waizuの観察記録や検証結果を公開しています

質問への回答

では前回の質問への私の回答を載せてみます。
ベストアンサーではないと思いますのでご了承ください。

1.蛹室を作ったようにみえる幼虫を冬温度にするとどうなんでしょうか?

この問題のポイントは、蛹室を作ったように見えること自体をどう判断するかです。
確実に蛹化スイッチが入り蛹化に向かい始めているのであればいくら温度下げても蛹化を止めることはできません。
一方、まだ蛹スイッチが入っていないのであれば、温度を下げることで蛹化を阻止できます。
蛹室の空間がネットリして壁で覆われ始めたら蛹化スイッチが入っていると見てもよいと思いますし、お尻にシワが発現してくればもう前蛹であり、温度を下げてもどうにも止まらなくなります。
ここであまりに温度を下げれば、蛹化後に★となるのではないかと思います。

あと、冬温度というあいまいな表現ですが、あまりに低い温度では★となるでしょう・・・。
何度まで耐えられるかを実験したことはありませんが、18℃で飼育したことはあります。
以前、低温で飼育すれば大顎が太く孵化すると言われ蛹の低温管理が流行しましたが、あまり効果は感じませんでした。
ちなみに、変温動物であるクワガタは温度の影響を強く受けるため、18℃付近で蛹を管理した場合、24℃で管理した時の倍近くの蛹期間となります。

2.早期羽化の個体、羽化から1ヶ月前後なんですが未後食のまま越冬させていいものでしょうか?

これは単にOKです。
羽化から2ヶ月は食べないと思いますので、ゼリーも必要ないと思いますが、心配ならゼリーを入れておくとよいかもしれません。
私は、使用しない個体なら羽化後早々に低温にして管理下から外しておきますが、早期羽化させ来春使用予定のものでは、羽化時期によっては温度管理します。
これは、温度が高い方が成熟までの期間が短いとされているためです。
今回プレに出した個体のように9月に羽化していれば冬眠させても来週に使用できますが、11月~12月に羽化した個体を来春使う場合、冬温度では成熟しない可能性が懸念されます。

こんなところでいかがでしょう?

明日は、いよいよプレ申込みを締め切りますが、13時過ぎには一度申込者全員を掲載しますので、申込みされた方は漏れがないかの確認をお願い致します。
その上で、夜には抽選会に参加できる17名と枠順を発表する予定です。
申込者には当初16名と申し上げていましたが、ジャパンカップはフルゲート18頭でした。
しかし、登録馬が17頭のため17名となりそうです。
もし、出走を取り消す馬がいれば17人未満になることもご了承ください。


スポンサーサイト
[ 2012/11/20 22:56 ] 飼育Q&A | TB(-) | CM(3)
こんにちは。なるほどですね!!
何となく思っていたことと合致しましたので安心しました。
恥ずかしながら
私はネットリ空間なのか、そうでないのかの区別がいまいち苦手です。
ネットリ空間を作っていると思っていた幼虫が
何日か後には空間から移動していなくなっていることがよくあります(笑)

[ 2012/11/21 14:27 ] [ 編集 ]
こんばんは。皆さんからの意見ありがとうございます。そしてwaizuさんからの回答(解答)ありがとうございます。

ネットリ空間を作ってる幼虫がいます。これを 「蛹室を作ったように見える」 と今回表現しました。

蛹室を作ったとしてもシワが発現する前なら蛹化阻止もできる、という考えよろしいでしょうか?


それと早期羽化の件ですが、来年使用予定なら成熟期間を考えるべきなんですね。羽化一ヶ月で越冬させたりするなら、他の個体より早めに目覚めさせてあげる、とか・・・。


あとは実際に経験してみます。大変参考になりました。いやー、勉強になりました。

ありがとうございました!!
[ 2012/11/21 20:46 ] [ 編集 ]
プレ準備で手一杯なので、簡単に解答させて頂きます。

ネットリ空間を作り始めた場合、おそらく温度を下げても阻止できないと思います。
昆虫の変態には、ホルモンが関与する訳ですが、一度変態ホルモンが出始めてしまうと不可逆な変化だと思うのですが・・・。

また、成熟期間ですが、個体差があって夏場であれば、早ければ3ヶ月、でも遅ければ5ヶ月なんてこともあります。
すると、確実性をとれば高い温度でしっかりとした期間を確保するべきとなります。
でも、冬眠させて早めに起こしても大丈夫だと思います。
[ 2012/11/21 22:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 04月 【5件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR