないでしょうが、出来る限り素質を引き出して羽化させ、あとは運というか巡り合わせなのかもしれません。
私のところの幼虫たちが、飛んで行った先で大きくかっこよく、無事に羽化してくれることを願っています。

では、出来る限り素質を引き出すにはどうすればよいのか?
ポイントは、低温飼育で引っ張り、暴れさせずに蛹化させることに尽きると思います。
暴れれば一晩にして10~15%の体重減となります。
実は、ビン交換時にも似たような体重減が起きています。

余談ですが、先日こんなことをしてみました。
久留米アウトライン幼虫ペアをあと2セットくらい出品しようと思って確認したところ、自分用のきたないボトルに入れたものばかりでした。
そこで、ビン交換後3週間経過したものをきれいなボトルに交換したところ、30.5g→26.9gで、まだ元に回復できていないようでした。
それを見た私は、1例ではわからないと思い、さらに2本のビン交換を行いましたが、29.6g→27.0g、29.2→26.5gと似たような傾向でした。
おかげで、体重減によりオークションには出せなくなりました。(^_^;)
時間をかければ回復するはずですが・・・。

この結果からも、低温飼育下でのビン交換後には、十分な熟成期間を設け、体重回復+微増期間を設定する必要があることがわかります。
ちなみに2本目のビン交換時では、話がちがいます。
成長期に24℃以上で飼育している訳ですから、ビン交換後1ヶ月もあれば5gくらいは楽に増加することがあります。
混乱を招かないよう確認させて頂きました。

当たり前のことですが、蛹化前のビン交換や暴れは致命的となることがわかります。
逆にこの期間が幼虫飼育の総仕上げ期間として極めて重要な意味を持つことがわかります。
さあ!全国の大型をめざすブリーダーのみなさん!
幼虫飼育もいよいよ大詰めです。慎重にあせらずがんばりましょう!!
スポンサーサイト
[ 2010/11/18 22:40 ] 個人的意見 | TB(-) | CM(-)
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
月別過去ログ

2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。