waizuの観察記録や検証結果を公開しています

菌糸ボトル密度の均一化をめざして

既成ボトル重量の標準値と私が詰めた場合の標準パターンと固詰めパターンのボトル重量平均値を記載したところ、たくさんのご意見を頂戴し、視点の違いや見落としなども確認でき、大変勉強になりました。
ブログのコメント欄も、活発な意見交換の中で、有用な情報や建設的な提案が得られれば、より有意義なコミュニケーションの場となりますね!
これからも、私は思ったことをストレートに書きますが、遠慮なくコメントして頂ければ幸いです。

さて、本題です。
前回のコメントの中で、ボトル詰めの際、総重量を合わせても、中の菌床の詰まり具合の均一性を担保できないのでは・・・との意見が寄せられました。
その通りです。
いくら手の感覚で詰めたとしても、一回に投入した菌床の体積によっても手への感覚は違ってくることでしょう・・・。
圧力センサーを搭載した機器でも使わない限り難しいと思われます。

しかし、少しでも均一な実験サンプルを得るためにこんなことを考えてみました。
それは、最終段階で総重量を調節することが不均一の原因であるなら、途中に基準となるポイントを設置してみようと!
ボトル体積目安C

これは、800ボトルに水を400ml、600ml、800mlを正確に入れたものです。
青のラインまでに480gを詰めれば、密度は0.6g/ml(ボトル総重量560gの普通パターン)となりますが、それを3段階に分けて詰めてはどうでしょう?
まず、黒ラインまでに400×0.6g=240g、そこから赤ラインまでに200×0.6g=120g
このように詰めたらボトル内の均一性は向上するのではないでしょうか。

この場合、幼虫飼育空間を考えると、多くの場合は赤ラインより下であることから、240gと120gを用意して、2段階目までを正確に詰めればよいのではと考えています。

ちなみに固詰めでは、密度を0.7g/ml(ボトル総重量640gパターン)に設定して黒ラインまでに280g、次の赤ラインまでに140gとなります。

人間の手の感覚も熟練すれば捨てたものではないので、しばらくこの基準で詰めながら、手の感覚を磨いてみようと思っています。

昨日から以上のようなこと思索していましたが、そんな中、過去に他のバリエーションもWeb上で見かけたことを思い出しました。
例えば、初2令時に食べやすいよう下層には微粒子菌床を詰め、途中から中粒子菌床を詰めるとか、下層は固く詰めて通気性を損なわないよう上層は柔らかく詰めたりより粒子の粗い菌床を上部に詰めるとか、菌糸の回りをよくするため途中まで詰めて放置し日を空けて残りをつめるとか・・・。
これ以外にも添加剤を考慮すると、ブロックから菌糸ボトルを作製する場合、ボトルの中には菌床だけでなく個性も詰まっているようです(*^^)v
世の中には、こだわりのオリジナル菌糸ボトルを作製する職人気質のブリーダーも多くいらっしゃることでしょう。

「こだわり」と言うのは、独りよがりであったり、無駄であったりすることもあるかもしれませんが、趣味を堪能するための要素であることもまちがいありません。

もし、他人とは違うこだわりの中に、オオクワガタを飼育する上で有用な手法が隠されていたら、菌床詰めの魔術師と呼ばれる伝説のブリーダーが登場するかも・・・なんてことも考えてしまいます。

仮説や個人的判断に基づいた単なるこだわりで終わらせるか、データという根拠に基づいた有用な飼育技法まで発展させるか!?
実は、ここが私の『こだわり』だったりします^^;

最後に、この記事を書いていて、個人的判断と言うか思い込みによるまちがい例を思い出したので紹介しておきます。
それは、「粗い目の菌床は通気性に優れている」という見解です。
この見解の拠り所は、「粗い⇒隙間が多い⇒通気性がよい」との理屈だと思いますが、次第にその隙は菌糸で埋め尽くされ強固な接着剤のように働きます。
微粒子菌床に比べ、時間の経過した粗め菌床が硬くなるのは、このことが原因だと思います。

2009年9月に行った実験ですが、私は微粒子と粗めの菌床を普通に詰めて、底の酸素濃度を経時的に測定したことがあります。
すると、最終的には、ほとんど差は出ませんでしたが、初期段階ではおもしろい現象が観察されたことを思い出します。
それは、菌糸の回りきるまでの段階は粗め菌床の通気性がよいだろう・・・と予想してスタートしましたが、実際は、開始24時間は明らかな低値を示しました。
これは、酸素が多く供給されたことで菌糸の活性が高まり、酸素消費量が増えたことが原因と考えられます。

余談でしたが、思い込みはまちがった方向への案内人となるだけでなく、新発見の障害ともなりますので、実践による検証作業をしながら進むという基本を確認し合いたいと思います。
以上、オオクワ界の検証好きのみなさん、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト
[ 2013/07/28 14:46 ] 自由研究 | TB(-) | CM(10)
こんばんは
素晴らしい!!(笑)

すごく手間はかかりますが、ここまでやれば間違いありませんね。
こう言った「こだわり」、私は好きです。(笑)

どんな結果が出るか、楽しみにしてます。
[ 2013/07/28 18:50 ] [ 編集 ]
こんばんは。
確かに詰め具合の指標としては、重量ではなく密度でなければならないですね。
ただ、体積を一定にした上での重量だと思ってましたけど。

この方法だと、ボトル全体の密度の均一性も保つ事ができそうですね。
この方法で仕上げたボトルが、何パーセント以内まで密度を揃える事が出来るのかにも興味があります。
[ 2013/07/28 18:55 ] [ 編集 ]
こんばんは
「オオクワガタ自由研究ノート」を掲げるwaizuさん、さすがのレポートですね。来月詰め詰めしますので参考にさせて頂きます!

[ 2013/07/28 19:44 ] [ 編集 ]
>ashtakaさん
おはようございます。

これなら何とかよろしいでしょうか(笑)
実験の精度を上げるための手間は惜しまないので、それほど苦にはなりませんが、今年の仕込みは終わってしまったので、来年以降導入してみます^^;
こんなことを思いついたのもAshtakaプレスのお蔭です(^^)v
[ 2013/07/29 06:56 ] [ 編集 ]
>dapさん
おはようございます。

ここまでやらなくてもボトル重量で十分だ思います。
オオクワガタの飼育ですから(笑)
実験の精度にこだわったみただけなのですが・・・。

> この方法で仕上げたボトルが、何パーセント以内まで密度を揃える事が出来るのかにも興味があります。
知りたくても、一般人には評価方法がないのが残念です。
[ 2013/07/29 07:01 ] [ 編集 ]
>ougoさん
おはようございます。

レポートへの評価ありがとうございます。
是非、来月試された際には、感想をお聞かせください。

私の話は、机上の考えであって、実際にマジックなどで線を決めても、そこにうまく詰められるのか不安です。
よろしくお願い致します。
[ 2013/07/29 07:03 ] [ 編集 ]
こんばんは
実践による検証作業をしながら進む。
確かにそう思います。(^-^)/

また限界値を知ることで、中途半端な方法よりも近道になりますね。

今年高添加剤配合では青カビ発生に悩まされました。

荒粒子により酸素供給量を増すことで菌糸の活性が高まり何とか廻りました。(-_-;)
[ 2013/07/29 21:53 ] [ 編集 ]
菌糸詰め
 菌糸積めですが、過去の失敗例を紹介します。まず微分子菌床を思いきり詰め、菌糸が回らずに腐敗させてしまったことがあります。もっともこの菌床は格安でなんとなく菌の勢いがなかったので他銘柄では違っていたかもしれません。
 最近では中粒子~粗目の物を使っていますが、空気の回りをよくしようと、詰めた後中央に穴をあけています。翌日(24時間ほど経過)、菌糸が上部に回っていることを確認したら、ボトルを反対に向けます。もちろん通気の良い網棚や籠の上などに置きますが、ボトルが白くなるのが早いです。重い二酸化炭素を排出するには有効な手法だと思います。
 この方法は以前専門誌で小島啓史さんが紹介されていて、以来取り入れています。
 
[ 2013/07/30 10:33 ] [ 編集 ]
>チョネさん
こんにちは。

ご無沙汰しております。
私は、もっぱらDAMとJoy Soundの採点カテゴリー別の攻略法を検証中です(笑)
また、勝負しましょう!

> 今年高添加剤配合では青カビ発生に悩まされました。
> 荒粒子により酸素供給量を増すことで菌糸の活性が高まり何とか廻りました。(-_-;)

私も10年くらい前になりますが、トレハローズと麦芽で高濃度添加菌糸ビンを作製したことがあります。
同じように高濃度添加群で青カビのオンパレードでした(>_<)
高添加の場合、1次発菌ボトルの製造時のようにビン上部から下へ向かって菌糸が広がっていきますが、その速度が遅いため、半分くらいまで回ったところで下層がカビにやられたことを思い出します。
底まで貫通する穴を3本空けてもダメでした。
結局、2回に分けて、半分詰めて白くなってから残り半分を詰めて問題を回避しましたが、その時の実験で、トレハローズには何の効果もないことが判明しました。
失敗すれば、問題の原因と解決策を思案し再度試みる!
この過程も検証好きにはたまらない部分ではないでしょうか??
[ 2013/07/30 12:23 ] [ 編集 ]
>隣県の方
怪しいハンドルネームなので、誰かと思いました(笑)
いつもお世話になっております。

確かに菌に勢いのない銘柄は、カビの影響を受けやすく管理に苦労しますね!
よく、カビの発生には、ボトル詰めの際のエアコンの影響や使用器具の消毒の程度が問題視されますが、菌の強い銘柄を使い、過剰な添加を行っていなければ問題はないと思います。
私はそれほど添加しませんので、使用器具にエタノールなどを使いませんが、カビに遭遇したことはありません。

余談でしたが、ご経験に基づいた情報提供ありがとうございました。
実践とその結果に勝る理論はないので、菌床詰めの際のポイントが含まれているのでしょう!

ところで、私の場合は、菌糸ボトルの真ん中に穴をあけません^^;
空けなくてもすぐに菌糸が回るため必要性を感じないからですが、現にHSボトルなど、その仕様の製品も多くあります。
最終的には、菌の種類、オガの種類や形状、ボトルの形状、水分量、添加剤の量など、ブリード途上の手技は、背景因子によって左右されるということだろうと思います。
よって、「多くのブリーダーがやっているから」との判断ではなく、各人の状況のなかで必要不可欠な手技なのか、または有用な手法なのかを判断して導入すべきではないでしょうか?
[ 2013/07/30 12:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR