waizuの観察記録や検証結果を公開しています

菌糸ボトル内の水分推移

今期は、特に実験を行うこともなく、観察も疎かになり、反省しきりのシーズンとなってしまいました。
ペアリング2014を開始しましたし、気持ちを切り替えてがんばろうと思っています。

そんな中、菌糸ボトル内の水分がどの程度変化しているのかを知りたく行った実験がありますので紹介してみます。
これは、幼虫を投入しない状態で、3ヶ月後の水分含量を追ったもので、ブリード上での有用性は疑問ですが・・・。

私が思ったことは、時間の経過と共に菌床は乾燥し固くなっていきます。
では、フタの通気性の影響をどの程度受けるのだろう・・・?
幼虫の順調な成長には、一定濃度の酸素と水分が必要です。
一方で、通気性をよくすれば乾燥しやすくなります。
では、どこでバランスをとればよいのか!?
まず数値化して追ってみよう!!
以上が、この実験を思い立ったキッカケです。

問題は、菌床中には水分以外に熱で揮発する成分もあることです。
正確な水分測定機器もないため、原始的は方法でのアプローチとなりました。

【試験条件】
105℃4時間で乾燥させ、減量値を水分含量の概算とする。

【方法】
菌床1ブロックをふるいにかけ均等に撹拌したのち、同じボトルに同じ容量を詰める。
3種類の通気性の異なるフタをし、同じ場所に3ヶ月間放置したのち、上記試験条件にて減量値を算出。
試験に用いた資料は、各約3.0gとした。
また、ボトル表面からの深度によって水分変化が異なることも予想されるため、上部から2㎝部分と底から2㎝部分の2ヶ所をサンプルとした。

【結果】
2013年11月28日にボトル詰めした際の試料の乾燥減量は53.3%であったが、2014年2月28日に測定した乾燥減量は、上部2㎝部分で概ね43%、底から2㎝部分で概ね42%であった。

【考察】
表面に近い部分の方が乾燥していることを予想していたが、測定結果はむしろ逆であった。
また、フィルターの種類による差は、それほど見られなかった。
ただし、今回の結果は、誤差の範囲である可能性もあり、サンプル数を増やして再検証する必要があると思われる。

【まとめ】
幼虫の大型化に向けた飼育法を考える場合、適正な水分含量の把握、水分保持と通気性のバランス設定、水分推移を考慮したボトル交換サイクルの検討も必要ではないかと考えられる。

※今回の実験は、私個人の研究であるため、使用菌床、フィルター設定などの詳細は公表を控えさせて頂きます。

余談ですが、質問がありました。
オオクワ用語でよく用いられる「頭幅」は何と読むのが正しいのでしょうか?
スポンサーサイト
[ 2014/03/13 17:56 ] 自由研究 | TB(-) | CM(8)
はじめまして。
はじめましてGoshinと申します。
今年からYGブリード始めます新参者です。
去年の秋くらいからWaizuさんのブログで勉強させて貰っています。
YGの歴史など、勉強になりました。
最近ブログも始めたので、もしよければ相互リンク宜しくお願いします。
[ 2014/03/13 18:28 ] [ 編集 ]
こんばんは。
実験について興味深く拝読しました。
それぞれのフィルターがどのような物なのか判りませんが、差異が出なかったのが気になります。
3ヶ月間の途中経過、特に始めの方のデータがあれば何か判るかも、と感じましたが、如何でしょうか?
通気性に関わらず、雰囲気の湿度と平衡状態になった可能性はないでしょうか?

頭幅は とうはば と読んでおります。
[ 2014/03/13 21:58 ] [ 編集 ]
こんばんは
また凄い実験されましたね~。上部と下部では今回の実験では下部の方が乾燥してたんですか?意外ですね。

これ例えば25℃で3か月後の測定結果も下部の方が乾燥するのでしょうか?

フィルターについてもタイベスト紙が乾燥しにくそう、なんて思い込んでいますが・・・どうなんでしょう?あ、そうそう、タイベスト紙といえばどちらが表?裏?どう使うのがいいのでしょう?

またクリアボトルとPPでも違った結果がでるのでしょうかね?

頭幅は「とうふく」と読んでますが・・・質問ばかりだ><
[ 2014/03/13 22:07 ] [ 編集 ]
Re: はじめまして。
Goshinさん、はじめまして。

最初から相当気合の入ったスタートを切られたご様子ですねっ!
今後のブリード成績を楽しみに拝見させて頂きます。

> 最近ブログも始めたので、もしよければ相互リンク宜しくお願いします。

早速、作業しておきました。
今後ともよろしくお願い致します。
[ 2014/03/13 22:46 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは。
dapさん、こんばんは。

> 3ヶ月間の途中経過、特に始めの方のデータがあれば何か判るかも、と感じましたが、如何でしょうか?
そのためには、たくさんのサンプルでスタート切る必要があり、今回は3ヶ月後だけしか測定できませんでした。
1ヶ月と2ヶ月と3ヶ月の3点が採れればよいと思いますが、信頼性を高めるためには各条件3本としても27本でスタートしないといけません。

> 通気性に関わらず、雰囲気の湿度と平衡状態になった可能性はないでしょうか?
環境湿度の影響を受けることは間違いありませんが、平衡の概念は違うのでは・・・?
気体同士であればそうかもしれませんが、菌床中の水が水蒸気になるなりやすさだと思っています。
すると、菌糸表面とフタの間の空間の水蒸気濃度に左右され、よって通気性に左右されると考えますがいかがでしょう?

> 頭幅は とうはば と読んでおります。
私も、そう読んでいますが、どうもシックリきません。
道幅は、みちはばと読みます。
そうなれば、「あたまはば」「かしらはば」
幅をフクと音読みするなら頭も音読みして「トウフク」とか「ズフク」とかになりますよねぇ・・・。

国語に詳しい方いらっしゃいませんでしょうか?
[ 2014/03/13 23:00 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
ougoさん、こんばんは。

> また凄い実験されましたね~。上部と下部では今回の実験では下部の方が乾燥してたんですか?意外ですね。
下部が乾燥したというより、差がないのではないでしょうか?
さすがに、表面は乾燥しますが、そこから2㎝も入れば、ボトル内の水蒸気圧が平衡なのでは?

> フィルターについてもタイベスト紙が乾燥しにくそう、なんて思い込んでいますが・・・どうなんでしょう?あ、そうそう、タイベスト紙といえばどちらが表?裏?どう使うのがいいのでしょう?

材質よりも表面積が影響すると思います。
表と裏はわかりません。

> またクリアボトルとPPでも違った結果がでるのでしょうかね?
やってみないとわかりませんが、普通に考えたら差がないと思いますが・・・。
ポリエチレンとポリプロピレンでは通気性が違うと言われますが、それが差となるのはサランラップのような超極薄素材にした時では・・・と考えますが?
[ 2014/03/13 23:05 ] [ 編集 ]
こんばんは。
おっしゃる通り、平衡状態とは適切でなかったかもしれませんね。
要は、早いか遅いかだけで、ゴールは同じだということです。
逆にゴールが異なると何かが間違っていることになるのでは?

読みは、とうはば が一番マシですよ。

今、大きな地震がありました。
そちらは如何でしょうか?
[ 2014/03/14 02:05 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは。
dapさん、こんばんは。

今年は予備試験でしたので、また時間があれば、途中ポイントの数値とゴール地点を確認してみます。

地震の影響は、JRに出た程度で、特に問題ありませんでした。
ありがとうございます。
[ 2014/03/14 23:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 07月 【3件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR