waizuの観察記録や検証結果を公開しています

今年の予定

少し遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

2013年がスタートしました!
みなさんも様々な目標を胸に秘めて新年のスタートを切られていることと思います。

私もいろいろなことを考えながら新年を迎えています。
私の場合、特大個体を羽化させることを最大目標とする一方で、自由研究テーマをみつけて検証することもブリード途上の楽しみです。
残念ながら、昨年は思うように時間がとれず、これといった検証はできませんでした。
やはり、何か検証課題を盛り込んでおかないと楽しみも半減してしまいますねぇ・・・。

そこで今年は、まずashtaka製プレスマシンを使って楽しんでみようと思っています。
手詰めには労力が必要となりますが、ボトルの材質・大きさの選択、詰める固さの調節、添加剤の追加、異なる粒子のブレンドなど、選択肢の幅を広げることができます。
巷には、ボトルの材質は通気性に優れたポリプロピレンがよいのでは?とか、透明ボトルは劣化が早い気がするとか、固く詰め過ぎると初2令時の成長が悪いとか、特定の添加剤により体重増加が見込めるなどの気になる情報がたくさんあります。
しかし、それらの情報には、明かな根拠が示されていないのが現状です。
このようにテーマはいくらでもあるため、検証魂の血が騒ぎます。
ただ、たくさんの幼虫管理が難しいため、検証テーマを制限せざるを得ないことが悲しいところですが、その分長く楽しめると思っています。

もし、詰め方で差異を見つけることができれば、飼育技能向上につながる可能性もあります!
現代の飼育法では、差の出るところがなくなってきていますから、何か独自の手法を編み出せないものかと・・・。
そこで、今年は詰め方によって、飼育成績、劣化状況、ビン内酸素濃度、コストなどにどの程度の差が出てくるのかを検討する予定です。
何か気づくことがあるかどうかはわかりませんが、まずはやってみることにします!

もう一つ気になっているテーマにエサ慣れ現象があります。
この検証を行うために、2年連続して同じ菌床で飼育した♀を数頭準備してあります。
これらから採れた幼虫を2群に分け、同じ条件下で2銘柄の菌床で検討すれば興味深い試験となることでしょう!

こんなことを考えていますが、それを邪魔するものがあります。
それは、たくさんのラインをブリードして結果を見てみたいという欲望です(笑)
どの配合が当たるのだろう・・・と考えているとどれも交配してみたくなります^^;
一方、より正確な検証を行うためには、まとまった数のサンプルが必要となります。
この相反する現実をどこでバランスを取っていくのかが今後の課題となります。

今後、ブリードラインを検討し絞って行く予定ですが、結局絞り切れずに多ライン少頭数制になるかもしれません^^;
ただ、幼虫が採れすぎた場合はヤフオクデビューも視野にいれ、遠慮なく産卵させる予定です。

毎年この時期になると、1000頭を完璧に温度管理できる環境下で、毎日朝から晩まで飼育管理に没頭できる1年間が与えてもらえたらなぁ・・・と実現し得ない妄想をしている自分がいます。
冗談はさて置き、みなさんに喜んで頂けるような興味深い記事を一つでも書けるよう、地道にやって行きたいと思っていますので、本年もどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト
[ 2013/01/04 19:58 ] 個人的意見 | TB(-) | CM(20)
あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
検証楽しみにしております。
当方では2銘柄の菌床、2種類の温度サイクルを検証中です。
[ 2013/01/04 21:42 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます
今年も宜しくお願い致しますm(__)m
我が家は数十頭しか飼育しませんので検証が出来ませんが、今はただただ大きくな~れ大きくな~れと祈り続ける日々です(笑)
ようやく最近祈りだけではどうにもならない事がわかってきました(爆)
[ 2013/01/04 23:28 ] [ 編集 ]
新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

いつもとてもためになる検証結果を提供いただき、ありがとうございます。
ぜひ、本年も様々な検証お願いいたします。
楽しみにさせていただいております。
よろしくお願いしますね
[ 2013/01/05 00:08 ] [ 編集 ]
こんばんは!
明けましておめでとうございます!
エサ慣れの検証は、とても興味深いです。今年2年目になる我が家では、高蛋白の菌糸で育てた♀を累代していく、検証をしていきたいと考えています。
エサ慣れと同じですね。
[ 2013/01/05 00:45 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

ボトルの材質は、ウチでも気になるところで、異なったものを試していますが、サンプル数が少ないとハッキリとした傾向が掴めないため、今期も比較してみます。

詰め方による飼育成績の優劣は、とても興味があります!
是非、検証の結果を楽しみにしています。
[ 2013/01/05 10:16 ] [ 編集 ]
今年もよろしくお願いします。
ashtaka製プレスマシンは最高ですよ。
今年はガンガン詰めまくります(笑)
私もないとは思いますがたくさん採れたらオクにでもだそうかな。
頑張りましょうね。
[ 2013/01/05 12:11 ] [ 編集 ]
明けましておめでとうございます。
色々な検証ネタ楽しみにしております。
当方のブリードラインは多数少頭数(1ライン10頭前後)で臨む予定です。
取れすぎたラインはクワ友飼育してもらい
当たり、外れを見極わめる予定にしております。
Waizさんにこれ以上離されないように
頑張りますので宜しくお願いします。
[ 2013/01/05 13:47 ] [ 編集 ]
今年もよろしくお願いいたします。
我が家も久留米での超優良ライン作出を念頭に、
これからも楽しみたいと思います。

餌慣れについては研究課題として大変興味深いですね。
平均値で見るか、最大個体サイズで見るか?
その1年の結果で見るか、累代を経て判断するか?
いずれにしても数年の検証は必要ですので興味は尽きません。(*^_^*)
[ 2013/01/05 17:40 ] [ 編集 ]
こんばんは。
明けましておめでとうございますヾ(o´∀`o)ノ
昨年は様々な情報をありがとうございました!
本年も宜しくお願い致しますm(_ _)m
本年度の研究結果も楽しみにしております!
[ 2013/01/05 21:09 ] [ 編集 ]
Re: あけましておめでとうございます。
みなさん、たくさんのコメントをありがとうございます。

dapさん

こちらこそよろしくお願い致します。
特にwaizu久留米2番を1(*^^)v

> 当方では2銘柄の菌床、2種類の温度サイクルを検証中です。
菌床も2種類以上使い各個体に同じ銘柄を通して使おうとすると、菌糸の準備や管理が面倒になり苦されることもあるでしょう・・・。
それに温度のパラメーターまで加わると管理が大変だと思います。
せっかく検証されるのであれば、誰が見ても適正な実験結果と言えるような成果を期待していますので、がんばって継続してくださいねっ!
[ 2013/01/05 21:57 ] [ 編集 ]
Re: あけましておめでとうございます
アンクさん、こんばんは。

こちらこそよろしくお願い致します。

> ようやく最近祈りだけではどうにもならない事がわかってきました(爆)
私も昔は気合いで大きくしようとしていましたが、ダメでした^^;
やはり、血統、エサ、温度管理をしっかりやらないと結果は出ませんね!
しかし、これらをキチンとやれば、だれでも83~84mmは出せる時代になっていると思いますので、今年は祈り以外の部分もがんばってみてくさい(*^^)v
[ 2013/01/05 22:00 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
鍬野家こうすけさん、こんばんは。

本年もよろしくお願い致します。

> いつもとてもためになる検証結果を提供いただき、ありがとうございます。
> ぜひ、本年も様々な検証お願いいたします。
ためになる情報ですかぁ・・・。
では、本年のためになる最初の検証には、固詰め菌糸ビンに適したスパーテル(スプーン)を採り上げてみましょうか?
私は、HSを使うようなった2年前から自分で加工したスパーテルを使用していますが、最近、プレスマシン対策としてどう加工するのが使いやすいか研究しています。
これだけプレスマシーンが普及してくれば、掘ることに苦労する人もおられると思いますので、そのうちに公開してみましょう!
Web情報として提供されていますが、私は機械に弱いのでグラインダーなどは使用しない方法です。
[ 2013/01/05 22:17 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは!
タケセイヨウさん、こんばんは。

本年もよろしくお願い致します。

> エサ慣れの検証は、とても興味深いです。今年2年目になる我が家では、高蛋白の菌糸で育てた♀を累代していく、検証をしていきたいと考えています。
> エサ慣れと同じですね。

興味のあることは、どんどんやっていきましょう!
こうして、多くの人が比較してみようという心構えでブリードに取り組んで行けば、より結果が見えてきやすくなると思います(^^)v
よろしくお願い致します。
[ 2013/01/05 22:20 ] [ 編集 ]
Re: あけましておめでとうございます。
桑名鷹さん、こんばんは。

本年もよろしくお願い致します。

> ボトルの材質は、ウチでも気になるところで、異なったものを試していますが、サンプル数が少ないとハッキリとした傾向が掴めないため、今期も比較してみます。

そうなんですよね!
少々のサンプルでは違いがわかりません^_^;
これまで、多くの人が、ある事例に対して特に問題を感じないから差がないと主観的判断で結論を出してきました。
違う事をすれば何か差があるはずです!
もし、差がないのであれば、同等性試験によって差がないことを証明して初めて同等であると言えますから・・・。
1年間のサンプルは少なくても、年を重ねてデータを蓄積すれば信頼性は向上してきますので、今年もがんばってくださいね!

> 詰め方による飼育成績の優劣は、とても興味があります!
> 是非、検証の結果を楽しみにしています。
そもそも、私自身、初2令時に固く詰めたボトルで飼育すると成長が悪いと思っていました。
ところが、HSボトルでは幼虫が大きくなるので、検証してみたくなった次第です。
下半分を超固く詰め上部を柔らかく詰めるなんてことも手詰めなら可能となりますが、差を判別できるかどうか・・・?
興味は尽きませんね!
[ 2013/01/05 22:28 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
よしくわさん、こんばんは。

今年もよろしくお願い致します。
金杯はゲットされましたか?

> ashtaka製プレスマシンは最高ですよ。
そうですかっ!!
私は、まだ置いたままです^_^;
検証用に菌糸ブロックを買ってでも試したくなりました。
こんな時が来るであろうと、木製ハンドプレスで私が詰めたボトル内容重量、HS既成ボトル内容重量を記録してあります。
果たして、ashtaka製プレスマシンで思い切り詰めると、どれらいまで詰められるのかとても楽しみにしています。

> 私もないとは思いますがたくさん採れたらオクにでもだそうかな。
目標700でしょ!(@_@;)
余品は出ないと思いますよ(笑)
[ 2013/01/05 22:37 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ニックTさん、こんばんは。

本年もよろしくお願い致します。

> 当方のブリードラインは多数少頭数(1ライン10頭前後)で臨む予定です。
> 取れすぎたラインはクワ友飼育してもらい、当たり、外れを見極わめる予定にしております。
それも楽しめるブリードの道ですね!
私は、30頭以上を確保したい勝負ラインと6~10頭のお楽しみラインに分けようかと思っています。
その上でサンプルの多い勝負ラインで検証を行う予定です。

> Waizさんにこれ以上離されないように
> 頑張りますので宜しくお願いします。
今年は、配合を強化しているので、がんばってついてきて下さいね!
今春羽化する久留米では負けると思いますが・・・^_^;
[ 2013/01/05 22:43 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
チョネさん、こんばんは。

今年もよろしくお願い致します。
> 我が家も久留米での超優良ライン作出を念頭に、
> これからも楽しみたいと思います。
相当優良ですよね!
私も久留米躍進の年にしようと配合強化を行っているので、負けませんよ!(*^^)v

> 餌慣れについては研究課題として大変興味深いですね。
> 平均値で見るか、最大個体サイズで見るか?
> その1年の結果で見るか、累代を経て判断するか?
> いずれにしても数年の検証は必要ですので興味は尽きません。(*^_^*)
その通りです。
研究というのは時間がかかります。
でも、その分楽しめることでしょう・・・。
エサ慣れの評価ですが、私は羽化した全個体のサイズ分布がよいのではないかと思っていますが、標準偏差とか数学的知識はありません^_^;
まずは、データ収集をがんばります!
また、結果も次世代まで追いかけることが理想ですが、それまでできるかどうか・・・?
もし、2銘柄で1年ずつ飼育すれば、3代目は両銘柄に万能になるのか?なんて仮説まで証明できれば面白いですよね!
[ 2013/01/05 22:51 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは。
田舎っぺさん、こんばんは。

本年もよろしくお願い致します。

> 本年度の研究結果も楽しみにしております!
やりたいことは多くともなかなか時間が取れません。
昨年は、プリプロピレンボトルとポリエチレンボトルにオオクワ♂成虫を入れて、酸素濃度推移を計測して通気性を比較してみる予定でしたが、それも出来ていません^_^;
世間で言われているポリプロピレンが通気性に優れているとの話は、サランラップのような極薄素材でのことであって、あんなに厚い素材で飼育に有利になるほど酸素が通過するとは考えにくいと思っています。
しかし、主観的な考察は間違っている事も多いので、検証してみたいのですが・・・。
これもそのうちに・・・。
[ 2013/01/05 22:58 ] [ 編集 ]
おはようございます。今年もよろしくお願いします。詰め方、エサ慣れの検証ですか・・・。でも結果をどうみるか、難しいですよね。waizu奉行の「検証魂」での名裁き、期待しちゃいます。
[ 2013/01/06 08:36 ] [ 編集 ]
ougoさん、こんにちは。

今年もよろしくお願い致します。
確かに評価は難しいかもしれません。
でも、やってみれば差がありそうかどうかは見当がつくと思います。
そこに有意差があるかどうかとなれば、統計学的な検定が必要となりますね^^;

まあ、詰め方などのように差の出にくい事象を比較する場合は、何年もやって100以上はサンプルを取る必要があるのかもしれませんが、どうしましょう^^;

大規模な検証が行えるオオクワブリード研究所が欲しいです(笑)
[ 2013/01/06 15:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR