waizuの観察記録や検証結果を公開しています

回想録

現代ブリードへの思いを綴った後、ホームページ(HP)を開設した頃のことを思い出していました。
私は、2001年の夏、山梨産オオクワペアに出会って以来、この趣味にどっぷりです。
当時は、こんな便利なブログなどはなく、HTMLファイルで構築されるHPや掲示板が主流でした。
自己の学習記録の場として、また飼育研究の足跡を残す目的で、2003年6月からHPを始めましたので、あれからもう11年が過ぎたことになります。

今日は、当時熟読していた本を出してきました。

中国hopeiの世界

2003年2月発行の「中国hopeiの世界」です。
あの頃は、めざせ国産80mmでしたが、決定的な大型血統はないため、現在のような大型ブームは感じませんでした。
むしろ、hopeiと極太が大ブームでした。
あとは、アンタエウス、色目、国産ワイルド個体なども人気でした。
中でもhopeiといえば福建省北峰産!極太といえば阿古谷産で、どちらもン十万円で取引されていた事を覚えています。
あの頃は、色々なことに興味を持って取り組み、本当に楽しく充実した時期でもありました。

そんな中、私も漏れなくhopeiにはまりました。
これが、先ほど紹介した本に掲載されていた目に留まった個体です。
hopei理想形
こんなのを作出したい!!との思いでhopeiの世界に飛び込みました。
当時の国産オオクワは今ほどカッコよくなかったため、良形を作出しやすいhopeiのフォルムに惹かれたのかもしれません。
また、中国ですから産地も広範で発現形も多様であったことが愛好家を増大させた要因だと思われます。
当時のベテランの方が、最後は国産に戻ると話されていましたが、その通りになっています(笑)
やはり国産の飽きのこない素朴なフォルムがよいのかもしれません。

余談が過ぎましたが、今日この本を採り上げたのは、中の興味深い記述を引用したかったためです。
(幼虫を大きく育てる方法)
血統の選別が最重要とした上で、国産オオクワの当時の飼育法が引用されています。
①菌糸ビン1本目から2本目への交換を60日以内に行う。
 →KUWATA No.6「新国産80ミリ作出講座vol.Ⅰ」
②初・2令用の菌床の添加剤に麦芽を用いる
→KUWATA No.6「新国産80ミリ作出講座vol.Ⅰ」
③2令に加齢した直後に菌床に投入する(加齢後に摂食を開始するため)
 →LUCANUS WORLD No.26「梅崎勇一のオオクワガタ飼育学校vol.3」

その他、良形個体をめざすにあたって、菌床の種類、菌床の詰め方の硬さが検証されていますが、これらの項目は羽化形状に影響しなかったとなっています。
気になる羽化サイズへの影響には言及されていません。
以上を踏まえてですが、気になるのは2本目への交換時期です。
その後、75日交換を推奨して自社製品を販売する業者も出てきました。
また、菌糸ボトルの状態に合わせて交換するパターンもあります。
最近は3ヶ月交換が一般的となっていますが、問題はここ!
交換時期が成長に影響を与えるのでしょうか?
もし、そうだとしたら大型作出に有利に働くのは、どのタイミングなのでしょう?
この点に関しては、答えが出ているのかどうか勉強不足です^^;
スポンサーサイト
[ 2014/08/03 00:11 ] 飼育の歴史 | TB(-) | CM(8)
こんにちは!
2001年からブリードをやられているんですね!
まさに継続は力なりですね(^^)

瓶交換のタイミングは私も模索しています。
今期は、約半分の幼虫を1本目に500程度の小さい瓶に
いれてみました。
我が家では去年、2本目で結構体重を伸ばした幼虫が
いた為、1本目は約60日で交換して2本目で体重を伸ば
そうという作戦です。
1本目である程度大きくならない幼虫は、大きく羽化しない
という話も聞きますので、どうなるかドキドキです(^^;
[ 2014/08/03 15:53 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは!
トシクワ さん、こんばんは。

約半分を500程度のボトルに投入されたのですねっ!
それは楽しみです!!
是非とも結果をお知らせください。

私も一部を500mlボトルに投入してみました。
ただ、忙しすぎて交換スケジュールの調整ができず、67日交換となりました^^;
詳細はまた報告しますが、この7日が影響するかどうか・・・?
私は、初令初期で割り出すので影響は少ないと考えていますが、これはこれで貴重なデータとなるでしょう!

この検証は、800ボトルvs500ボトルとするパターンもありますし、ボトル容積を統一して60日交換vs90日交換で比較する検証バターンもあります。
今年は、ザックリ傾向を見て、来年にでも本格的に検討しようかと思っています。
500ボトルには、それなりのメリットがありますから・・・。
[ 2014/08/03 20:03 ] [ 編集 ]
なつかしいです
懐かしいです、中国hopeiの世界
私も持ってました、今はどこに行ったか分かりませんが

未だに㈱環境調査研究所発刊のLUCANUS WARLD 休刊号だけは
捨てきれず残ってます。

昔は250㏄プリンカップで50日で♂♀判別して2本目交換してました
3令期から一気に食いが良くなるので250㏄だと50日が限度かも

但し4本返しになりますので経済的には良くないかも
♂の最終ボトルは綺麗な状態で羽化させれますけどね



[ 2014/08/03 23:41 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/08/04 00:16 ] [ 編集 ]
思い出します
こんばんは

私もブリード再開前、hopeiに夢中でした。
休止する時に全ての書物を廃棄したことが悔やまれます。

特に湾曲した重なる顎が大好きでした。
70mm半ばの固体が当時は桁ひとつ違う価格で取引きされていたのがウソのようですね。

hopeiでYGのような大型血統が確立されれば、再度はまるかもしれません。
[ 2014/08/04 01:19 ] [ 編集 ]
Re: なつかしいです
クマモンさん、こんにちは。

確かに250ccでは50日が限界かもしれません。
それに、4本返しでは、効率がよいとも言えませんね!

私は、1本目を500ccでスタートさせても3本で返すつもりですが、
難しいかもしれませんねぇ・・・^^;

とりあえず、様子をみながら考えてみることにします。
[ 2014/08/04 12:27 ] [ 編集 ]
Re: 思い出します
yuipapaさん、こんにちは。

書物破棄は残念ですね。

hopeiで超大型血統をめざすのもおもしろそうです!
hopeiでYG血統(Yuipapa Guinness)に挑戦されてみてはどうでしょう?
とはいえ、hopeiも大きくするのは簡単ではありませんが・・・。
[ 2014/08/04 12:36 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/08/05 01:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR