waizuの観察記録や検証結果を公開しています

現代ブリードに対する思い

前回、ルーチン飼育からの脱却を話題にしました。
しかし、あの表現では私の本心とは違うニュアンスが伝わっているのでは?との懸念が生じてきました。
そこで、今日は補足の意味も兼ねて現代ブリードに対する胸の内を綴ってみます。

あの記事を読むと、「実績のあるラインの補強」や「大量ブリード」のそれ自体が悪いような印象を与えてしまったかもしれません。
しかし、私が脱却したいとしたルーチン飼育の意味するものは、累代努力をする前から安易に他人の血統の力に頼ろうとする姿勢や数に頼って本来の飼育管理の部分をおろそかにする惰性飼育の姿です。
読まれた方の中には、情報収集と経験により積み上げてきたものが、血統の力と数の力によって簡単に超えられてしまうことへの焦りや失望感が根底にあると感じた方もおられるかもしれません。
私自身も一時はそんな感情を持ったこともあります。
しかし、私の場合は純粋にオオクワ飼育法の探求と過去の自分との比較の中での向上をブリード指針としているため、最近は特に思わなくなりました。
また、ルーチン飼育という言葉も適切ではなかったのかもしれません。
それは、長年の経験によりたどり着いた人のルーチン飼育と情報収集で得た知識が中心で実践に乏しい人のルーチン飼育では、根本的に質が違う訳ですから・・・。
そんなことも含め、限られた文章で本意を伝えることは難しい・・・と痛感しているところです。

現実問題として「実績のあるラインの補強」は、血のバリエーション確保とさらなる飛躍のためには必要不可欠です。
しかし、オリジナルラインを基軸として発展させて行けたらどんなに楽しいことでしょう・・・。
自分の血統構成表を見ていると、配合努力により自己ブリラインで実績を残して来られた歴代の飼育者の血が並んでいます。
これを見る度に、自分の手作りの血統構成を中心した配合ですごい結果を出してみたいと思ってしまいます。
私も何とか♂親は自己ブリラインを使えるようになりましたが、まだまだです。

ちょっと血統に関して補足します。
能勢YGを例に取ると、当初は80mmを超える能勢ライン群として管理され詳しい血統構成は不明でした。
それが、多くのブリーダーがそれ以降の血統管理をきめ細かく行い、組合せを考え、詳細に記録を残してきた結果、今日のブラッドスポーツのようなオオクワブリードの世界が展開して来たことはまちがいありません。
財を使い、人脈を拡大し、さらに情報交換と莫大な時間と労力を費やした成果として、現代の超大型血統が誕生したと思います。
恐ろしいまでの羽化サイズ躍進の要因はここにあるのではないでしょか!
血統論とまで表現すると大袈裟かもしれませんが、少なくとも血統構成を考えて次世代の配合を熟考するところもこの趣味の大人の楽しみ方ではないでしょうか!
血統を研究し配合を考え結果につなげることができれば、この上ない醍醐味を味わえることでしょう・・・。

もう一つの「大量ブリード」に関しても、私の境遇では難しいだけに、正直憧れます。
たくさんブリードできれば、いろいろなラインを試せる上に各ラインの数調整の必要もなく、何よりも検証データをたくさん集めることができますし、血のバリエーションを増やすことが可能です。
たくさんブリード出来る方々をうらやましく思いますが、今の自身の環境の中でがんばるしかありません。
最大限に飼育の質向上に努めると共に、大型幼虫が出現した際のチャンスを逃さない飼育を心がけるしかないでしょう・・・。
努力と工夫と情熱だけは失うことなく、挑戦を続けたいと思っています。
最後に、近年の加速するオオクワサイズアップの現状やブリードスタイルについて、私に悲観などありません。
時代は動き続けています。
仕事でもそうですが、時代の流れに俊敏に反応し対応しなければ、取り残されます。
どこまでやれるかわかりませんが、常に最前線を視野に入れて取り組みを続けていきたい!
そんな思いを再確認して本日のブログを終わります。
スポンサーサイト
[ 2014/07/31 20:13 ] 個人的意見 | TB(-) | CM(4)
おはようございます。
waizuさんのおっしゃる通りかと思います。

私の場合、今季に十数年ぶりにオオクワ飼育を再開しました
そこでYGを主とする事とし、最初に取り掛かったのが、実績ある良血集めでした。

2年サイクルの中で、自己ブリからのスタートですと、軌道に乗るのは何年掛かるか先が見えず、裏となるであろう来季に飼育数を増やせるよう、種集めに頭を悩ませております。

細分化された血統をパズルのように組み合わせて行く事に楽しみを見出して続けられたら本望か思い、その過程で大型作出出来ることを夢見て遊びながら飼育できればいいなと考えます。

[ 2014/08/01 08:05 ] [ 編集 ]
こんばんは。
Yuipapaさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
十数年ぶりの再開とは思えないような豪華なラインを準備されましたねっ!

確かに気合いを入れた年の翌年もがんばらないと将来の展望は開けませんねぇ・・・。
ただ、近年は、♀の強制早期羽化というワザがありますので、意外にバリエーションの確保は可能かと思います。
ただ、これをやると自家製血統内での配合のため、将来の計画を立てておかないと行き詰まるかもしれません。
コラボやトレードも有効だと思います。

やはり気楽に夢をみながら楽しむのがよいと私も思います!
[ 2014/08/01 19:46 ] [ 編集 ]
こんばんは
人それぞれで自由でいいと思います。まさに「気楽で夢をみながら楽しむ」ですね。

大きいのを出したいですが、あまり早く出してしまうと飽きてしまうかもしれませんので、時代に乗り遅れない程度のスピードで・・・

さらに組み合わせを楽しみながら・・・

100頭前後のブリードですから少数精鋭で・・・

以前のwaizuさんの話にもあった通り「10年」続けられればいいですね。
[ 2014/08/02 01:14 ] [ 編集 ]
おはようございます。
ougoさん、おはようございます。

よいまとめをして頂きありがとうございます。
今回は、自分のことを書くのも自由なので、個人的に思っていることを自由に書かせて頂きました。

でもホント、モラルを失わなければ人それぞれ「自由」です。
各人のペースとやり方で、今後も長く楽しむことができれば最高です。

ougoさんのブログとこのブログのどちらが長く更新しているか勝負しましょうか!(笑)
寿命の勝負になると私の負けだと思います^^;
[ 2014/08/02 08:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR