waizuの観察記録や検証結果を公開しています

オオクワ飼育に必要なこと

突然ですが、オオクワ幼虫飼育における「技術」って何でしょう?
一般的に技術と言えば、習得に膨大な時間と努力が必要なイメージがあるため、オオクワ飼育のどの部分に当てはまるのかがピンときません。

では、技術と言えるものはなのでしょうか?
特殊技術は思いつきませんが、基本技術はたくさんあると思います。
例えば、12年くらい前までは大型幼虫のセミ化を回避する手法ですら確立されていませんでした。
また、優良な♀幼虫を強制的に早期羽化させ翌年には種親にしてしまうと言う手法が、最近になって流行し始め、その強制早期羽化条件や良好なブリード結果も示されています。
また、ビン底に蛹室を作製し始めた際の対処法、キノコ発生を軽減するための管理法などは、知っていて得する技術だと思います。

さらに、安全で確実なペアリング、産卵環境の整備、安全な幼虫確保、計画的な菌糸ビンの準備、ステージに応じた温度管理、ビン交換タイミングの判断、ビン交換に適したスプーンへの加工、ビン交換の手際よさ、幼虫へのストレス軽減、幼虫頭幅からの素質予測、管理経過からの外から見えないビン内の状況判断、菌糸ビンにカビを発生させない、ダニ・トビムシを発生させない、菌床をよい状態で長期間保つ、羽化時期のコントロール、血統を構築し独自ラインで結果を出せる・・・などもあるでしょう。

ただ、ここに挙げた小さな基本技術を、どの場面でどのように使っていくかによって結果は違ってきます。
この判断力は、センスと言ってしまえばそれまでですが、経験で磨かれます。
結局は、たくさんの基本技術を組み合わせ、それらを実践の中で活かし結果につなげることができるかどうかがポイントで、そう考えれば「技術」はむしろ「技能」と表現する方がよい気がします。

こんなことを考えたのも、「オオクワ飼育で結果を出すにはどうすればよいのでしょうか?」との難題を投げかけられることがあるからです。
100点満点の解答は書けませんが、私が思っている結果を出すために必要な項目を挙げてみます。
「血統」「知識」「技能」「整備された管理空間」「家族の理解」「時間」「体力(健康)」「情熱」「気力」「努力」「運」(温度管理やエサは技能、整備された飼育空間に含む)
そして、それらを高い次元で実現するためには、「情報収集能力」「人脈」「環境整備費用」「生活習慣の見直し」なども重要となるでしょう。
これらに、優先順位をつけることは難しいくらいどれも大切だと思います。

以前は、大型作出に重要なこととして、「温度管理」「エサ」「血統」が挙げられ、次に飼育技術(腕)云々と言われていましたが、このように見てみると、単にそれらだけでは片付けられないほどの要因があることがわかります。
結果や事象には必ず理由があるというのが科学的な考え方です。
安定してハイレベルな結果を出せる人には、必ず理由があるはずです。
私もさらによい結果を安定して出せるブリーダーをめざして、自身に必要なことを見直しています。
しかし、どうにもできないこともたくさんあるのが現状です。
それらを少しでも補うために飼育法を研究し、技能を高めて行きたいと思っています。
以前から言ってきたことですが、ギネス競争に加われなくても、オオクワ飼育それ自体が好きで、研究が楽しい!!やはり、これが私のブリードスタイルのようです。

「オオクワ飼育に必要なこと」それは、実は「自分のやり方で楽しめる!」ことだと思っています。
私もこの趣味を始めて13年目に突入しましたが、その間に多くの人が去っていきました。
その方々の中には、やむを得ない諸事情による場合もありますが、本当の楽しみ方を見つけられなかった人も少なくないと感じています。
現在交流のある方々と10年後も続いていたらいいなぁ・・・と、そんなことを思いながらブログを綴っています。
みなさん、末永くよろしくお願い致します。
以上、個人的な意見でした。

P.S.私を取り巻く環境もやや落ち着きましたので、コメント欄も復活させてみます。
スポンサーサイト
[ 2013/11/22 00:10 ] 個人的意見 | TB(-) | CM(16)
お久しぶりです。
少し前のwaizuさんのブログに、他の事に熱中していると
書いてあったので、オオクワブリードの熱意が少し冷めつつ
あるんじゃないかと心配していました(^_^;)
久し振りにwaizuさんの熱い語りが聞けて嬉しい限りです♪

私も最近よく考えます!
どうしたら大型個体が作出出来るのだろうかと!
最近思うのは小さな事でも、その積み重ねが大事なのでは
ないかと思っています。
人それぞれ拘りがあると思いますが、拘り方にもセンスが
あるのかもしれませんね。
私の拘りにセンスがあるかは・・・・微妙です(^_^;)

私は10年後もオオクワをやっているつもりですので、
こちらこそ末永くよろしくお願い致します(^O^)

あっ、今更ですが、リンク頂きます(^^)
[ 2013/11/22 00:53 ] [ 編集 ]
おはようございます
「管理経過からの外から見えないビン内の状況判断」 これにはホントwaizuさんに助けられました。そのおかげで850に会えました。

知識、経験があっても、その場面、そのボトルを目前にしたとき正解に近い行動をとれるか、これも技能なのでしょう。

waizuさんが思われている結果を出すのに必要な項目、これらは飼育を長く続けるために必要な項目でもあるように思えます。

今は少しでも大きい個体を・・・と思っておりますがいずれは余裕を持って飼育をし、系図を見ながらニヤニヤしたいですね。

昨夜ボトルを齧ってる音がするのでみるとwaizuさんからの82.0を使った幼虫のボトルでした。1本目24.5gでしたがボトル側面から幼虫の姿をみると「でかい?」って感じでしたよ。勿論掘り出さないと何とも言えませんがテンションが上がりました。



[ 2013/11/22 07:08 ] [ 編集 ]
Re: お久しぶりです。
トシクワさん、おはようございます。

ブリード熱意は変わっていませんよ!
時間がないだけです^^;

> 最近思うのは小さな事でも、その積み重ねが大事なのでは
> ないかと思っています。
私もそう思います。
夢のようなマル秘テクニックを求めたくなりますが、何事も地味にコツコツ行くのが大切かと!

> 私は10年後もオオクワをやっているつもりですので、
> こちらこそ末永くよろしくお願い致します(^O^)
よろしくお願い致します。
まず、生きていないといけませんし(笑)、健康も維持できていないと・・・。
やはり、何事も健康第一ですねっ!

> あっ、今更ですが、リンク頂きます(^^)
ありがとうございます。
私も貼っておきました!
[ 2013/11/22 08:01 ] [ 編集 ]
Re: おはようございます
ougoさん、ど~も!
すっかりご無沙汰しています。

> 知識、経験があっても、その場面、そのボトルを目前にしたとき正解に近い行動をとれるか、これも技能なのでしょう。

この状況判断能力は、人によって最も差の出るところではないでしょうか?
日常生活の中でも、各組織の中でできる人とできない人の差は、ここが大きいですねぇ・・・。

> 昨夜ボトルを齧ってる音がするのでみるとwaizuさんからの82.0を使った幼虫のボトルでした。1本目24.5gでしたがボトル側面から幼虫の姿をみると「でかい?」って感じでしたよ。

それは楽しみです!
でも、今だけでかいのかもしれません(笑)
私も先日、ブログに掲載した37.9gの同腹幼虫で絶対あれよりデカイだろうと思って、カメラをセットして2本掘りましたが不発でした^^;
でも、この結果を知るまでの期待感も含めて、飼育の楽しさが広がっていると思います。
テンション下げるようなこと書きましたが、予想が実現!を期待しています。
[ 2013/11/22 08:03 ] [ 編集 ]
こんにちは。
自分も飼育が好きなだけかもしれません。
色々毎年課題を考えて実験しています。
それが、サイズにつながらないのは残念ですが、一つ一つをクリアーしていくことを目標にしています。
飼育数が多ければ複数の課題をこなす事も出来ますが飼育数が少ないので一歩一歩進んで行きます。
趣味なので楽しく長く続けていければと思っています。
[ 2013/11/22 09:14 ] [ 編集 ]
おはようございます。
色々考えてしまいます。
我が家の場合、組合せが一番悩みます。
次に餌、温度管理です。
今年、我が家の家のエアコンが故障し、取り替えました。
その際、業者さん(知人)からエアコンの暖房のついて詳しく教えていただきました。結果、我が家の虫部屋のエアコンでは冬場に一定の温度帯で管理することが難しいことがわかりました。でも資金等の関係で対策ができない。
エアコン一つととっても、無知でした。突き詰めれば、色々と理解できてきます。。
[ 2013/11/22 09:15 ] [ 編集 ]
おはようございます。
本当にいつも共感と参考にさせて頂いてます。
私も一度退いて10年近くのブランクからの再開です。
初めて80mmが出た直後に諸事情により撤退しましたが、またこの世界に戻って来てしまいました。
やはり、いろんな理由や事情があった中でも「好きだから」の単純な理由があったから再開したのだと思います。
再開して見て思っているのは、自己流で本を見ながら飼育していた昔と違ってブログやネットの環境で情報の交換や学習が出来るのは凄く嬉しく思います。
その環境の中でも、waizuさんの記事が一番の教科書となっています。
私も再開した以上は、出来る限り皆さんと楽しみながら飼育を続けて行きたいと思ってますので今後とも宜しくお願い致します(^^)
[ 2013/11/22 09:30 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは。
paxさん、こんばんは。

課題を考えて検証するのは楽しいですよねっ!
結果がすぐに出なくても、結果が出るまで続けるのが実験ではないでしょうか?
私も小規模なので時間がかかります。
時間をかけてゆっくり楽しみたいですねっ!
[ 2013/11/22 18:17 ] [ 編集 ]
Re: おはようございます。
ゲバゲバ90さん、こんばんは。

組み合わせは、みなさんもそうでしょう・・・。
私は、迷った時は第六感です^^;

冬のエアコン管理ですかぁ・・・。
私は、加温はヒーターを使った温室で行うためよくわかりませんが、業者さんが言われるのならそうなのでしょうね。
環境整備ひとつ取っても、各人で問題点と対策は異なることがよくわかりました。
[ 2013/11/22 18:27 ] [ 編集 ]
Re: おはようございます。
mustarさん、こんばんは。

10年ブランクがあっても復活されたのは、お好きなのでしょうねっ!
これから、ブランクの分も楽しんで、取り返して頂きたいと思います。
その10年の進歩はハンパないですけど・・・^^;

おっしゃる通りで、IT時代を迎え、簡単に多くの情報を入手できます。
一方で、仮説の上に構築された理論もあるため、慎重に扱う必要のあるものもあります。
それらは、正しいかもしれないけれども根拠がない。
しかし、それらがまちがいと言える根拠もない。
時間をかけて正しい手法で検証できれば楽しみは広がりますねっ!
[ 2013/11/22 19:17 ] [ 編集 ]
こんばんは
>ギネス競争に加われなくても、オオクワ飼育それ自体が好きで、研究が楽しい!!やはり、これが私のブリードスタイルのようです。
waizuさんのメッセージですね。(^ ^)

私も今ブリードを楽しんでいる方や
これから始められる方にいろんな楽しみ方が
出来る趣味であることを知って欲しいと思っています。

waizuさんのブログ更新を楽しみにされている
方のために、これからも有益な情報発信を
期待しております。(^ ^)

[ 2013/11/22 20:26 ] [ 編集 ]
こんばんは
私もオオクワ飼育が好きなのでここまで続けられています。
いろいろ研究しなければ大型作出しても熱は冷めちゃいますね。
偶然当たりラインに巡り合うのではなく自分の考えで組み合わせで当たりにしなくては面白くないですから。
[ 2013/11/22 23:03 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
チョネさん、ど~も!
すっかりご無沙汰しております。

いつも感心しますが、精力的にこの趣味を盛り上げる活動をされていますねっ!
これからもがんばってください。
私もみなさんが楽しめるような話題提供を心がけて行きたいと思います。
もう、あまり書くことは残っていない気もしますが・・・。

また、機会があれば連絡しますので、喉を鍛えて待っておいてください(^^)v
[ 2013/11/23 13:37 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
よしくわさん、こんにちは。

> 偶然当たりラインに巡り合うのではなく自分の考えで組み合わせで当たりにしなくては面白くないですから。
馬券も予想やの買い目ではなく、自分の考えて的中したいようなものですねっ!
というしかし、馬券もいくら考えてもわからない時があると言うか、考えるほど迷ってわからなくなる点では、配合検討もよく似ているかも!?
めざせ!オオクワ配合万馬券!!ですね^^;
[ 2013/11/23 13:42 ] [ 編集 ]
こんにちは
waizu様、こんにちは。
いつも楽しみに拝見させていただいております。
私は17年ほど前に初ブリを開始し、仕事の都合で
一時期中止しておりましたが3年前から復活しました。
以前の仲間では結果が出ずに辞めた人や、
病気で断念された方もおられましたが
こうやって復活できるのは健康だからですよね。
今回の記事を読んで改めて思いました。
なのでサイズで結果が出ないとかで辞めたりせず、
サイズに関係なく無事羽化してくれる事を
大切にしていこうと思います。生き物ですから。

よろしければ相互リンクお願い致します。
[ 2013/11/23 17:19 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは
kuwakobitoさん、こんばんは。

3年前から復活されてようですねっ!
やはり、健康第一ですね!

相互リンクのお誘いありがとうございます。
私の方もリンク、RSS取得ともに工事完了しておきました。
今後ともよろしくお願い致します。
[ 2013/11/23 21:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 11月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR