waizuの観察記録や検証結果を公開しています

昨日の記事の補足

昨日は、waizuブリードの能勢10番ラインが他の環境でもよい成績を示していることを報告しましたが、その飼育菌床などが気になっている方もおられると思います。

相互リンクサイトでもありますし、一般公開されているデータなのでリンクを貼っておきます。
下記の飼育履歴の中にあります。

http://rikuou-kuwa.web.wox.cc/

ここをご覧いただくとわかりますが、♀親と同じHSで飼育されています。
私もじっくり拝見しましたが、私のラインはそんなに大きい親ではないのに・・・と思いつつ、やっぱりやってみないとわからないことを痛感しています。

せっかくなので、このラインの裏話をひとつ!
このラインは唯一というか、私のブリード人生初のハンドペアリングラインです。
わずか2回の交尾だけを確認してセットし、最終的に28頭の初令幼虫が採れました。
4/9~19セットから10頭、4/19~5/5セットから14頭割り出しました。
2回目の割り出し分からはオークションで5頭譲渡し、こちらもまずまずの成績のようです。

その後、3本目をセットする前にふとこんなことを考えました。
わずか2回の短時間の交尾では、精子が不十分で産卵数が伸びない可能性はないか?
それなら再ペアリングして追い掛けすれば、3本目での産卵数を伸ばせるかも??

そこで、2週間休ませしっかりエサを食べさせた後、5日間同居させて3本目にセットしました。
5/17~31までセットして6/21に割り出しましたが、採れた幼虫はわずか4頭でした^^;
ここで、失敗したなと思うのは、追い掛けもハンドペアリングで確実な交尾を確認するべきだったということです。
この試験では、5日の間に交尾した証拠を示せないため、実験としては失敗です。残念!!


結局、この確認試験で採れた4頭をどうしようかと考えた結果、手頃な頭数なのでオークションに回しました。
うれしい報告を演出したのが、その4頭です!
スポンサーサイト
[ 2013/01/09 22:24 ] ブリード2012 | TB(-) | CM(9)
こんにちは。
私からしたら825の種親なんて小さいとは言えません(汗)
うちのMAXは802です(笑)
今年はwaizuさんの仰っているハンドペアリングにも挑戦したいと思っています♪

全く話は関係ありませんがwaizuさんの意見を聞かせていただきたくて・・・(笑)
12年度飼育している久留米の730×460のペアから30gは出ました(笑)
3本目で29gには落ちましたが、種親からすれば満足しています。
同腹で1本目から菌糸を利用しているのは上記の1匹を含めると3匹オスですが
残りの2匹も3本目で29g程度ありました。うち1匹は4本目で27.1gですが(汗)

個人的に面白いと思ったのが
同腹で1本目と2本目をマット飼育したオス2匹とメス1匹がいるのですが
♂が28gと25.5g、♀が15.5gと健闘していることです(笑)
3本目は菌糸に入れてみました(笑)マットにすべきか悩みました・・・。

羽化サイズを見ないと何とも言えませんが 変な意味で楽しんでいる6匹です♪
[ 2013/01/10 11:04 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは。
田舎っぺさん、こんにちは。

> 私からしたら825の種親なんて小さいとは言えません(汗)
最初はみんなそうですが、サイズアップして85mmくらいを手にするようになると83mmくらいをみても普通かなぁ・・・と思うようになってしまいます。
おそらく全国のトップブリーダーの目には、85mmでも普通に見えると思いますよ^_^;
田舎っぺさんもその内知らず知らずのうちにそうなられると思います(^^)v

> 同腹で1本目と2本目をマット飼育したオス2匹とメス1匹がいるのですが
> ♂が28gと25.5g、♀が15.5gと健闘していることです(笑)
これはある意味凄いと思います!!
自作発酵マットの達人であれば、30gアップも簡単に出せるでしょうが、普通に市販の発酵マットに入れたのでは、そんなに大きくならないと思います。
ちなみに、どこの発酵マットなのでしょう?
[ 2013/01/10 11:56 ] [ 編集 ]
こん
マットはDOS製の安いやつですよ(笑)

1本目 DOS社製オオクワマット+添加剤(勝手に配合)
菌糸瓶が足りなかったので、産卵セット時に使用したマットの余りに
勝手に配合した添加剤を混ぜてみました(笑)成熟期間なし。

2本目 DOS社製オオクワマット
こちらはそのまま使用です(笑)

ちなみに神崎3匹とYG3匹でも同じマットで試していますが駄目ですね^^;

神崎は♂20g、♀6g、8.5g (菌糸飼育♂25.0g、27.5g ♀14.5g、15g)
こちらははっきりと差が出ました。種親は68×45です(笑)

YGはメスが2匹共11.5gで、1匹は★です。

どれも3本目交換時の体重です。


たまたまマットの相性がよかったんでしょうね。
[ 2013/01/10 14:39 ] [ 編集 ]
田舎っぺさん、度々登場いただきありがとうございます。

神崎とYGの結果が普通だと思いますが・・・。
久留米は異常に大きくなりましたね!
エサに対する順応性が高いのかもしれませんよ!?
もし、そうだとすれば、次世代は幅広いエサで大きくなるのでは?
あくまでも私の想像です^^;
[ 2013/01/10 22:20 ] [ 編集 ]
こんにちは。
2度程ハンドペアリングをしたのですが、上手く出来ず諦めました。
コツとかありますかね?
今年はどうしてもペアリングしたい親種がいるのですが、2♀を2週間同居させましたが、産卵しませんでした。
種なしの可能性もあるので、今年はハンドペアリングをするしかないので、出来たら教えてもらえませんか。
よろしくお願いいたします。
[ 2013/01/11 15:14 ] [ 編集 ]
こんばんは。ウチも今年ハンドペアリング挑戦するかもしれません。今回の記事を見るとの適正な量(適正なハンドペアリング時間?)はわかりませんが卵の数は成体によって決まってるんですかね?


全然関係ありませんがwaizuさんは大きい♂と小さい♀、またはその逆でブリしたことありますか?

どんな結果がでるんですかね?もちろん単純なものではないでしょうけど・・・。
[ 2013/01/11 20:43 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
Paxさん、こんにちは。

> 2度程ハンドペアリングをしたのですが、上手く出来ず諦めました。
> コツとかありますかね?
私もハンドペアリングは1度しか成功させていないように初心者です^^;
極太飼育者の中には、♀殺しのリスク回避とペアリング確認の目的ですべてをハンドペアリングで済ます方もおられます。
その方々であれば何かコツをお持ちかもしれません。
早ければセット後数分で交尾に至ることもあるそうですが、セットからそうなるまでの時間の平均がどれくらいなのかも私は知りません。
ペアの相性もあるでしょうが、ペアリング空間の広さなど成功率を左右する要因があるのかもしれません。

私が動画を公開したことで、それ見たハンドペアリング未経験の方々には簡単そうに見えたのでしょう・・・。
多くの人が、試みて断念されています。
基本的に簡単ではないのではないでしょうか?
私も動画を撮影するまで2時間以上はひたすら待ちました(笑)

コツがあるとすれば、「ブリーダーの根気」だと思います。
ハンドペアリングは、虫好きか観察好きでないと面倒な手法かもしれません。
[ 2013/01/12 12:42 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ougoさん、こんにちは。

使えない2文字って交尾ですよね?
使えますけど・・・?

> こんばんは。ウチも今年ハンドペアリング挑戦するかもしれません。今回の記事を見るとの適正な量(適正なハンドペアリング時間?)はわかりませんが卵の数は成体によって決まってるんですかね?

私の場合では、40秒と60秒くらいで約100秒の交尾時間を確認しています。
追い掛けの効果とか、休息期間とか検討の余地はあると思いますが、産卵数が決まっているような気はします。

> 全然関係ありませんがwaizuさんは大きい♂と小さい♀、またはその逆でブリしたことありますか?
> どんな結果がでるんですかね?もちろん単純なものではないでしょうけど・・・。
私は、基本的に大きくすることを主眼にそれぞれできるだけ大きいものを選別してきましたので、♂♀のサイズがアンバランスになったことはありません。
少々のサイズがあってもペアリングは成功すると思いますが、どうなんでしょうね?
[ 2013/01/12 12:50 ] [ 編集 ]
こんばんは!
私信しようかと考えましたが、あえてこちらに記載致します。
それと、少しほとぼりが冷めてからと考えての書き込みです(笑)

里子に頂きましたwaizuさんブリードの能勢10番ラインを2日間連続で記事に
して頂き、率直にうれしさ2割 恥ずかしさ8割でした。
それと裏話・・・、非常に興味深く拝見しました。
(ブリードメモに転記しました・・・笑)
もし多産していたら、私の手元に居なかったのでは・・・等と考え
大げさですが出会いに感謝しました。

このラインの幼虫は、菌糸瓶への潜りも早かったと記憶しています。
♂3の内2頭は完品で羽化してくれることを期待して春を待つことにします。

[ 2013/01/17 23:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR