waizuの観察記録や検証結果を公開しています

ミヤマクワガタ急減が話題に!

毎日新聞に掲載され、Yahooニュースにも載ったことでご覧になられた方も多いことでしょう・・・。

立命館大の本郷儀人講師=動物行動学=は、雄同士の戦いでノコギリがミヤマを圧倒し、森の餌場争いを制していることを要因に挙げておられます。

この見解の根拠となるデータは、ノコギリとミヤマの雄を実験用の餌台に置き、戦いをビデオに撮影して解析。
結果は、119戦で79対40。ノコギリがダブルスコアで圧勝したそうです。
その理由として、ノコギリは、大あごで相手を背中側から挟む「上手投げ」と、腹側から挟む「下手投げ」の2種類の技を使い分けるが、ミヤマは上手投げしか使えないそうです。
これは、ミヤマが自分の体の上からかぶさってきた相手を、大あごで挟むことができないことに起因するそうです。

この話題は、私が当ブログで2012年10月11日に紹介し、推奨した本郷博士の書籍に詳細が記載されています。
実験に興味のある方は是非!!

一方、国立環境研究所の五箇公一・主席研究員(保全生態学)によると、ミヤマは北方系のクワガタで高山帯を好み、幼虫は気温が25度を超えると死亡率が高まるのに対し、ノコギリは南方系で比較的高温に強く、「温暖化の影響でクワガタの分布が変わり、ノコギリがミヤマの生息地に進出しているのでは」と指摘。

また、クワガタの生態に詳しい荒谷邦雄・九州大教授も、温暖化の影響で西日本の平野部などでミヤマが減少していると指摘し、その上で「ノコギリが勢力を増す中、雄同士の餌場での戦いの結果が、ミヤマへのとどめになる可能性がある」との見解を示されています。

以上を総合すると、温暖化でミヤマの死亡率が高まると共に温度分布の変化でノコギリがミヤマの生息地域に拡がり、さらにエサ場争いでノコギリがミヤマを圧倒した結果ということになります。
このように研究が進むことで、より正確な見解に近づけることを実に興味深く感じます。

今日は、一流研究者よる自然現象へのアプローチに触れ、私のテンションもアップしてきたため、ここでも紹介させて頂きました。
スポンサーサイト
[ 2014/08/04 21:32 ] その他の情報 | TB(-) | CM(4)
最新科学
 この本は昨年購入し、一気に読破いたしました。かなり読み応えがありました。カブト虫やくわがたむしはペットとしての人気は高いですが、調査研究の対象としてはマイナーな対象だそうです。
 カブト虫の闘争に関しては林の中で実際に行ったそうですが、そのほとんどが角のつばぜり合いで終了するそうです。データを下に記述されていて納得しました。
 ミヤマの減少については感覚的には気がついていましたが、まさか戦い方に起因するとは思いませんでした。しかし、ミヤマの減少はなんとも寂しい限りです。
[ 2014/08/05 06:06 ] [ 編集 ]
Re: 最新科学
お隣の県に在住する者さん、こんにちは。

害虫でも益虫でもなクワカブは、なかなか研究対象にしてもらえないようですね^^;
オオクワガタで90mmを超えたところで、社会に貢献できる訳でもありません(笑)

>  ミヤマの減少については感覚的には気がついていましたが、まさか戦い方に起因するとは思いませんでした。

私は他にも要因があると考えています。
それは、土地開発です。
高速道路、国定公園、大学などの大型建造物によりどれだけの採集できる穴場が失われた事か・・・。
そして、それらに伴い街灯が増え、夜間それをめざして森から飛び立つ虫たちも急増していると思います。
温暖化もそうですが、文明の進歩が彼らの生態系を崩壊させていることはまちがいありません。

ミヤマクワガタを守るために、キャッチ⇒ペアリング⇒同じ場所にリリースといった保護活動を始めないといけないかもしれませんね^^;
[ 2014/08/05 12:34 ] [ 編集 ]
ミヤマクワガタ
私の一番のお気に入りがミヤです。Yahooニュースをみて、びっくりです。近年では、見なくなりました。温暖化と生存競争の影響であれば、打つ手が少ないですね。寂しいかぎりです。
[ 2014/08/05 15:37 ] [ 編集 ]
Re: ミヤマクワガタ
ゲバゲバ90さん、こんにちは。

私は、ミヤマはおろかノコギリも見かけなくなりました。
カブトムシはいっぱいいるのですが・・・^^;
[ 2014/08/05 17:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR