waizuの観察記録や検証結果を公開しています

監視下ペアリングの動画―失敗編―

前回は、執念で交尾を成立させた♂の1例を紹介しましたが、同じ♂どれまでの苦労を紹介してみます。
このペアは、♂♀共に私がブリードしたもので、♂は能勢2番84.6mm、♀は能勢1番54.6mmです。
概略を説明すると、このペアはペアリング開始15分で♂が意欲を見せ始めました。
最初に示す動画はその時のもので、♀が両後ろ足で♂の行動を拒否したシーンです。
とても短い動画ですが、まずはご覧ください。



これ以降は、♂が果敢に交尾を迫りますが、下手な行動を数分の間に4回くらい繰り返しました。
次の動画は、その中でも最も長い行動を示したもので、遠くから眺めていると成功したように見えてしまう紛らわしいものです。



以前、偽交尾(私が勝手に使っている表現)として紹介したのはこの中の場面で、静止画像として切り抜きました。
このように一見かかってそうで、よ~く見ると不成立です。

今日は、文章では表現できない部分を伝えようと思い動画で紹介しましたが、監視下でのペアリングも近くでよく見ないと騙されることがおわかり頂けたのではないでしょうか?

また、前回と今回の動画から、いくら下手でも意欲のある♂であれば、それほど苦労なく交尾成立までたどり着けるとも言えるのではないでしょうか?
ご参考までに!
スポンサーサイト
[ 2013/04/13 15:51 ] ハンドペアリング | TB(-) | CM(16)
こんにちは^^
とても解り易い動画をありがとうございます。
少し離れた所から見ると交尾成功と勘違いしますね。
監視下でペアリングする場合しっかり確認した方が
いいですね。
[ 2013/04/13 17:39 ] [ 編集 ]
こんにちは
確かについていそうな感じですね。
最後に
イタっ!
もう!
って感じで♀が怒っている風に見えました(笑)
[ 2013/04/13 18:05 ] [ 編集 ]
ダイトウさん、こんばんは。
参考になったようでよかったです。
私もビデオを介してみてわかったようなことで、肉眼で確認するためには老眼鏡がいるかもです^^;
[ 2013/04/13 22:49 ] [ 編集 ]
よしくわさん、こんばんは。
わたしもそう見えました(笑)
[ 2013/04/13 22:50 ] [ 編集 ]
すっかり
冬眠していました。
相変わらずの濃い内容ありがとうございます。

我が家では、期待の♂が2♀をチョンパしてしまったので、
waizuさんの提唱する監視下ペアリングを実践してみようと
考えています。
現在温室内25~26℃、室温17~18℃ですが、室温は
気にしなくて大丈夫でしょうか?
妻が倹約に目覚めてしまい困っています(笑)
[ 2013/04/14 10:09 ] [ 編集 ]
noloさん、お久しぶりです。
本当にすっかりご無沙汰でしたね。
お元気でしたでしょうか?

期待の♂は相当狂暴なご様子で・・・^^;
それだけ狂暴では、監視下で行うにしても大顎を縛った方がよいかもしれませんね。

それだけ温度が低いと行動がどうなるかわかりません。
とりあえずやってみるのが一番です!!
また、結果を教えてくださいねっ!
[ 2013/04/14 17:12 ] [ 編集 ]
こんばんは!
交尾上手な♂に目を覆いたくなるくらい下手な♂と
個性がありますよね。
♀の受け入れ姿勢も要因だと思いますが…(笑)

動画で紹介していただき、思わず「あるある!」と
笑ってしまいました^^
[ 2013/04/14 21:10 ] [ 編集 ]
こんばんは(^^)
こんばんは。
最近の記事を読ませていただきまして、監視下ペアリングに挑戦してみましたが、残念ながら、今日のところは上手く行きませんでした(^^;;

ただ、もうちょっとのところまでは行けましたので、近いうちに再チャレンジしたいと思います!

これが狙って出来れば、ブリードもかなり計画的に出来るようになりますね!

とても参考になりましたm(_ _)m
[ 2013/04/14 23:02 ] [ 編集 ]
バナマロさん、おはようございます
♀の受け入れ姿勢もありますが、受け入れ態勢もありますね。
♂が交尾器を適正な場所に持って行っても、♀がお尻を出さない例がありました。
なかなか難しい場合もありますねぇ・・・
[ 2013/04/15 07:49 ] [ 編集 ]
カイエンさん、おはようございます
チャレンジされたようですねっ!

私も最近やっとわかりかけてきました。
簡単に成功される方と苦戦される方の原因が!
当たり前のことですが、所有個体の個体差です。
その中で大きなウエイトを占めるのは、やはり♂の意欲と器用さです。
また、♀の方もおとなしくジッとしている個体はかかりやすいですね。
早期羽化♀よりも熟女の方がかかりやすいようにも思います。
また、久留米より能勢の方が断然かけやすいですねっ!
思ったより奥が深い監視下ペアリングのようです。

監視下ペアリングは、計画的なブリードに充分使える手段と成り得ますが、すべてをこれで行くのは非効率的です。
かかりやすいかかりにくいを判別したら、効率的に使い分ける必要があるでしょう・・・。
そこは、マニュアル化できない部分で、ブリーダーの判断力が必要となるため、経験値をあげることも大切だと思いますので、是非またチャレンジされるとよいと思います。
[ 2013/04/15 08:01 ] [ 編集 ]
こんにちは。
メスに何度か接触した経験のあるオスは
やはり上手なんでしょうか。。
オスメス共に初めて接触する時が一番緊張しますね。
しかしメスの行動パターンが気になるところです。
[ 2013/04/15 11:29 ] [ 編集 ]
こんにちは。
人間と同じで初めから上手い人と、下手な人がいるんですね(笑)
今年は普通にペアリングの予定を立てたのでこのまま行きますが、来年は監視下ペアリングをメインに考えて、最悪は通常ペアリングに切り替えたいと考えています。
今年は2♀が★になったので、監視下ペアリングが一番有効ですね。
[ 2013/04/15 13:44 ] [ 編集 ]
グリーンさん、こんにちは。
どうも積極経験よりも先天的な器用さのような気がします。
上手い個体は最初から上手く、下手なものはどうも2回目も3回目も時間がかかるような・・・。

♀の行動パターンも日によって違うため、10分くらいでその日かかりそうかどうかある程度判断するのがよいと思います。

[ 2013/04/15 16:31 ] [ 編集 ]
paxさん、こんにちは。
監視下ペアリングは、コラボラインとか高額種親使用ラインなどの重要ラインに用いて、あとは気楽に通常ペアリングがよいと思いますねっ!
監視下ペアリングは、よい♂に当たると設定を甘くしたパチンコ台のように連荘でかかりますが、そでない場合は時間の無駄となります。
2♀も★にするような♂は、監視下ペアリングでもかかりにくいと思っています。観察した感触からですが・・・。

監視下で♂の性格というか気分や相性を判断して、やる気がなければ通常セット、気性が荒くて難しければ♂の顎を縛って通常セットが教科書的な方法ではないかと私個人は考えています。

監視下ペアリングは、それでかかればラッキー、かからなくても♂の性格判断の手法になると思います(^^)v
[ 2013/04/15 16:38 ] [ 編集 ]
はじめまして
はじめまして。
aisukeと申します。
以前から勉強のために拝読しておりました。

私は、昨年度から本格的に監視下ペアリングを行っています。
成功した場合(産卵した場合)は、しっかりと交尾器がつながりました。
そして、結構、長時間じっとしています。

今年、失敗?した例がありました。
あるメスには掛からないのに、他のメスには成功しました。
メスはしっかりとお尻を出していたのですが・・・
メスにも問題があるような気がしました。
これは、今後の課題です。
(あと、監視下ペアリングの回数なども課題です)

また、勉強させてください。
よろしくお願いいたします。


[ 2013/04/21 12:54 ] [ 編集 ]
aisukeさん、こんばんは。
はじめまして。

貴重な実例報告ありがとうございます。
監視下ペアリングは、私も今年から始めたばかりでこの件に関してはよくわかりません。

この例の場合、♀に問題があったのか、ペアリング自体に問題があったのかを検証するために、通常ペアリングで追試されてみると面白いですねっ!

また、何か確認できた場合には、報告頂けると幸いです。
[ 2013/04/21 19:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR