waizuの観察記録や検証結果を公開しています

エサ慣れについて考える―前編―

最近、よく耳にするようになった「エサ慣れ」という現象は、どのように理解し対応して行けばよいのでしょうか?
大型作出に影響を及ぼしそうでそうでもなさそうなこの現象・・・。
その証拠に、次世代の菌床選択で必要以上に悩んだり飼育途中での銘柄変更を控えようと思い始めるブリーダーが出始める一方で銘柄変更など全く気にすることのないブリーダーも存在します。
このまま前者が増えていくと、ブリード自体が窮屈になってしまう方も増加することが懸念されるため、エサ慣れの本質がどこにあるのか私なりに思っていることを紹介してみることにしました。
明確な根拠を持っての記事ではないため、一個人の意見として読み流して頂ければ幸いです。

実は、この現象は西暦2000年前後の発酵マット飼育から菌床飼育への移行期にも注目されていました。
当時は、まだ菌床が高価である上に品質にも問題があったため、発酵マットでの飼育も盛んでしたが、次第に菌床飼育の威力が証明されるようになり一気に普及しました。
その際、2世代の継続使用によって菌床に慣れさせることで、より大きく成長するようになると言われていました。
こうして振り返ってみると、発酵マット⇒菌床への変更が一般菌床⇒高添加菌床への変更に置き換わっただけで、最近の話題に類似しています。

私は、菌床飼育が普及後は、その銘柄間でエサ慣れ現象が出現するとは思っていませんでしたし、現に近年までそんなことは大きな話題になっていないように思います。
私自身は、1年半前のビークワ40号に掲載されたことを機に少しは意識するようになりましたが、最近では特に高添加の菌床を販売する業者からエサ慣れを意識した情報が発信されているようにも思います。
これまでの情報を吟味してみるとスッキリしない点も多くあります。
例えば、7~8年前に他の業者が「この添加剤を使うと最高体重が3gは違ってくる」と言って販売していましたが、問い合わせた際に慣れが必要であるなどと言われることはなく、添加すればすぐに結果が出ると言われました。

最近の業者の説明では、添加剤の多いエサに慣れない幼虫は大きくなりにくいが、その高添加菌床を使って累代を重ねて行けば、エサ慣れにより高栄養価のエサを効率よく消化吸収できるようになり、驚くほど大きく成長するというものです。
ただ、エサ慣れを発信する業者も毎年レシピを少しずつ変更しているようですが、これってどうなのでしょう?
また、こんな情報を流す業者もいます。
最初から高添加の菌床を与えて大きくなる♀に出会うことができれば、それは大型作出への近道であると!
果たして真相はどうなのでしょうか??

では、全国に情報発信されたビークワ40号の記事の内容はどうでしょうか?
ここでは、「エサ慣れ」という表現は使われていませんが、大型化を狙う菌床の使い方として「3代続けて同じ菌床を使おう」とあり、実際に筆者が3代続けて同じ菌床で飼育したところ大型化しというものです。
ただ、大型化の原因に関する考察では、小島氏の「親虫から有用なバクテリアの受け渡しがあるため、同じ菌床で累代を続けた方が大型化しやすい」という仮説に基づき、3代続けて同じ菌床を使用したことが大型化の原因であると感じていると結んであり、筆者の主観的考察であることがわかります。
確かに累代により大きくなった事実はありますが、累代過程ではより大きな種親を選別しながら進めていくため、バクテリア継承以外の要因を否定しきれません。

私が知るこれまでの経緯はこんなところです。
次回は、自身の経験や多数の幼虫を飼育されているブリーダーの飼育結果などの現実を踏まえて考えてみたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2013/01/17 12:45 ] 個人的意見 | TB(-) | CM(7)
自分も餌慣れに関しては?です。
自分の使っている菌糸メーカーさんで1本目は高添加を入れています。
しかし2本目、3本目で同じ高添加で使って大きくなった成虫を複数♀ペアリングをしたら1本目で50%の★2本目で25%の★で結局ほとんど残らなかったそうです。
この親種1頭ならそうですが数頭同じ事が起きたようです。
なので高添加=大きいは、もしそうなってもリスクがあると言う事でした。

♀から酵母を幼虫に受け継ぐと言う話も、クワ友さんの中で卵で割り出す人がいます。
卵で割り出す事によって、菌糸ビンの数量の予想が付きやすいようです。
卵から孵化した幼虫はすぐに菌糸ビンに入れられるため酵母の受け継ぎは疑問が残ります。
そのクワ友さんは86mmを羽化させたので、酵母の受け継がれも?付きます。
酵母は菌糸から摂取するので、受け継がれも関係ない?のか判りません。
菌糸飼育から10年は立つのでクワガタの中で何か体質が弱冠変わったのではとも考えています。
[ 2013/01/17 13:42 ] [ 編集 ]
こんばんは。
waizuさん。こんばんは。
お題の餌慣れ・・・どうなんでしょうね。
私は初心者ですので、これまでの飼育との比較ができません(笑)
しかも大型飼育1年生ですので、80UPも未経験です(汗)
今年、出せるといいなぁって感じです!
前記事で言いました通り、菌糸選択に関しては後者の一人です。
できる限り銘柄を合わせようと意識していましたが
結果的にバラバラになった始末ですが・・・(汗)

4月・5月の割り出し分の1本目では、
はりきって添加剤の配合を10種類くらい準備して試してみましたが
結果・・・何も得るものはありませんでした(笑)
強いて言うなら、私の配合は意味がないということでしょうか(笑)
どれも似たような結果でしたので、今後は試さないと思います(笑)

話は変わりますが
最近、劣化の瓶を交換していてふと思ったのですが
『劣化』って菌糸瓶の側面の見える部分だけで 中は綺麗なんだな・・・と。
さらに以前記事にされてましたアオカビちゃんを遂に経験できました(笑)
上部にカビってましたが、上記の思いから羽化まで放置してみることにしました(爆)
劣化とは少し違う気がしますが、試してみています(笑)

いつもどうでもいい話への脱線すみません(汗)
[ 2013/01/17 17:54 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
Paxさん

こんばんは。
長文のコメントありがとうございます。

> なので高添加=大きいは、もしそうなってもリスクがあると言う事でした。
一口に高添加と言っても何が添加されてるのかどこも企業秘密なのでわかりません(笑)
添加する物質の種類でも違うと思いますし、これも奥の深い話です。

> ♀から酵母を幼虫に受け継ぐと言う話も、クワ友さんの中で卵で割り出す人がいます。
継承されるバクテリアは真核生物であるとわかっているのでしたでしょうか?

> 卵から孵化した幼虫はすぐに菌糸ビンに入れられるため酵母の受け継ぎは疑問が残ります。
> そのクワ友さんは86mmを羽化させたので、酵母の受け継がれも?付きます。
これだけでは何とも・・・。
もし、通常の割り出し方なら87mmを超えていた可能性も否定できません。
人間の臨床試験と一緒で、生命を対象にする場合、とても難しい面があると思います。
[ 2013/01/17 22:22 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは。
田舎っぺさん、こんばんは。

こちらも長文のコメントありがとうございます。

> できる限り銘柄を合わせようと意識していましたが
> 結果的にバラバラになった始末ですが・・・(汗)
私も飼育を始めた頃は、いろいろなエサを試すのが楽しくて、もうバラバラでした(笑)
4、5本ずつ内容を変えて試したりもしていましたが、今思えば信頼性の低い実験です^^;

> 『劣化』って菌糸瓶の側面の見える部分だけで 中は綺麗なんだな・・・と。
そんなこともあります。
ヒラタケ菌床だと壁面が肉厚となり劣化したように見えることもありますし、詰めが甘くて隙間ができるとその傾向は顕著になったり、ダニが発生しても表面が異常に変質することがあります。

> さらに以前記事にされてましたアオカビちゃんを遂に経験できました(笑)
> 上部にカビってましたが、上記の思いから羽化まで放置してみることにしました(爆)
そうですかぁ・・・^^;
経験することをお奨めはしていませんが・・・(笑)
カビは思ったより性質が悪く、だんだん浸潤してくることがあります。
私は、カビだけはそのままにしたことがありませんので、ある意味どうなるのか興味がありますが、蛹室まで浸潤するようなら人工蛹室への救済がベターだと思いますが・・・。
[ 2013/01/17 22:31 ] [ 編集 ]
こんばんは。エサ慣れ・・・どうなんですかね?本の記事や皆さんのブログ等読ませて頂き、エサ慣れはあるのでは?、って考えておりました。

確かにありそう、でも本当なのか?

私はあるのかもしれない、それなら菌糸を変えないほうがいいのでは?って思います。

ホントは色々な菌糸を試すといいのでしょうけど・・・。


話は変わりますがウチのカビボトルはまだ交換してませんwww
[ 2013/01/18 00:07 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ougoさん、おはようございます。

> 確かにありそう、でも本当なのか?

この現象自体はあると思います。
ただ、私が問題視しているのは、それがエサ慣れということなのかどうなのか・・・です。

> 私はあるのかもしれない、それなら菌糸を変えないほうがいいのでは?って思います。
> ホントは色々な菌糸を試すといいのでしょうけど・・・。

私は、菌糸は自由に変更しながら成績がよいのに当たった時点で次世代もそれで継続すればよいと思っています。
ブリードスタイルを無理に窮屈にする必要もありませんし、色々な銘柄を試した方が楽しいですから!

それに、優良ラインはエサ慣れ現象なんてそんなに影響を受けないと思っています。
そこら辺については、後編で!(^^)v
[ 2013/01/18 07:39 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/01/18 19:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR