waizuの観察記録や検証結果を公開しています

ブリード2012の総括

今日は、ブリード2012の総括をしておこうと思います。

昨年は、自分でも情けなくなるくらい下手くそな飼育をしてしまい、意図しない早期羽化を♂で4頭、♀では16頭も出してしまいました(>_<)
原因は、2つ考えられます。
1つは、早めに菌床飼育を開始したこと(4月下旬~5月中旬投入群から発生)
もう1つは、エコ目的で導入した床下飼育で9月上旬には積算温度に到達してしまったことです。

床下飼育を試みたのは、一昨年の温度モニタリング結果より、床下環境に魅力を感じていたからです。
床下は、7月下旬から9月中旬まで25~26.5℃の範囲で温度が安定し、外気温が10℃変動しても0.5℃以下の変動幅で、実に温度の安定した空間であることがわかっています。
さらに「暗い」「静か」「酸素供給に優れる」などの飼育に適した条件がそろっている上、電力も消費せず経済的です。
昨年は、能勢5番、6番、7番の中からランダムに床下飼育に回してみましたが、♀の多くが早期羽化してしまいました。

今年は、割出時期を遅らせるなどの修正を加え再挑戦していますので、うまく行くことでしょう・・・。

余談はさておき、昨年度の総括です。
まず、久留米は80~81mm辺りは出たものの、手応えを感じることもなく、ここで取り上げるほどのこともありません。(残した個体もブリード用に譲渡した個体もゼロです)
2010年Aラインは、私の元を離れて活躍する個体も散見されます。
やはり♂との相性により雲泥の差がでますね^^;
私の♂親は84.8mmですが、本当なの?って感じでした(笑)

一方、能勢はまずまずの成績!
♂親は、’10マサレッド8番83.8mmと871ギネス同腹82.5mmの2頭に絞り、それぞれに3♀を交配したところ、インライン配合以外はそれなりの手応えでした。
羽化個体の特徴としては、親の形質が継承され、5~7番はガッシリとした太めの個体、8~10番はスラッとした細めの個体が多くみられました。
以下が、来年の種親として残した一覧となります。
Breed2014種親候補
せっかくなので、簡単に各ラインの説明と所感を記載しておきます。
【5番系統】
847同腹の流れを汲む系統です。
インライン配合の弊害を心配しましたが、85.1mmが出たことで、冒険が吉と出ました。
なぜそこまで心配したかというと、この5番の種親の同腹は、幼虫時死亡や羽化不全が非常に多く、さらにインライン交配を続けることに抵抗があったからです。
しかし、★や不全傾向が次世代に継承されるか確かめたかったことと大型の血を選別して残したい思いから敢行したところ、★1羽化不全1のみに終わり、よい意味で予想を裏切られる結果となりました。
そして、完品で羽化した85.1mmは、サイズを狙うには有利と思われる長顎で、次世代以降のサイズ狙いに使用する楽しみが出てきました。
一方、♀は9頭中7頭も早期羽化させてしまい、これが痛恨のエラーです。

【6番系統】
インラインを回避しつつ847系で構成された配合で、5番がインラインで失敗した場合の保険の意味もありましたが、結果は安定しており、頭幅のある格好いい個体が多かったように思います。
また、866系と血縁的に離れているため、使いやすいのではないでしょうか。
このラインの♂を残さなかった理由は、同じ♂親の5番から85.1mm、7番から83.5mmが羽化しており、それらを残すことにしたからです。
ただ、このラインの♀も失敗で、9頭中5頭を早期羽化させてしまいました。

【7番系統】
この配合は、能勢2番と♀が同腹で、♂親は異なるものの847系で類似しています。
これらは、準ギネス系P7952という稀少ラインを含みますが、来年以降、2番と7番のどちらが有望なのか・・・考えてもわかりません。
このラインは、16頭中12頭が♂に偏り、2♀は早期羽化となりましたが、通常羽化の2♀はどちらも54mmを超えて来たため、密かに期待し、♂83.5mmと共に種親として残しました。

【8番系統】
871同腹のインライン配合で、当たるか外れるかの興味も含め期待していましたが、一番振るいませんでした。
クワ友さんと幼虫を折半して11頭を飼育し、♂6頭が羽化して80mmオーバーは2頭だけでした。
血統的には超良血ですが、インラインによる頭打ち現象を感じましたので、871血統の流れを汲むラインは、成績の良かった9番と10番を種親として残すことにしました。

【9番系統】
幼虫時の経過では、体重判断で最も期待の大きかったラインですが、終わってみれば80mm未満はでなかったものの83.6mmが最高でした。
ただ、準ギネス系のP8250の血を含むため、将来の血のバリエーション確保を考えると残して発展させたいラインだと思っています。
個人的には大きな♀が出たラインの次世代は有望と思っていますので、2頭の55mmUPの結果から密かな期待はあります。

【10番系統】
自己ギネスを大きく更新する86.7mmが完品で羽化しました。
871ギネス同腹♂と前ギネス866同腹♀との交配ですが、血統的な後押しと共に871系と866系の相性のよさを感じます。
867は、このラインのなかでは頭幅もあり、♀側の866系の影響が大きいのかもしれません。
来年のうちのエースとして色々な♀に交配してみようと思っています。

このように異なる2系統からある程度の種親を確保できたことで、組合せのバリエーションは広がりました。
しかし、世の中の飛躍的な羽化サイズの伸びについて行くためには、さらなる強化を検討したいところです。
あと何年ブリードを楽しめるかわかりません。
飼育条件の検討だけでなく、血統管理、優良な種親の確保など、私なりに全力投球で行きたいと思っています。
スポンサーサイト
[ 2013/08/01 12:28 ] ブリード2012 | TB(-) | CM(6)
こんばんは
先のことを考えた配合で素晴らしいです。
私なんて補強しなくては絶対無理な配合です。
早期♀は駄目ですかね。
私は期待しています。
2012年は私は駄目駄目でした。
今期に全力で頑張りたいです。
[ 2013/08/02 22:02 ] [ 編集 ]
こんばんは
ウチの4中旬~5月上旬投入組の2ラインの内、1ラインは30頭中9頭が早期羽化(♂♀含む、蛹★含む)、もう1ラインは13頭中早期羽化0です。同じ環境で飼育した結果です。結論づけるのは尚早ですが、ラインによるだけかな、と。

どうなんでしょう??
[ 2013/08/02 22:48 ] [ 編集 ]
>よしくわさん
おはようございます。

過分なお言葉ですが、私も先のことはそんなに考えていません^^;
と言うより、飼育数が限られるため、ラインを増やせば各ラインが少数となり、各ライン内の幼虫確保数を増やせばラインを縮小となるため、先のことより今を全力投球になっています。
その点、よしくわさんをうらやましく思います。
私がパワーブリードやると病気になると思います。

> 早期♀は駄目ですかね。
私もむしろ期待できると思います。
産卵成功率も高く、たくさん産卵する傾向にあると思いますので!
大型化、高齢化に進むほど産卵が難しくなる現状からも、「小さくて若い」は有利ではないでしょうか!
それに、早期羽化させて小さいことは、能力的には問題ない感触もありますしね!

> 2012年は私は駄目駄目でした。
私も久留米が本当にダメダメでした(笑)
過去は忘れて、今年をがんばりましょう!!
[ 2013/08/03 08:03 ] [ 編集 ]
>ougoさん
おはようございます。

ougoさんのところでも高頻度で早期羽化したラインがあったようですねぇ・・・。
蛹化までの期間や蛹化スイッチの入り易さには、個体差が歴然と存在します。
しかし、早期羽化しにくい環境づくりを行っておけば、ほとんどのラインで回避できると思います。

私も今年はあんなに多く出さないように、4ヶ月経過した頃からの管理に気をつけようと思っています。
[ 2013/08/03 08:12 ] [ 編集 ]
おはようございます
一番は、血統でしょうかね?  オオクワブリードは、ホント奥が深いですね。
今期は、久留米年なのでYGとの違いをデータ上で検証してみたいです。
[ 2013/08/03 08:53 ] [ 編集 ]
>教官さん
こんにちは。
コメントありがとうございます。

> 一番は、血統でしょうかね?  オオクワブリードは、ホント奥が深いですね。

一番と言うより、「全て」だと思います。
個体の持つポテンシャルが100%で、それをどこまで引き出せるかが、エサ、環境、飼育者のかかわりではないでしょうか!
下手をすればするほど、それが引き算として繁栄していると私は考えています。
よって、オオクワ飼育は、上手な人が結果を出せると言うよりは、むしろミスをしない人の方が結果を出せるのではないでしょうか?
その上で、2番があるとすれば、引きの強さと運だと思います。

> 今期は、久留米年なのでYGとの違いをデータ上で検証してみたいです。

私もある意味で久留米年です。
現時点では、1~1.5mmは劣勢だと思いますので、久留米復権をかけてがんばりたいですねっ!
現状は厳しいと思いますが、あきらめません!!
[ 2013/08/03 15:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR