waizuの観察記録や検証結果を公開しています

監視下ペアリングのすすめ

監視下ペアリング??
どんな手法だろう?と思われたことでしょう^^;
要はハンドペアリングです。

ところで、ハンドペアリングとの表現はいつ始まったのでしょう?
私には、クワガタには不適切な気がしてなりません。
本来、ハンドペアリングとは蝶などで始められた人工交尾の手法で、♂と♀を左右の手に持ち、交尾器を接触させて交尾を誘発します。
よって、オオクワガタの場合は、手に持っていないためハンドペアリングではありません。
単に見ているだけなので、「監視下ペアリング」が適切なのではと思ってしまいます。
そこで、本日は監視下ペアリングとの表現を使います。
ちょっと、余談でした。

さて、本日の本題ですが、ペアリングに認められるものは何でしょう!?
私は、「安全性」「確実性」「効率性」だと思っています。
累代努力やお金を費やして準備した種親から安全に確実に幼虫が採れなければ元も子もありません。
その上で、効率的に行えれば最高です。

では上記3ポイントを兼ね備えた方法は何か!?
私は、監視下ペアリングだと思います。
まず、監視しているので安全です。
そして、交尾を確認できるので確実です。
再ペアリングの出直しがないので効率的です。

いやいや、監視下ペアリングには根気がいるので効率的ではないと言われる方もいることでしょう・・・。
では、監視下ペアリング成功までには平均どのくらい時間が必要なのでしょう?
そんなことを思ったので、私はいま、時計とストップウォッチを持って、交尾成立までの時間と交尾時間を測定してデータを取っていますが、現在7ラインの交尾を確認できています。
条件を整えてやれば、その日の交尾成立可否の判断は30分程度で可能だと思います。

とにかく、この観察が楽しくて、時間があればやっています。
この検証をスタートする前は、温度管理する暗い場所から明るい場所に出す際、慣れさせる方がよいのだろうか?
暗い場所で行った方が成功率は高いのだろうか?
ペアリング容器の形状や広さで交尾成立までの時間は異なるのだろうか?
自然界では♀がエサを摂取中に交尾することが多いので、♀を10日間絶食させてゼリー摂取中の状況を作り出して♂を入れてみようか?
など、成功確率や成立までの時間短縮を図り効率性をアップできないものかと思案しました。
これらのことも少しずつわかってきたように思います。
今週は、ほぼ毎日1ペアに絞って観察を続けていますが、本当に十虫十色(人間なら十人十色ですが・・・)です。

いま5頭の♂を観察しましたが、1頭だけ非常に凶暴です。
全く交尾意欲を示さず相性の問題かとも思い3頭の♀を試しましたが、すべて挟まれ危うく真っ二つになるところでした。
この♂は結束バンドで顎を縛ろうと思っています。
もしかすると、交尾意欲のない♂は、種なしなのだろうか?との新たな検証課題も出てきました。

何れにしてましても本日の話は、私の検証中の話ですので、研究結果として報告できるのはまだまだ先になると思います。

♂の求愛行動、交尾に入る体勢など観察してみるとおもしろいものです。
興味のある方は、監視下ペアリングを経験してみられてはどうでしょうか?監視下ペアリング
スポンサーサイト
[ 2013/04/02 21:42 ] ハンドペアリング | TB(-) | CM(30)
こんばんは。
私の場合、虫の観察も楽しみ方の一つです。
子供の頃は学校帰りに虫を見つけては道草を食ってました。
ファーブルと同じようにジガバチが青虫を取って来ては地面に潜って行くのを何時間も飽きずに眺めていたものです。
スズメバチを叩き落して、針を抜いたりもしていましたねぇ。(^.^)
観察の中で新たな発見もあったりして、これは自分しか知らないのではないかなどと思ったりしていました。
あの頃は時間がゆっくりだった。
今は何時間も虫を見る気になりません。(^_^;)
気が短くなったのか、気持ちに余裕がないのか...
子供の頃の純粋さや探究心がなくなってしまったのかも。

去年、私も監視下ペアリング数回経験しました。

写真は♂が♀を確認しているところですよね。

監視下ペアリングでは、交尾時に♂が♀のお尻を後ろ足で撫でて促す行為を初めて?見ることができました。
ゼリーを撫でて交尾器を出している♂を見たこともあります。(^_^;)
[ 2013/04/02 22:52 ] [ 編集 ]
dapさん、おはようございます
dapさんも虫好きの少年時代を過ごされたようですねっ!
私も最近は他にやることがいっぱいあって忙しいため、毎日観察するとは言っても30分です^^;
うまく行けば10分で終わりますし、ほとんどがその時間内に成功します。
ペアリングセットを手さげ袋に入れて足元に置き、食事しながら上から観察することもあります。

一般的な方法で何日間か放置しておくのが楽ですが、この方法は失敗することがありますので、出直す手間と計画のズレを少なくすると言う意味では有効な手法ではないかと期待しています。
この手法の有用性を評価できるのは、産卵結果を見てからですが・・・。

ゼリーを撫でる♂がいましたか(笑)
とぼけた♂もいるものですねぇ・・・^^;
ところで、あの後ろ足による行為は必要なのでしょうね!全例で確認できますから!
だから後ろ足の欠損した♂では、ペアリングが懸念される訳です。

ちなみに、私はこの行為を行う足に利き足があるか気にして観察してみました。
結局、♀の位置によってどちらの足でも行うことがわかりました。
[ 2013/04/03 06:21 ] [ 編集 ]
こんにちは
ハンドペアリング……
いつからクワガタ飼育界で使われたのでしょうかね。
アンテブームくらい(15年くらい前)にはあった気がします。

交尾はつくづく♂の要素が強いと感じます。
監視下ペアリングで扱いづらい♂と感じたら
顎縛りして同居させてもかかりづらい印象があります。
対策として♂の心変わりを待つのが確実ですが
そうは言ってられないので今年は同居期間を伸ばしてみます。

上手い♂は本当に上手いので助かりますが
それでも大型♂の初回は時間がかかりますね。
良くネットで見る「数分で完了」はなかなか無いです。
[ 2013/04/03 07:26 ] [ 編集 ]
こんにちは。
監視下でのペアリングは本当に面白いと思います。
上手なオスは直ぐに交尾しますし、メスのお尻への
足撫で行為も観られました。昨年失敗ペアは監視下での
ペアリングを何度も行いましたが、オスがメスに対して
とても凶暴で諦めた事があります。その時は成熟度合や
相性かなと思いましたが今期再ペアリング(逆に今回は仲良く
同居・交尾数回確認)して産卵状況を確認したら無精卵ぽい
茶色の卵でした。孵化する可能性もあるので確認しようと
思っていますが恐らく種無しなのだと考えています。
[ 2013/04/03 11:12 ] [ 編集 ]
こんにちは。
うちにいるオスたちは比較的おとなしい個体が多いようです。
基本的に豆球にして観察しています♪
オスはメスを入れ換えてすぐにナデナデし始めますね。
メスが代わったことも気付いているんでしょうね♪

基本的には1週間は放置です(笑)
長いものは3週間は放置です(爆)
[ 2013/04/03 12:03 ] [ 編集 ]
庚午 虫蔵さん、こんにちは。
貴重な経験をご紹介頂きありがとうございます。

おっしゃる通りで、私も交尾成立には♂の要素が強いと感じています。
私は昨年1度経験したことで味を占め、今年本格的に取り組み始めた未熟者ですので、まだまだですが・・・^^;
つたない経験の中でも最短は8分で成立しました。
ホントその♂は上手くて3頭の♀とハンドペアリングしていますが、すべて20分程度で成功に至っています。
こんな♂ばかりなら何の苦労もないのですが、難しい個体をどうするか・・・?
心変わりさせる方法を検討しないといけませんね(笑)
[ 2013/04/03 12:30 ] [ 編集 ]
こんにちは。
10分でペアリングが完了するのもいるのですか。
以前2時間見ていましたが、全然交尾しないので諦めました。
また今年はチャレンジしてみますね。
ところで、2回位交尾をした方が安全なんですかね?
[ 2013/04/03 13:17 ] [ 編集 ]
こんにちは
我が家は顎を縛ってからですが、監視下ペアリン
グを試して見ましたが6頭中1頭のみ。(-_-;)

動き回らず、じっくり受け入れる♀でした。
成功した♂もパートナーが変わるとヤル気を失せたり
と様々ですね。(^-^)/

[ 2013/04/03 15:28 ] [ 編集 ]
こんにちは^^
去年オオクワ飼育の事を色々調べていると
『ハンドペアリング』と言う言葉が出てきました。
その言葉から♂・♀を手に持ったりマットなどに
手で押さえつけて強制的に生殖部をあてがい
交配させる事を連想したのを覚えています。

先月の中旬からペアリングを開始したのですが
1週間同居させた後やはり不安も残るので
waizuさんのハンドペアリングの記事を読み
チャレンジしてみました。気長に観察してようと
思っていましたがなかなか上手くいかず
時々オスがメスを挟もうとするので危なっかしくて
やめてしまいました。オスの顎縛りをしようと思ったのは
この事があったからです。顎縛りをしてあれば
ハンドペアリング中に目を離しても大丈夫ですし
ヒヤヒヤしなくても済みますしね。
(100パーセント大丈夫だとは思っていませんがw)
顎縛りをしてからの通常ペアリング期間がもうすぐ終わり
ますのでその後に再度監視下ペアリングをしてみようと
思っています。
[ 2013/04/03 16:10 ] [ 編集 ]
こんばんは!
監視下ペアリング、非常にやってみたくなりました!
いつもは顎縛りもせずクワ達に任せていましたが、
これでは幼虫の顔が見れるまでドキドキです(^-^;
3頭の♀をつける♂が1頭いますので、監視下ペアリングが
成功したらスケジュールに追われないですみますので
挑戦してみます(^^)v
[ 2013/04/03 19:00 ] [ 編集 ]
こんばんは♪
我が家も、昨年に続いて、監視下ペアリングを実施しています。

昨年の例では、監視1時間半で、粘り勝ちして、交尾を確認出来ました(大汗)
今年は、まだ♀1頭としか確認しておりませんが、約20分の所要時間でした(^^)
ヤル気や上手い下手の♂個体差があり、監視し出すと離れられなくなってしまいます^^;
[ 2013/04/03 19:05 ] [ 編集 ]
こんばんわ(^o^)
waizuさんの記事を見てるとあんまり難しくはないかな?と思いますが、みなさんのコメを見ると難しそうに見受けられます。
何かコツがあるんでしょうネ
[ 2013/04/03 23:14 ] [ 編集 ]
グリーンさん、こんばんは。
監視下ペアリングにチャレンジされているご様子ですねっ(^^♪

貴重な経験談をありがとうございます。
凶暴と種なしが相関しているのか興味深いですねっ!
生殖能力のない♂は、♀を敵と判断する傾向にあるのかもしれません。
それでも1年後は交尾まで行けたところをみると、クワガタも年を重ねて正確が丸くなったのかもしれませんね(笑)

私のところの凶暴♂も今後しっかり検証して行きたいと思います。
[ 2013/04/03 23:17 ] [ 編集 ]
田舎っぺさん、こんばんは。
> うちにいるオスたちは比較的おとなしい個体が多いようです。

基本的にほとんどの♂がおとなしいと思います。
オオクワガタはそういう種なのでしょう・・・。

> 基本的に豆球にして観察しています♪
私の感覚では、明るさはそれほど関係ないように思えます。
交尾シーンの成立は良く見ないと、♂が交尾器を出しているだけで
♀が受け入れていない場合がありますので、明るいよく見えるところでの
観察がよいのではないでしょうか?
[ 2013/04/03 23:22 ] [ 編集 ]
paxさん、こんばんは。
> 10分でペアリングが完了するのもいるのですか。

10分間に2回行った場合がありました!
よい♂に当たれば、ほとんど20分以内だと思います。

> 以前2時間見ていましたが、全然交尾しないので諦めました。

30分を超えると長丁場になる場合が多いので、日を改める方がよいと思います。
また、組合せもよくないのかもしれません。
あと交尾させる土俵の問題もあるかもしれませんね。

> ところで、2回位交尾をした方が安全なんですかね?

1回よりは2回の方が確実性は高まるでしょうが、要は目視して確実に成立しているかが
第一のポイントで、第二のポイントは継続時間だと思います。
1回目の交尾時間が短いと思えば2回目まで確認すればよいと思います。
私の少ない経験でも、最長は1回目で2分46秒という記録があります。
こんな時は、2回目はいいでしょう^^;
[ 2013/04/03 23:31 ] [ 編集 ]
チョネさん、こんばんは。
> 我が家は顎を縛ってからですが、監視下ペアリン
> グを試して見ましたが6頭中1頭のみ。(-_-;)

それは、ご苦労されていますね(笑)
顎を縛ることが、監視下ペアリングの成功率に影響しているのでしょうか・・・?
私も今度検証してみます!

> 動き回らず、じっくり受け入れる♀でした。
> 成功した♂もパートナーが変わるとヤル気を失せたり
> と様々ですね。(^-^)/

人間と一緒でタイプがあるのではっ!?
ただ、♀の場合は成熟しているものは、多くの場合、じっくり受け入れる体勢ですが、
早期羽化♀では、チョロチョロするものが多いように感じます。
これも、もう少しデータを取ってみます。
[ 2013/04/03 23:35 ] [ 編集 ]
こんばんは!
たしかに目視で確認ができるので安心感はありますよね^^

しかし、自分の拙い経験で恐縮ですが、「監視下のペアリング」で交尾を確認したものの「産卵痕に卵無し」というパターンも1例だけですがありました。

また、一緒にした途端♀が♂の足を挟んだのでペアリングは無理かなと思ったペアから幼虫が採れた事もあります。

オオクワにも個性があって面白いです(笑)
[ 2013/04/04 21:47 ] [ 編集 ]
ダイトウさん、こんばんは。
昨日は、時間がなくて失礼致しました。

> waizuさんのハンドペアリングの記事を読み
> チャレンジしてみました。気長に観察してようと
> 思っていましたがなかなか上手くいかず
> 時々オスがメスを挟もうとするので危なっかしくて
> やめてしまいました。

そうでしたかぁ・・・^^;
それは、運悪く♂との巡りあわせが悪かったのだろうと思います。
意外におとなしい場合の方が多いのが現状です。

> 顎縛りをしてからの通常ペアリング期間がもうすぐ終わり
> ますのでその後に再度監視下ペアリングをしてみようと
> 思っています。

通常ペアリングでもかかりやすいペアは、3日もあればかかっていますので、大丈夫だと思いますが、こればかりはわかりませんよねぇ・・・。
交尾を完了した♀は、飼育容器から出ようとするとか♂を避ける行動をとるとか言われています。
私は、そこら辺のことも確認してみたいと思っています。
もし、追加の監視下ペアリングを行われた場合は、その経過などご報告頂けるとうれしく思います。
例えば、♂の交尾行動を拒否する行動をとり、その後のセットで産卵するようなら、通常ペアリングの成功の可否を判断する手法に成り得る可能性があるのではないでしょうか!
[ 2013/04/04 22:08 ] [ 編集 ]
トシクワさん、こんばんは。
> 監視下ペアリング、非常にやってみたくなりました!

そうですかっ!
何事も挑戦してみると新たな発見があっておもしろいですよ!!

> 3頭の♀をつける♂が1頭いますので、監視下ペアリングが
> 成功したらスケジュールに追われないですみますので
> 挑戦してみます(^^)v

それでしたら、3頭すべてにとりあえず30分ずつ観察してみられてはどうでしょう?
♂が初交尾であれば、初回の成立には時間がかかるかもしれませんが、1頭目がうまく行けば、トントン拍子で終わってしますかもしれません(^^)v
[ 2013/04/04 22:12 ] [ 編集 ]
桑名鷹さん、こんばんは。
> 我が家も、昨年に続いて、監視下ペアリングを実施しています。

監視下ペアリング仲間がいてうれしいです(^^♪

> 昨年の例では、監視1時間半で、粘り勝ちして、交尾を確認出来ました(大汗)

それは、相当な忍耐です(笑)
私は、1時間までは観察しますが、それでダメなら日を改めます。
でも、どうしても幼虫を採りたいペアであれば、執念でもぎ取ったペアリングの成功は、うれしいですねっ!!
この1時間半でも勝利には、ガッツポーズが出たのではと想像します。
私も、期待ラインで監視下ペアリングを確認できた瞬間は、来た~!ってガッツポーズが出ます(笑)

> 今年は、まだ♀1頭としか確認しておりませんが、約20分の所要時間でした(^^)

慣れた♂では、そのくらいでも普通だと思うようになりました。

> ヤル気や上手い下手の♂個体差があり、監視し出すと離れられなくなってしまいます^^;

そうなんです。
しかし、私の場合はデータを取る喜びで苦痛にはなっていませんが・・・(*^^)v
[ 2013/04/04 22:19 ] [ 編集 ]
ぶっちょまんさん、こんばんは。
> waizuさんの記事を見てるとあんまり難しくはないかな?と思いますが、
>みなさんのコメを見ると難しそうに見受けられます。
> 何かコツがあるんでしょうネ

コツは特にないと思いますが・・・。
私も最近まで次のように思っていました。

私も昨年は、1ラインしか成功しなくて、なんて難しいのだろう・・・。
ハンドペアリングですべてのラインの採卵を行う人なんてどれだけ暇なのだろう・・・。
通常ペアリングなら放置しておくだけで簡便!ハンドペアリングは非効率的な手法!
・・・とこんな感じです^^;

しかし、今年はどんなペアが、どんな雰囲気でいる時、どのくらいで交尾行動に至るのかなどが解ってきたので、監視下ペアリングを見る目が違って来たと言うか、感じ方が変わっているのだと思います。
難しいと感じるかそうでもないと感じるかも個人差ではないでしょうか?

私も昨年は、通常ペアリングで結構出直しの追加ペアリングをしたこともあり、確認まで時間がかかっても確実性の高い監視下ペアリングにも有用性を見出しました。

結局、どちらの手法がよいと言うのではなく、飼育技術の幅を広げる一手法だと思います。
引き出しが多ければ、いろいろな戦術が使えてより楽しめる!!そう思います。
今後は、監視下ペアリングに向いた♂にはこちら、向かない♂には通常の方法などのように使い分けることで、より効率性を向上できると考えています。

[ 2013/04/04 22:44 ] [ 編集 ]
バナマロさん、こんばんは。
> しかし、自分の拙い経験で恐縮ですが、「監視下のペアリング」で交尾を確認したものの「産卵痕に卵無し」というパターンも1例だけですがありました。

なるほど、貴重なご意見ありがとうございます。
この場合、交尾時間が短かったのでしょうか?
もしかすると、♂が交尾器を出しただけで、♀が受け入れていなかった可能性はないでしょうか?
これらが該当しないとなれば、どこに原因が・・・・??
その辺も含め、今後の検証課題とさせて頂きます。
私も産卵セットとその結果が待ち遠しくなってきました。
幼虫が取れすぎてオークションへの出品で大忙しなんてことになればよいのですが・・・。

> オオクワにも個性があって面白いです(笑)

本当にその通りですねっ!
また、♂♀の成熟度によっても行動は違うようです。
いずれにしましても、私はこの監視下ペアリングを極めようと観察に没頭中です(笑)

[ 2013/04/04 22:45 ] [ 編集 ]
こんばんわ
監視下ペアリングをやりこむと気づくことですが
面白いことに1回かかった♀は連続では♂が見向きもしないことが
多いような傾向がある気がします(例外は今シーズンありましたが)

そこで、♀を変えてみると♂は再びかけに行くと……
一回済ませた直後の♂は次の交尾行動も早いですね。

監視下ペアリングですと
♂が独特な仕草(口唇を目一杯伸ばして前足をこするような動作)
をすることがありますがあれは交尾するにあたっての
何らかの動作なのかと興味深いと思っているところです。


[ 2013/04/04 23:02 ] [ 編集 ]
庚午 虫蔵さん、おはようございます。
結構、監視下ペアリングをやりこむでいらっしゃる様子ですねっ!!
私もその域に近づけるよう日々精進中です!

> 面白いことに1回かかった♀は連続では♂が見向きもしないことが
> 多いような傾向がある気がします

なるほど!
♀側の回避行動ではなく、♂側にも意欲消失傾向が現れるとっ!
ただ、この「1回かかった」のかかり具合も関係するのではないでしょうか?
私の観察では、1度かかっても、それが短かった場合、2度目があります。
それも30秒~5分以内という短いサイクルで!
もう少しデータをとってみます。

> そこで、♀を変えてみると♂は再びかけに行くと……
> 一回済ませた直後の♂は次の交尾行動も早いですね。

実は、ここがポイントではないかと思います。
監視下ペアリングが難しいと感じる人の多くは、この1回目だけで苦戦されているのではないかと・・・。
2回目以降は、拍車がかかってくる感じで迅速に交尾行動に出る♂が多いと私も感じています。
♂も味を占めると言うか、クセになるのでは!(笑)

> 監視下ペアリングですと
> ♂が独特な仕草(口唇を目一杯伸ばして前足をこするような動作)
> をすることがありますがあれは交尾するにあたっての
> 何らかの動作なのかと興味深いと思っているところです。

それ以外にも、♂が♀に興味を示した場合は、触覚の動きが違ってくるように思います。
私もこれはかかるぞって雰囲気がわかりかけてきています。
何事もやりこんでいかないと腕は磨けないようですね^^;

今後とも参考になるご意見を頂けると幸いです。
ありがとうございました。
[ 2013/04/05 06:26 ] [ 編集 ]
こんにちは
waizuさんの日記を見て私も監視下ペアリング初めて成功しました。

どの個体も30分以内には行動を見せてくれましたが、早い♂は数分間のうちに何度も♀に仕掛けたのもいました。
ただ挿入が下手なのか、なかなかうまく行かず見ていてもどかしいですね(笑)

おっしゃるように一度かかった♂は♀を変えても結構早く交尾しようとしていました。
ただ♀にその気がないと怒って挟みに行く仕草も見せたりとこの辺は観察していても色々な正確があって楽しいですね。

確かに時間は結構かかりますが、リビングや食事中に見えるところに置いて観察すれば時間は余り気になりませんでしたよ。
[ 2013/04/05 14:27 ] [ 編集 ]
エバクワさん、こんばんは。
初挑戦でもそれほど苦労なく成功することを示して頂きありがとうございます。

私も見えるところにおいて、他のことをしながら気楽に観察しています。

コラボ個体など、安全性と確実性が重視されるシーンでは、習得しておいて損のない技術だと思います。
今回のようなよい報告を頂けると、記事にした甲斐がありました!

エバクワさんの成功のポイントは、容器が狭いことだと思って拝見しました。
ただ、容器が深いため、トラブル時の救済が難しいのでは・・・?との懸念もありますがいかがでしょう?

最後に、顎を縛ってもうまく行くことを検証頂いたことに感謝致します。
とても大きな意味があると思います!!
[ 2013/04/05 19:53 ] [ 編集 ]
こんばんは!
>この場合、交尾時間が短かったのでしょうか?
もしかすると、♂が交尾器を出しただけで、♀が受け入れていなかった可能性はないでしょうか

交尾時間についてですが、その時に「結構長く交尾するんだ!」と思いましたので、短かかったと言う事はないと思います。

何しろ2年前の事なので記憶が定かでなくて恐縮ですが、
個人的には貴重な経験でした。
[ 2013/04/05 21:53 ] [ 編集 ]
バナマロさん、こんばんは。
ご回答頂きありがとうございます。
それでしたら、不思議ですね!

もう一つだけ確認したいのですが、そのペアは、その後の通常ペアリングで何頭くらいの幼虫が取れたのでしょうか?

[ 2013/04/05 23:17 ] [ 編集 ]
こんばんは!
ご質問の件ですが0でした。
自分でも不思議で仕方ないのですが原因が良く分かりません。

自分が経験したのはこの一例だけです。
参考にならなかったらすみません。
[ 2013/04/06 22:43 ] [ 編集 ]
バナマロさん、どうも!
何度もすみませんでした。
これは、ペアリングそのものよりも種親の生殖能力に問題があったと言うことなのでしょうね?
私ももう少し検討してみます。
ありがとうございました。
[ 2013/04/07 19:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR