waizuの観察記録や検証結果を公開しています

ペアリングに関する考察

今年のブリードに使用した♀は、久留米5頭、能勢12頭です。
考察できるほどのサンプル数ではありませんが、今後のためにメモ書きとして残しておきます。

まず、久留米では新成虫を使用したのは1例のみ!
エバクワさんより譲って頂いた♀52.0mm(12KU122)に対し、Waizu854と7日間のペアリングを実施しましたが、ことごとく空砲で採卵には至りませんでした。
それ以外は、昨年と同じ組合せの2年目交配でしたが、2♀は3日目と7日目に真っ二つ、1♀は事故なく5日間ペアリングを実施できましたが、こちらもことごとく空砲でした。
このような状況の結果、今年の久留米はエバクワさんに種付け頂いた久留米19番のみとなりましたが、先月11番から86.5mmが羽化したため、同配合の2年目ブリードを追加しました。
経験的に2年目♀のペアリングでは事故率が高いことを感じていたため、このペアリングでは♂の顎を縛って5日間おこないました。
その結果、卵は確認できています。
このままふ化してくれれば、今年の久留米は2ラインになる予定です。

今年の久留米事例を実践に活かすとすれば、2年目ブリードを行う場合は、事故予防目的で、♂の顎縛りを行うべきだということです。

次に能勢YGです。
使用した♂は86.7mm、85.1mm、83.7mmの3頭で、使用した♀13頭はすべて新成虫でした。
2週間のセットしても、初令2頭だけのラインや初令3頭のラインもありましたが、空砲ばかりでゼロとなったのは、わずか1ラインだけでしたので、今年のペアリングは大成功と言えるでしょう!

もう少し詳しく説明すると、837には1♀、851には3♀を5~7日間ペアリングしてすべて成功。
一方、期待して使用した867にはがんばってもらい、3/12~5/15の間に9♀と12クールのペアリングを実施してしまいました。
ペアリング期間は5日を基本としましたが、1♀は4日、3♀ほど3日としてみました。
ペアリング♀9頭にはエバクワさんとのコラボも含み、2頭の♀に5日間のペアリングを実施してお送りし、それぞれ25頭と26頭の幼虫が採れたとの報告を頂いています。
この867ラインを考察してみると、偶然かもしれませんが、成績が悪かったのは3日セット群の3ラインです。
1つのラインは、1本目の材をかじる行動もなく失敗と判断し、5日間の再ペアリングで17頭の幼虫を獲得しましたが、他のラインは、1本目空砲→4日再ペアリングして空砲→5日間再ペアリングして空砲でした。
もう一つのラインは、2週間のセットで2頭のみ幼虫であったため欠番として友人に提供しました。

今年の経験からポイントを挙げてみます。
①昨年の監視下ペアリングに比べれば、通常ペアリングで格段に成功率が上がった。
②4日間以上ペアリングした群で失敗例はなかった。
(もっとも産卵の多かった41頭のラインは4日ペアリング)
③♀が新成虫の場合は、♂の顎を縛らなくても事故は発生しなかった。

以上より、来年以降のペアリングは5日基本でよいと判断しています。
また、エサ皿の裏の状況で判断することが話題になることもありますが、ペアリング終了時に必ずも♂♀が一緒にいなかった例も多くあり、それほど気にするポイントではないと感じています。
結局は、適正なペアリング環境下で5日間放置ですべて成功した訳ですから・・・。
逆にこれでダメな例での追加ペアリングは効率が低いと考えてよいと思います。

また、1♂に12クールのペアリングを実施したことはありませんでしたが、これもよい経験となりました。
ペアリングの各クール間の休養期間をどう設定すべきかは難しいところですが、♀から次の♀の間に休みを挟まず連続実施しても成功率に特に影響している印象はありません。

最終的には、個体差が大きく影響するため、本日の記載内容がすべてのブリーダーに当てはまるとは思えませんが、少しでも参考になるところがあればと思い記載してみました。

大切なことは、各人の環境と手法においてデータを収集し、検証しながら常に改善を試みる姿勢ではないでしょうか・・・。
スポンサーサイト
[ 2014/07/03 22:44 ] 観察&考察 | TB(-) | CM(12)
こんにちは
2年目の♀個体を2012年度、インラインで使った
ことがありましたが産みませんでしたね。
個体差はあると思いますが、やはり産卵管が
萎むのか劣化するように感じます。

私は親虫の産卵時期も影響しているなと感じています。
如何でしょうか?
[ 2014/07/04 07:55 ] [ 編集 ]
おはようございます。
2年目♀の再ペアリングは見ていて怖かったです。
♂が何となく落ち着かない様子でしたから。。
ですので2日同居にしましたが結局産みませんでした(汗)
エサ皿のしたでの状態は目安としてみましたが、
基本的に5日間同居で殆どが掛かっていました。
今年はコラボラインもあったのでお互いに情報を共有しながら、
試行錯誤でき大変良い経験になったと思います。
[ 2014/07/04 09:00 ] [ 編集 ]
こんにちは。
2年目の個体を使用する場合、♂も2年目は気をつけた方が良いのですか?

今年、我が家で久留米の2年目を♂♀使用しましたが、未使用の2年目の個体でした。
幸い顎縛りをしなくても事故は起きませんでしたが、データ取りのサンプルとしてはは不足ですね。
産卵した2年目と未使用での2年目の事故率も気になるところです。
[ 2014/07/04 13:13 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは
チョネさん、こんばんは。

本当の原因はわかりませんが、データからは1年目産卵済の2年目産卵は
うまく行かないことを示しています。

> 個体差はあると思いますが、やはり産卵管が
> 萎むのか劣化するように感じます。
この主観的な意見は、理系の人たちを納得させられませんねぇ・・・(笑)
せめて、採卵管の内径を測定したデータを添付するか劣化状態を電子顕微鏡で撮影して欲しいです!

> 私は親虫の産卵時期も影響しているなと感じています。
> 如何でしょうか?
例えば、どのような現象を踏まえて、どう影響していると感じておられますでしょうか?
私は、毎年同じ時期にペアリング、産卵を行うため、違いを感じることができません。

また、どこからかコメントが手厳しいと言われますかねぇ・・・^^;
[ 2014/07/04 20:29 ] [ 編集 ]
Re: おはようございます。
グリーンさん、こんばんは。

大きなよい個体を羽化させられましたねっ!
おめでとうございます。

経験は大切です!
そちらも5日でほとんどが成功されたようですねっ!
このようなデータの蓄積が、ガイドラインとなり、さらに確実性が高まると
教科書的手法として定着して行くのではないでしょうか?
[ 2014/07/04 20:34 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは。
mustarさん、こんばんは。

> 2年目の個体を使用する場合、♂も2年目は気をつけた方が良いのですか?
これに関しては、気にしなくてもよいと思いますが、その根拠はありません^^;

> 産卵した2年目と未使用での2年目の事故率も気になるところです。
1年と2年目の違いよりも使用と未使用での差も充分考えられます。
たくさんのサンプルでやってみれば傾向はつかめるでしょうが、わざわざ2年目まで待って使うという必要性に疑問を感じます。
特に近年は、累代により血統もどんどん進歩しています。
その意味でも早期羽化♀を使うのが、有効な手法だとも思っています。
[ 2014/07/04 20:43 ] [ 編集 ]
こんばんは(*^^*)
今年は、ラインして幼虫10頭という悲惨な状況だったので来年はwaizuさんのペアリング参考に頑張ります(^^)
[ 2014/07/04 22:11 ] [ 編集 ]
こんばんは
いやぁ~、チョネさんへのコメント、waizuさんの期待通り「ニヤッ」としてしまいました。きびし~っ!!

でも逆にこれチョネさんが仕掛けたトラップ?なのでしょうか?waizuさんのコメントはチョネさんの期待通りだった?

私は以前、羽化ステージが一番難しいと思ってました。ところがそうではありませんね。ペアリング産卵幼虫採りの方が、なかなか思い通りにいかず、一番難しいんですねぇ。
[ 2014/07/05 00:00 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは(*^^*)
ジュンのオオクワさん、おはようございます。

悲惨な状況でしたかぁ・・・。
ペアリングは同居させて放置するだけですので、参考になるようなことはないのでは・・・^^;

幼虫をしっかり確保するためのポイントは、たくさんの♀を用意して臨むことだと思います。
来年に備えてしっかり準備しておきたいところですねっ!
[ 2014/07/05 08:13 ] [ 編集 ]
こん
根拠データ無き憶測は混乱を招く。
そこは?『ちょっと待った!』
waizuさんらしい。^ ^

ただこれは研究者が調べたデータが存在します。

メスの腹をあけて卵はたくさん入っているのに、
卵巣の出口に劣化・腐敗した卵が詰まっていて排卵できない
状態もあり、羽化からの期間が異なる♀をサンプリングして
比較した結果のようです。

種虫の産卵時期については、我が家だけのデータで
裏付けは無く、そんな経験がないか?お尋ねしました。
これはもう少しデータを集めてからですね。

[ 2014/07/05 08:27 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
ougoさん、おはようございます。

どーも!
ougoさんにはそう言って頂けると思って書きました(*^^)v
そこが、一番の期待通りです(笑)

ん~、チョネさんのトラップだったかもしれませんねぇ・・・。

> 私は以前、羽化ステージが一番難しいと思ってました。ところがそうではありませんね。ペアリング産卵幼虫採りの方が、なかなか思い通りにいかず、一番難しいんですねぇ。

いえいえ、羽化ステージが一番難しいですよ!
ここも手厳しくいきますが・・・(笑)

それはなぜか!?
羽化ステージでは、期待する個体は絞られてきます。
しかし、それらを確実に完品で羽化させるとなると、運もあるかもしれませんが、本当に苦労します。
逆に幼虫の確保は、ペアリング数を増やせばクリアできますから・・・。
考え方の違いかもしれませんが、決められたペアから何頭以上を!と期待して臨むと難しく感じます。
一方、予定の5割増しで計画を立てて採れた幼虫でスタートしようとすれば、予定数は確保できるのではないでしょうか?
要は、優良な♀をたくさん確保しておいて、たくさんペアリングし、たくさんセットすればよいのでは??
採れなかったラインは、縁がなかったと思ってあきらめましょう!

羽化成績を見ていると、必ずしも大きな♀が活躍している訳ではありません。
早期羽化ではない通常羽化個体でも、久留米では51mm程度、能勢でも52~53mm程度から大きいのが羽化しています。
親♀サイズよりも同腹の成績重視!また、血統がよければ次世代で好成績が出る場合もあります。
何が言いたいかと言うと、血統や同腹の成績を重視して、少々小さ目の♀でもそういうのをたくさん確保しておいて余裕のあるブリード計画を事前に立てておくことが、翌年のペアリング⇒産卵幼虫採りを円滑に行うポイントだと言うことです。
大きな♀を揃えられれば文句なしですが、経費の問題もありますから・・・^^;
私は、サイズと当たりハズレは別だと思っています。← 何を根拠にと言われると困りますが経験的に・・・

幼虫採りは、思い通りに行かない場合も多々あると割り切って臨むのがよいのでは・・・との私からの提案でした(^^)v
[ 2014/07/05 08:40 ] [ 編集 ]
Re: こん
チョネさん、おはようございます。

すいませんね!わざわざコメントを求めて・・・。

研究者と言っても世界中を騒がせるようなお粗末な研究をする人もいて、研究者という言葉の響きに複雑な思いもありますが、そのデータを信用しましょう!
そんな話を聞くと私も産卵しなかった♀を開腹してみたい思いになりますが、解剖はしたくないです^^;

そのデータが研究者によるものであれば論文はありますか?
公開された論文を第三者が追試して再現性があるかどうかが重要です。
そのデータが、サンプル数いくつであったのか?
卵巣出口の劣化・腐敗が先天的なものではなかったのか?
科学で真実を証明するためには、すべての仮説を排除していかないといけませんから・・・。
すいませんねぇ・・・。些細なことが気になる理系人間なもので・・・^^;

採卵時期の検証は、チョネさんにお任せします!!
ougoさんへのコメントにも書きましたが、私は失敗例の原因究明に興味はないので、とりあえず数多くやりながら、成功する確率を上げる手順を追及して行こうと思います。

実は、これらの課題よりも来年の精密採点バトルで善戦できるかどうかが不安で、ライブダムの攻略と作戦で頭の中はいっぱいです(笑)
[ 2014/07/05 09:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 04月 【5件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR