waizuの観察記録や検証結果を公開しています

ブリード2012の初令幼虫死亡率と考察

能勢の飼育経過を報告しようと思いましたが、今年は忙しかったため飼育表の管理がおろそかになっており、まずは飼育データの整理から始めないといけないようです。

整理を開始してみて、やっと全体像が明らかになりました。
ブリード2012の初令幼虫割出数は、久留米58頭、能勢125頭の計183頭であることがわかりました。
今更かと自分でも思います。
久留米3ライン、能勢6ラインですべて産みきりと思われるまで産卵させてみましたが、今年は爆産に巡り会うことはなく、全体的に幼虫が採れていません。
各ラインの初令幼虫割出数は下記の通りです。
(久留米)5番16頭、6番16頭、8番26頭・・・計58頭
(能 勢)5番21頭、6番23頭、7番16頭、8番22頭、9番16頭、10番27頭・・・計125頭

この中からオークション、里子等で手放したものは、久留米25頭、能勢24頭となり自己ブリードは133頭でのスタートとなっています。
これから能勢の♂♀比や早期羽化個体数も把握した上で成績について報告しようと思いますが、今日は死亡率について触れておきます。

昨年は、能勢1番が1本目のボトルで3割以上が★となり、今年も死亡率の高いラインに遭遇するのではと心配していましたが、133頭でスタートして1本目で★となったのはわずかに2頭だけでした。
一般的に★や羽化不全率が高い場合、血の濃さによる弊害として説明される傾向がありますが、どうも違うようです。
今年インラインで交配したのは能勢5番と能勢8番ですが、★が出たのは久留米5番と能勢6番での1頭ずつでした。
知人からの情報で、能勢YGアウトラインから3割を超える死亡率が報告されていることから考えても、死亡率が高い場合の原因を血の濃さだけで片付けるのは間違っていると言えるでしょう。

もうひとつおもしろいことがあります。
それは、今年の2死亡例がどちらも菌糸プリンカップで1週間以上一時保管した後に800ボトルに投入していることです。
オオクワ飼育情報の中には、割り出し時の幼虫への傷害による死亡で菌糸ビンを無駄にしないよう、発酵マットなどでの一時保管が推奨されているものがあります。
確かに下手な割り出しをすると上記操作が必要になりますが、今回の結果から判断すると、適切な手技で割り出すことができれば、直接800ボトルに投入した方が効率的です。
また、2死亡例が共に一時保管組であることから、エサに慣れた状態で投入しても★となるものは出てくることがわかりましたので、その意味でも一時保管という行程が必要であるとの根拠も乏しいのではないでしょうか?
ただし、上手に割り出すには慣れと経験も必要ですが、割り出しやすい材の選別、割り出し方、幼虫専用ピンセットの使用など、環境や手技を見直すこともポイントになると思います。
スポンサーサイト
[ 2012/12/03 13:29 ] 観察&考察 | TB(-) | CM(4)
こんにちは
僕は始めたばかりでよくわかりませんが、色んな方の飼育データを拝見するとイン、アウトどちらでも★は出るし★となるステージも様々と感じますので逆に傷害がなければプリカ投入が無駄と感じます。
とは言え、僕は今年ボトル投入前に★になる個体と♂♀判別のためにも3齢初期までプリカ管理としました(汗)結果waizuさんの半分も飼育していませんが★は1頭も出ません。
[ 2012/12/03 16:42 ] [ 編集 ]
こんばんは。
興味深い記事ですね。
うちは今期のYGアウトの2番が49頭中13頭も2本目交換時に★になっていました。
割出後即投入で、時期も4回(4月・5月・6月・7月)に分けています。
しかし、どの時期も★が必ずいます。
割出技術もあるかもしれませんが、他のラインと比較しても異常です。
ちなみに2本目以降はいません。不思議でなりません・・・。
[ 2012/12/03 20:18 ] [ 編集 ]
こんばんは。★に関しては血の濃さだと思ってましたが一概に言えない?

関係ないかもしれませんが発酵マットの入ったプリンカップで一週間ほど過ごしてもらった幼虫をボトルに投入すると、潜るのに時間が掛かってた幼虫が数頭見受けられました。割り出し後すぐ投入した幼虫はスムーズに潜っていくのに・・・

関係ないですけど・・・^^;
[ 2012/12/03 21:11 ] [ 編集 ]
みなさん、長めのコメントありがとうございます。

一括してコメントさせて頂きますが、能勢YGはほとんど★の出ないラインと3割以上★が出るラインがあちこちで散見されます。
それを血統背景などから予想するのも難しそうです。
実は、アウトラインと思っていても能勢YGとう閉鎖された血統の中で考えれば血は濃くなっているのかもしれませんが・・・。
でも私の能勢5番と8番は相当濃いと思いますが、何ともありません。

そうそう、3令までプリンカップで飼育すると大きくならないので気をつけましょう!
[ 2012/12/03 22:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR