waizuの観察記録や検証結果を公開しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペアリング事故の一要因

今はペアリングシーズン真っ只中ではないでしょうか・・・。

安全に産卵成功までこぎ着けることができれば、どんな手法でもよい訳ですが、よく議論となるのが、♂の大顎を縛るか縛らないか!?産卵期間は何日が適正か?などです。

私は、昨年は大顎を縛ってペアリングさせてみましたが、普通に成功しました。
そうであれば、♂の顎を縛ることは、安全にペアリングを行える手法として有力だと言えます。
一方で、毎年数多くのラインをペアリングされる方の経験談を伺うと、トラブルはないと言われる人もあります。
そこで、今年は全く顎は縛らずにペアリングを実施してみました。
現時点で16頭の♀にペアリングを実施していますが、3頭が★となりました。
ペアリング事故例A
これは、同居4日目の観察で発見!
仰向けになり前胸背板に大きな穴が空いていました。
この時点では生きていましたが、3日後には動かなくなりました。

次は悲惨なギロチン状態です。
ペアリング事故例B
これは、同居7日目で取り出そうとした際の場面です。

ちなみに、もう1頭がギロチン状態でした。

ここまでを読むと顎を縛る必要性が出てきそうですが、背景を検討すると事故に及ぶ一要因が見えてきました。
それは、この3♀はすべて、昨年と同配合の2年目ペアリングだったということです。
産卵管が消耗していることが問題なのか、年齢が問題なのかはわかりませんが、♀が交尾を拒んでいるのではないでしょうか?
2年目の♀の使用は控えるか、♂の顎を縛っておいた方がよいと思われます。
また、同居期間も3日くらいまでがよいと思います。
少なくとも♂♀が共に若い場合のリスクはかなり低いのではないでしょうか・・・。

次にペアリング期間です。
確実性を高めるには長い方がよく、リスク回避には短い方がよいのはわかりきったことですが、効率的に短期間で成功率の高い手法を求めてしまいます。
掛かるものは3日でも十分掛かかるため、昨年までは3日同居させ、お試し産卵で失敗すれば3日追加し、それでダメなら諦めるスタンスでやっていました。
ペアリング環境も成功率に左右すると思われますが、3日で失敗しても追加で成功する例もいくつか経験したため、今年は基本を5日間として、3日パターンや7日パターンをランダムに設定して、その結果を楽しみに待っている状態です。

私の場合、ずっと暗くて静かなところで、ペアリングセットを組んでいますが、もしかすると昼夜がある環境の方がよいのでは・・・と考えることがあります。
日中はエサ皿の裏、夜間に出てきてエサ場で出会うというリズムがよい方向に左右しそうな気がするだけなのですが・・・^^;
以前から検証してみたいと思いながらも、成功すればどうでもいいか!と思ってしまいます(笑)

スポンサーサイト
[ 2014/04/11 00:22 ] ペアリング | TB(-) | CM(18)
おはようございます
2枚目の写真はホント悲惨ですねぇ~。私なら放心状態になりそうですよ。

ウチは以前お話した通りアゴ縛りの3晩~4晩同居です。掛かってないやつもいるかもしれません。良くないとはわかりつつも夜電気をつけたりしてしまうのが、ストレスになるでしょうね。

2年目のペアは慎重になったほうがいいようですね。
[ 2014/04/11 05:15 ] [ 編集 ]
Re: おはようございます
ougoさん、おはようございます。

早起きですねっ!
いつもコメントありがとうございます。

> 2枚目の写真はホント悲惨ですねぇ~。私なら放心状態になりそうですよ。
私もうわぁーって思いました^^;
しかも今年は2頭も遭遇・・・びっくりです。

ougoさんは、顎縛りですね!
面倒くさいですけど、確実な手法だと思います。
特に貴重な種親を使用する場合には!

夜間はストレスをかけない方がよいですね(笑)
[ 2014/04/11 06:20 ] [ 編集 ]
グリーン
確かに2年目♀の場合は今2頭目が終了して3頭目を掛けてますが、
新成虫♀と違い、♂と一緒に添い寝などしていませんね。
♀はエサ皿の下にいて、♂は独り寂しく外にいます(汗)
私も見ていると2~3日の期間が限度かと何となく思いました。。
[ 2014/04/11 08:19 ] [ 編集 ]
おはようございます。
3♀ですか(汗)
災難でしたね(汗)

顎縛りはやらない方は一切やらないらしいですね。
私は昨年のペアリング一発目で♀殺しにあったので、今回は顎縛りしてペアリングを開始しました。
途中で餌を食べずらいのではと思い外しましたが幸い今の所事故は起きていません。

♀が交尾を拒むと起きやすいんですか。
起こる時は一瞬でしょうから起きない事を祈るしかありませんね(;^_^A
[ 2014/04/11 08:40 ] [ 編集 ]
こんにちは。
やっぱり事故は起きるんですね。
自分はブリード初めてで、今の所
10♀位無事故なので、あまり気にしていませんでしたが
勉強になりました。
[ 2014/04/11 11:40 ] [ 編集 ]
やっぱり^^;
私は明日からペアリングで、アゴ縛りなして行こうと思ってましたが、やっぱりこの画像見ると縛ります^^;
♀が交尾を嫌がると交尾したい♂は追い掛け回し、イライラしてガブっとやっちゃうんでしょうか?
人間も同じ…あっ失礼しました^^;
[ 2014/04/11 14:25 ] [ 編集 ]
こんにちは。
2年目は要注意なんですね!!気を付けます^^
いくら仲良くしていても 分からないもんですね・・・

今年も昨年同様に顎を縛らずにチャレンジしました^^;
事故は起きませんでしたが
幼虫をゲットできるかはこれからですね^^;

[ 2014/04/11 17:34 ] [ 編集 ]
こんばんは。
当方でも現在、1♂に2頭目の♀をペアリング中ですが、1頭目は問題なかったのに、2頭目は初対面で興味を示さず、挙句の果てに♀を威嚇しだす始末。でも、これまでDVで♀を失った経験はありません。
ちなみに1頭目♀は一冬越した新品、2頭目は二冬越した新品です。
DVに関して、私はwaizuさんとは少し異なる推測をしていますが、♀の状態に起因する所は同じです。飽くまでも推測の域を出ませんが...。
[ 2014/04/11 22:00 ] [ 編集 ]
Re: グリーン
グリーンさん、こんばんは。

おっしゃる通りで、エサ皿の裏にいないことが多いように感じます。
たまたまかもしれませんが、いつもどちから、もしくは両方がエサ皿の外にいることが多いです。
ペアリング日数が長くなればその傾向はより高まる気がします。
もっとたくさん観察してみないとハッキリしませんけど・・・。
[ 2014/04/11 23:41 ] [ 編集 ]
Re: おはようございます。
mustarさん、こんばんは。

たしかに災難ですが、生殖能力欠如の場合も含め、うまくいかなかったラインは縁がなかったと思うようになりました。
しかし、あんなに酷いことされては、♀がかわいそうで・・・。
♂にお仕置きをしてやりたい気分でしたよ・・・。

> 私は昨年のペアリング一発目で♀殺しにあったので、今回は顎縛りしてペアリングを開始しました。
> 途中で餌を食べずらいのではと思い外しましたが幸い今の所事故は起きていません。
私もブリードを12年くらいやっていますが、縛ったのは昨年だけです。
新成虫同士では、ほとんど♀殺しの経験はありません。
♂の足が欠損したことはありますが・・・。
一方で、2年目♀では何例か起きていたので、今年の3連荘で確信に変わりつつあります。

> ♀が交尾を拒むと起きやすいんですか。
これは、オオクワ♂に聞いてみないとわかりません(笑)
性格の問題もあるかもしれませんし・・・。
[ 2014/04/11 23:48 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは。
Goshinさん、こんばんは。

> やっぱり事故は起きるんですね。
現実をカメラにおさめて紹介しましたので、事実です。
ただ、新成虫ではないことがポイントです。
若い個体を使い、適正なペアリング環境を整えてやれば、発生頻度は低いと思いますが・・・。
[ 2014/04/11 23:50 ] [ 編集 ]
Re: やっぱり^^;
kuwakobitoさん、こんばんは。

> 私は明日からペアリングで、アゴ縛りなして行こうと思ってましたが、やっぱりこの画像見ると縛ります^^;
これみたら縛りますよ(笑)
期待の高い重要ラインでは、縛るに越したことはないと思いますよ!
勝負ラインで真っ二つにされたのを見たら放心状態になると思います。

> ♀が交尾を嫌がると交尾したい♂は追い掛け回し、イライラしてガブっとやっちゃうんでしょうか?
> 人間も同じ…あっ失礼しました^^;
そうかもしれませんよぉ~(笑)
[ 2014/04/11 23:53 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは。
田舎っぺ。さん、こんばんは。

まだまだ、わからないことがいっぱいです。
顎縛りは、特に必要なないと思いますが、事故が起きると凹みますね^^;
幼虫ゲットできるといいですねっ(^^)v
[ 2014/04/11 23:57 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは。
dapさん、こんばんは。

オオクワガタも若い方がいいのだと思いますよ!
きっと!!
しかし、この考えも推測の域をでない私の勝手な想像です^^;

推測したからには、検証したいところですが、よい方法はないものでしょうか・・・?
[ 2014/04/12 00:02 ] [ 編集 ]
こんにちは
現在、ペアリング中です。
今期は今の所、アゴ縛りしてません。

昨年から実行していることです。

1.ペアリングのケースにまず♂を入れて、環境に慣れさせる。
 ・・・エサを食べるほど落ち着けばOK。1日もあれば十分。

2.♀を投入後、ケースを遮光する。
 ・・・クワ部屋の電気を点けた時、バタバタと驚くのを防ぐため。

3.ペアリング期間は5日前後。
 ・・・これは1週間サイクルでペアリング相手を変えるためだけの理由です。
 ・・・次の環境に慣れさせるためと休養を兼ねて2日ほど、間を空けます。


とにかく、♂に嫌がられないためにはどうしたらいいかと考えました。
たまたまかもしれませんが、これで事故は起きなくなりました。

ただ、2年目の♀は使ったことありませんので、いい勉強になりましたね。
[ 2014/04/12 07:38 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは
ashtakaさん、おはようございます。

丁寧な情報提供ありがとうございます。
1と2は、私も全く一緒!3も概ね同じです(^^)v
大き目の円形エサ皿もしくは、ラブハウスの名称で販売されている長方形のエサ皿を使い、♂がエサ皿の裏でくつろいでいる時にそっと♀を投入しています。
エサ皿の上には2つのゼリーを置きますが、外のマット上にも♀用のゼリーを配置しています。
これでも、2年目♀(1年目も使用)では、5頭中3頭が殺されてしまいました。
新成虫では現時点で11頭でトラブルなしです。
Ashtakaさんのところでも初年度使用でトラブルなし!
ここまでの観察からも初年度ブリードではトラブル発生率は極めて低く、2年連続ブリードではハイリスクと言えそうです。
[ 2014/04/12 08:56 ] [ 編集 ]
こんにちは
我が家は一昨年に新成虫♀をやられました。^_^;

監視下ペアリングでも相性の悪いように
感じる場合もあり、昨年からは全て顎縛りを
しています。

メリットは複数回のペアリングでも
余計な心配が必要ない事でしょうか。
デメリットはペアリングが長期間に
及ぶ場合に、負担を掛けてしまうこと
でしょうか。
憶測の域ですが。
[ 2014/04/12 19:31 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは
チョネさん、こんばんは。

新成虫でも起こり得ると言うことですね!
監視下ペアリングで相性が悪く感じるをヒントに思い出したことがあります。
せっかくなので、続編として記事にさせて頂きます。
キッカケをありがとうございました。
[ 2014/04/13 22:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
月別過去ログ

2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。