waizuの観察記録や検証結果を公開しています

ダニ媒介の新感染症

昨日の朝刊に目をやると、こんな見出しが飛び込んできました。
「国内初 山口県で死者」とありました。

ダニがバイ媒介するウイルス感染症で昨年秋に山口県の成人女性一人が死亡されたそうです。
2009年頃から中国での発生が報告されているこの病気は、『重症熱性血小板減少症候群』と呼ばれ、マダニの仲間が媒介するみたいですが怖い話です。

このマダニは、青森県以南の山野に広く分布していることが知られていますが、そのうちクワガタにくっ付いて運ばれてくる可能性も否定できません。
私たちが日常目にするイエダニの体長は約0.5mm程度ですが、このマダニは3~4mmと破格の大きさですので、区別はできるはずです。

私のHPは、ダニ退治の研究で始まったようなものなので、紹介させて頂きました。
そういえば、ブリード2012の菌糸ビンからは、1本もダニが発生しませんでしたが、気持ちのよいものですねっ!

スポンサーサイト
[ 2013/02/01 13:40 ] その他の情報 | TB(-) | CM(15)
たまたま私もダニネタでした(笑)
実は私もこのニュースをみて
ブリードルームは怪しいと思いました(笑)
このマダニって、犬に付いてくるダニですかね??
血を吸って豆みたいに膨らむヤツがいるんです!!
膨らむ前に発見し、爪で押し潰そうとしても
なかなか死なないんです(汗)
最終的にはライターで火あぶり処理ですが・・・。
怖いですね(汗)
[ 2013/02/01 14:01 ] [ 編集 ]
こんにちは^^
私も先日「国内初 山口県で死者」のニュースを見ました。
怖いですね~!
ダニとトビムシの違いなんですが。。。
一応ネットで写真を見たりして違いを把握してるつもりですが
実際確実に見分けれるか自信がありません。
誰が見てもどちらか判る大きな違いってあるんですか?
[ 2013/02/01 15:51 ] [ 編集 ]
こんばんは♪
我が家のダニは、ダニ除けスプレーの威力で、ほぼ絶望してます。
この半年くらいは見てません(^^)
しかし、トビムシが…
菌糸が劣化すると、湧いてくるのか、トビムシがいるから菌糸が劣化するのか、分かりませんが、絶滅させる方法があるのでしょうか?
[ 2013/02/01 18:58 ] [ 編集 ]
投稿者名 誤爆です(大汗)
失礼致しましたm(_ _)m
[ 2013/02/01 19:04 ] [ 編集 ]
こんば
そんなダニがいるのですね
驚きです(*´д`*)

よくスマトラヒラタに大きいダニがついているのを見かけます

あれも危険なのでしょうか?
[ 2013/02/01 19:54 ] [ 編集 ]
こんばんは
ダニは小学生の頃飼っていたコクワ、ノコについていたものを見て以来、見てないですね。恐らくコナダニと呼ばれる奴だと思います。ウチもトビムシが凄いです。トビムシはダニと違って成体や幼虫に直接影響はないんでしょうけど・・・。
[ 2013/02/01 20:07 ] [ 編集 ]
田舎っぺさんへ
> たまたま私もダニネタでした(笑)
ほんとうですね!
私はあのタイプを使った経験がなくコメできませんでた^^;

> このマダニって、犬に付いてくるダニですかね??

ここらにも日常的にいるのですかね?
また、日本脳炎がウイルスに感染したコガタアカイエカを介して感染するように、問題はダニがウイルスに感染しているかどうではないでしょうか?

> 膨らむ前に発見し、爪で押し潰そうとしてもなかなか死なないんです(汗)

そんな怖いことはやめましょう!
噛まれると感染を起こすようですが、潰した際の体液が傷口などから入れば感染する可能性があるのでは?
[ 2013/02/01 21:52 ] [ 編集 ]
ダイトウさんへ
ニュースを見られたようですね!

> ダニとトビムシの違いなんですが。。。
> 誰が見てもどちらか判る大きな違いってあるんですか?

イエダニとかは一定の速さで動いています。
成虫や幼虫にココアの粉のように不着して取れないのはコナダニとかです。
ダニと言っても無数の種類がいるようですが、上記2パターンが普段目にするものです。

一方、トビムシは菌床の上でピョンピョンと跳ねていますので明らかにわかると思いますよ!
色はグレーっぽいです。
[ 2013/02/01 21:56 ] [ 編集 ]
桑名鷹さんへ
> 我が家のダニは、ダニ除けスプレーの威力で、ほぼ絶望してます。
> この半年くらいは見てません(^^)

ダニのいない家はないと言われるくらいですから、見えていないだけで、畳、じゅーたん、布団、ぬいぐるみなどの中には潜んでいると思いますが・・・。

> しかし、トビムシが…
> 菌糸が劣化すると、湧いてくるのか、トビムシがいるから菌糸が劣化するのか、分かりませんが、絶滅させる方法があるのでしょうか?

どこからともなく湧いたりしません。
どこかから混入して大繁殖した結果だと思います。

トビムシはダニに比べると全然簡単です。
ビン交換の際に幼虫を洗って移行すれば、いなくなると思いますよ!

[ 2013/02/01 22:01 ] [ 編集 ]
小さい豆さんへ
> よくスマトラヒラタに大きいダニがついているのを見かけます
> あれも危険なのでしょうか?

とにかくダニの種類は、専門家でも把握しきれていないといわれるくらい多いようです。
危険がどうかは私には・・・???
[ 2013/02/01 22:04 ] [ 編集 ]
ougoさんへ
> ダニは小学生の頃飼っていたコクワ、ノコについていたものを見て以来、見てないですね。

これはよいことです。
でも、菌糸ビンをたくさん管理され始めるとどこかで遭遇される可能性があると思います。
例えば、ある業者のボトル製品を買ってフタを開けたらダニが動いていたという人を3人は知っています。
新品の菌糸ビンにすでに入っていることがあるようですので、お気をつけください。
奴らの繁殖力はハンパではありませんから!

トビムシの繁殖力も凄いですね!
おそらく幼虫や成虫を譲り受ける際、マットや菌床中に入っていたのではないでしょうか?

結局、管理の悪い業者やブリーダーから受け取ったものの中から繁殖が始まると言うことです。
幼虫をやり取りする際は、ダニが付いてくることもある程度覚悟しておく必要があるかも・・・?
[ 2013/02/01 22:18 ] [ 編集 ]
こんばんは。
このダニのニュース、私も気になっていました。
でもクワの飼育で見かけるものは1ミリ以下で、このような大きなものは見た事がありません。
うちも2012年度はトビムシなどのダニ類がほとんど出ていません。(^.^)

明日は採集初体験、クワ友に山へ連れてってもらいます。(^.^)v
マダニ初採集にならなければよいのですが...(^_^;)
[ 2013/02/01 22:19 ] [ 編集 ]
dapさんへ
こんばんは。
害虫の侵入がないのは、気持ちのよいものです。

1990年代後半から外産の輸入が解禁された際には、おそらく海外の害虫ももれなく大量にくっ付いてきたものと思われます。
その頃、外産には大きなダニが見られると聞いた記憶もありますが、私たちの日常生活ではそんな大きなものはいませんよね!

こんな寒い時に採集ですかっ(*_*)
でもマムシがいないので安全かも!?
材割でも甘くないのでしょうが、天然個体をゲットされることを祈っておきますね!
[ 2013/02/01 22:29 ] [ 編集 ]
おはようございます。
マダニ怖いです。
自分と同じ血小板は日本赤十字では登録者が10人しかいないことが判っています。
外産のクワガタは怖いですね。
国産のノコもコクワも危ないってことですよね。
気を付けないといけないですね。
[ 2013/02/02 08:22 ] [ 編集 ]
paxさんへ
こんにちは!

A B(-)とかですか?
輸血が必要な状況にならないよう充分にお気をつけくださいね。

それにしても怖いのは、ウイルスは見えないことです。
ただ、感染が成立するまでには、ウイルスと免疫の攻防がありますので、日頃からウイルスとの接触を避けるための環境への配慮と自身の体調管理が重要なのでしょうね!

ウイルスを持っていなくても、ダニ自体がアレルギーを引き起こしますので、子供さんのいる家庭内でのブリードには気をつける必要があります。
もしアレルギー源が、父親のクワガタに着いているダニなんてことになったら、鬼嫁に即刻処分を迫られるブリーダーが出てくるかも知れませんから・・・
[ 2013/02/02 11:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 04月 【5件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR