waizuの観察記録や検証結果を公開しています

同腹♀による興味深いデータ

あまりパッとしない成績ですが、久留米1番系統のデータを紹介します。
※2012.7.4飼育表を差し替え(1~3は途中譲渡のため欠番)
久留米1番飼育データ
この系統は、久留米854を出した2番系統と血統的な背景は全く同じ配合で、親♀同志が同腹の関係にあります。
サンプルが少ないとは言え、差は歴然で、この1例だけでも♀の当たりハズレを実感できます。
では、次世代で使用した場合はどうなのでしょう・・・?
血統的には同じであるため1番にもよい結果を見込めるのか?はやり実績がものをいうのか?
当たりの確率が違ってくるのか?
簡単には答えはでないでしょうが、毎年心に留めてデータを蓄積して行けば、何れ見えてくるかもしれません。
そんな思いから、1番の♀53.2mmを来年の種親として残しました。

ところで、この1番からは、他にも発見があり、勉強させてもらいました。
昨春の初回ペアリング後の産卵セットで、黒い卵を複数産み付けました。
ダメもとで再ペアリングし、セットしたところ、健全な卵を産み始め、今回の結果となりました。
決してたくさんの卵を産んだ訳ではありませんが、黒い卵の現象に遭遇した際は再ペアリングで回避できる場合があることの実例となっています。
ただ、このような現象での再ペアリングは、産卵数が少なくなる傾向にあるのか、今回は偶然そうなったのか?
私はこのよな些細な事例に遭遇しても、その真相を確かめたくなります。
余談ですが、空砲を連発し、「種なし」又は「♀の生殖機能の欠如」として片づけられる事例に関しても、再ペアリングで回避できる場合があることを知っておいてください。

私の個人的な意見ですが、春先は体内時計の影響などにより交尾行動を起こしても受精嚢への精子の注入がうまくいかないことが起こっているのではないか・・・?
仮説の域を出ませんが、冬眠から覚醒間もない時期で多く遭遇することからそんなことを考えています。

また、♀親のエサとの関係ですが、なんとなくエサ慣れしていない場合は、データがばらつく印象です。
途中での★の割合や羽化不全への影響は、まだよくわかりません。

話はそれましたが、せっかくの機会と思い何点か確認させて頂きました。
ペアリングに関しては、失敗すればすぐにキッパリあきらめるのも一つの飼育法!
しかし、限られた親で頑張る場合は、粘ってみる価値はある!と言うのも私の意見です。
再ペアリングの場合は、経験的にマットを薄く敷いて1週間以上同居させるのがよいと思いますが、同居期間が5日を超えてくるとリスクも増大傾向にあります。
ハンドペアリング回数(交尾時間)と成功率なんてデータも出してみたいと思っています。

まだ86mmは出せませんが、オオクワ飼育の中には楽しみが満載です!!
スポンサーサイト
[ 2012/07/02 00:10 ] 観察&考察 | TB(-) | CM(-)
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR