waizuの観察記録や検証結果を公開しています

クワ作業効率化のノウハウ-エサ交換編-

昨日は、アンケート投票を設置したりしていて肝心の負担軽減策を紹介できませんでした。

※投票がまだの方は、2つのアンケートを終えてからゆっくり記事をご覧ください(笑)

まず最初に、ブログカテゴリをテクニック⇒ノウハウに変更したことを確認しておきます。
それは、これから紹介する実践例が、特殊な技術というよりも手順や段取りの見直し、作業能率を向上させるアイテム導入などによる総合的な取組みであるため、ノウハウの方がしっくりくるような気がしたからです。

私はこれまで少しでもオオクワ飼育作業の負担軽減を行うことで、時間的余裕を生み出せないものかとあれこれ改善を図ってきました。
今日から私の負担に感じるランキング上位5つに対して、5回に渡り私のちょっとしたノウハウを紹介してみますが、もっとよい改善策がありましたらコメント欄の方にアドバイスを頂ければ幸いです。

まず、私の負担ランク5位『成虫のエサ交換』から行ってみます!

交換は1~2週間サイクルで私の都合のよい日に実施します。
(産卵シーズンは頻度が高くなります)
まず、♂の飼育数だけ18gワイドカップゼリー、♀の飼育数だけ16gゼリーを準備し、全てに手際良くカッターナイフで十字の切り込みを入れ、一斉にすべてを交換します。
(エサの腐敗防止のためにすべてを交換します)
廃棄ゼリーはビニール袋に入れて生ゴミ扱いです。
ゼリーホルダーも使っていますが、迅速に交換できるようツメには留めず置くだけにします。
私の場合50頭くらいしかいないので、交換時間は20分程度です。

(補足)
以前は、経費削減のため♂には16gタイプをゼリースプリッターでカットして使用していましたが、時間がかかることとエサが飛び散ってマットの劣化が早まることなどの理由で廃止!(カットする時間だけでなく、刃の手入れをしていないと錆びてすぐに使えなくなります)
また、ゼリーサイズを使い分けるのは、16gタイプでは♂の顎刺し頻度が明らかに高く事故の際に抜きにくいこと、♀に18gワイドカップでは無駄というか食い散らかす場合が多いと思うからです。
大は小を兼ねるので、18gワイドカップですべてをまかなうのでもよいかもしれませんが・・・。

★追記★
ひとつ根本的なことが抜けていました。
それは、エサ管理が始まる前に手放し、エサ管理数を増やさないことです!
後食が始まるのが羽化してから2~3ヶ月後ですので、羽化1ヶ月後より積極的にオークションや昆虫教室などで手放すことを心がけています。
スポンサーサイト
[ 2013/01/31 10:58 ] 飼育上のノウハウ | TB(-) | CM(11)
こんにちは。
♀のゼリーは十字カッターで切っていますが、♂はフィルムを剥がして与えています。
♀はゼリーホルダーが入れてあるのでゼリーホルダーに入れますが、♂はシェルター(大きめの餌皿に足が付いている)の前にゼリーはマットの上に置いています。
♀のケースは100均で2個のネジ式タッパに入れています。
♂はクリアーースライダーに入れています。
♂の18gはほとんど散らかさずに食べますが、♀は散らかして食べるので当分16gを使う予定です。
[ 2013/01/31 13:36 ] [ 編集 ]
こんにちは。
ゼリーが散らかってマットが劣化するのは嫌ですね。
マットを交換するだけではなく、ケースも洗わないといけないので
手間が掛かりますね。
メスのゼリーはカッターでT字に切っていますが、
l字でも問題がないような気がします(笑)
[ 2013/01/31 13:43 ] [ 編集 ]
paxさんへ
今日は休みなので昼間からコメしています(^.^)
サラッと書いてアップした後になって、管理数を減らすという根本的なことが抜けていたので追記させてもらっています。

やはり、人によってゼリーの与え方や飼育ケースも様々なようですねっ!
[ 2013/01/31 15:03 ] [ 編集 ]
田舎っぺさんへ
ゼリーをほとんど食べずにマットを汚しまくる♀がいますよね(>_<)
そういう個体には、食物の大切さをわからせるために2週間以上の間隔でしかあたえません(笑)

なるほど!♀の場合は十字でなくても一方向だけの切り込みで大丈夫ですかっ!
オオクワ♀は大きいので大丈夫でしょうが、コクワ♀でやると中で窒息死する個体が出そうです。
[ 2013/01/31 15:07 ] [ 編集 ]
同感です
私も同じです、オス・メスのゼリーグラムや親虫候補以外は早めに手放します。ただ春からブリード時期はえさ切れの無い様頻繁に交換しますが、それ以外の時期は1ヶ月の内1、2週間はえさ抜きをします。
例えば1ヶ月を1、3週目はえさやり2,4週目はえさ抜きなどでしております。
樹液、人工餌との栄養価の比較は解りませんが、あえて飢餓?
でも十分と思いしております、実はマット交換の手間、経費削減もあり自己都合かもしれませんが.....。
[ 2013/01/31 20:16 ] [ 編集 ]
こんばんは
ウチは♀もゼリーホルダーを使ってますので食い散らかすことはあまりないです。寧ろ♂の方が食い散らかします ><

えちごやさんのコメントやwaizuさんの記事を見て、こういう♂は一週間くらいエサを上げないほうがいいのかな、と思いました。

♀はゼリーのカップに穴を空けて食してるのもいますよね?そのまま転がしておく、なんてズボラ飼育いかがでしょう(笑)

waizuさんも今日休みだったんですね。私もです。その代り土曜日は出勤です^^;
[ 2013/01/31 20:45 ] [ 編集 ]
初めまして
いきなりですみません コメント失礼します

飛び散ったゼリーでのマットの腐敗⇒コバエの発生
これは昆虫を飼育している人にとっての課題だと思います

私は、時間がないときジェルタイプのエサで対応します
(成虫10頭ほどのエサ交換所要時間は3分~5分ですみます)
[ 2013/01/31 22:25 ] [ 編集 ]
えちごやさんへ
同じスタイルの方がおられて、うれしく思います!
ホント、種親候補以外は、早々に引き取って頂くに限ります。

エサ抜き期間の設定ですかっ!!
なるほど!と思いました。
広いエサ皿を使用すると♂はその下で気持ちよさそうにひっくり返って出て来なくなり、1週間くらいエサを食べないことがあります。
私は、こんな現象を何回も見てきましたので、もしかすると1週間程度は食べなくても大丈夫な生態をしているのかも?です。

何日ゼリーを与えなかったら死亡するのか検証してみたいと思ったこともありますが、さすがにそんな非道な実験はできませんでした。
[ 2013/01/31 23:18 ] [ 編集 ]
ougoさんへ
エサがいつでもあると思って散らかしているのかも?
簡単にエサにはありつけないことを教育してやれば、大切にすりょうになるかも?(笑)
昔の人が米一粒を大切にしたように・・・それはないか?

♀ですが、私も投げ込んで終わる時もありますよ^^;
時には、きれにに空っぽになったものは回収せずに新しいものを投げ込むだけで済ませます。
4個くらい溜まったら回収とか(笑)
究極のズボラです^^;
[ 2013/01/31 23:24 ] [ 編集 ]
小さい豆さんへ
初めまして、コメントありがとうございます。

「飛び散ったゼリーでのマットの腐敗⇒コバエの発生 」は、コバエを侵入させるから卵を産みつけられる訳ですので、コバシャやスタックを使用していれば大丈夫だと思います。

私はスタックケースを使用しているためか、近年はコバエがマットから出てきたのを見たことがありません。

ジェルタイプのエサは使用したことがありませんが、確かに効率がよさそうですね!
[ 2013/01/31 23:31 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/01/31 23:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 04月 【5件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR