waizuの観察記録や検証結果を公開しています

低温管理とその後

最近は全豪オープンテニスに夢中でブログはほとんど見てない状況です^^;
今もマレーとデミトロフで熱くなっています(笑)

でも、定期的に菌糸ボトルチャックだけは行っていますが、温度を上げ始めると動き出すボトルが2本確認されている現状です。

ところで、この時期は多くの方が低温管理期間だと思いますが、最低温度は何℃が主流なんだろう・・・と思うことがあります。
また、蛹化促進段階では、何日間隔で何℃ずつ上げていくのが多いのでしょうか?

こんなところも何か根拠となるデータがあるといいなぁ・・・と思いながら試行錯誤しています。
スポンサーサイト
[ 2015/01/25 22:46 ] ブリード2014 | TB(-) | CM(9)
こんばんは
waizuさんが疑問に思われている部分、私も知りたいです。

今、家では棚の高さによって違いますが、1段目21℃、
2段目20℃、3段目19℃、4段目16度程度です。

床が板一枚で断熱材なしのため、かなり冷えます、床に近い
ところは10℃位です。
温度を上げる時はみなさんの状況を参考にしながらやってみたい
です。
[ 2015/01/26 01:15 ] [ 編集 ]
おはようございます。
すみませんm(._.)m
前回のブログのコメントの名無しの犯人は私です。

私はテニスはあまり興味はありませんが、錦織は気になります(^.^)

私のブリ部屋は今はエアコンをきり常温にしてますので、
ラックの低いところで11℃前後、高いところで14℃ぐらいまで
下がっています。
去年も同じようにして、蝉化幼虫が1頭も出ませんでした。
温度は3日に1℃ぐらい上げていって、26℃まで上がったら、
24℃まで下げるといった感じです。
ただ、この方法が正しいのかはまだ模索中です(^-^;
waizuさんはどうですか?
[ 2015/01/26 08:03 ] [ 編集 ]
おはようございます♪
兄貴!おはようございます♪
うちの環境では19度前後が限界最低温度っす!
加温は2月下旬から1週間で1度ずつの予定です♪
根拠はありません(笑)
毎年さっさと上げてしまいますので、今年はじっくり我慢します(笑)
[ 2015/01/26 08:21 ] [ 編集 ]
おはようございます。
最低温度、難しいですね。
それぞれの環境と感性で様々だと思いますが、たぶん17℃くらいを言うのでしょうか?
我が家では今のところキノコが生えないかな?と思われる19℃にしています。
加温は5日に1℃で27℃まであげ、それから徐々に25℃に下げる。
といった感じですが、失敗したら来年は変更します^^;
[ 2015/01/26 10:00 ] [ 編集 ]
こんにちは
我家は現在18℃設定です
これから徐々に15℃迄さげて3月から上げる予定です
今年は例年より3℃程低めに振って最高を25℃でスイッチ入れてみます。
毎年少しだけセミが出ますのでチャレンジです(笑)
[ 2015/01/26 16:59 ] [ 編集 ]
こんにちはです。
ここに書く前にブリ部屋の温度計を見てきました。
17.8度でした。(最下段17.6度、最上段18.1度)
17度設定で約1週間の最高が18.3度、最低が17.3度

田舎っぺ。さんと同じくエアコンでは19度が限界でそこからはオイルヒーターにチェンジです。

自分はこれ以上太ると羽化させる自信がないので、2月からはあと1度下げて下旬に加温予定です。
結構早目に下げたので30台前半のまだ伸びしろがある幼虫は成長ストップしているのでは?
重たいのが羽化できなければ撃沈覚悟しています。

著名某氏より「17度まで下げよ」と言われてそうしています。

上げ方はわからないのでこちらをカンニングさせていただきます。
徐々に上げて季節を感じさせるのか?
短いスパンでショックなのか?
[ 2015/01/26 17:03 ] [ 編集 ]
こんばんは
最低は17℃にしたかったのですが、19℃まで上がることもあり、って感じでした。

加温は3日に1℃をイメージしてましたが、記録を見ると今年は初っ端+2℃、その4日後+2℃、その後3日に1℃上げてました。現在27℃~28℃です。今年のラインは早期羽化を狙った♀が、半分失敗したことから、蛹化しにくいのでは? と思ってます。故に様子見ながらですが、4本目の移行+あと2℃上げるかもしれません。
[ 2015/01/26 22:45 ] [ 編集 ]
こんばんは
昨年20度前後で冬季期間を設定し
MAX26度でもスイッチは入りました。

今年はこれから冬季期間ですがまだ検討中でして。^_^;
ワインセラー組みは既に16度設定にして
菌床ボトルの状態を確認したいと思います。
[ 2015/01/26 23:53 ] [ 編集 ]
まとめてのコメント
みなさん、たくさんのコメントをありがとうございます。
ゆっくり個別にレスする時間もなく、回答が重複する部分も多いため、まとめてコメントさせて頂きます。

わずか8名のコメントを拝見するだけでも、低温飼育時の設定温度、蛹化促進への温度変化に差があるようですねっ!
さらに低温管理期間の長さも考慮すれば、同じ飼育をしている人はほとんどいないのでは・・・と思えるほどのバリエーションになりそうです。

低温飼育といっても11℃~20℃!
その期間も30~60日くらいと幅があるでしょう・・・。
そして、温度の上げ方も3日に1℃、5日に1℃、7日に1℃、10日に1℃、または1週間に2℃ずつ、または、途中まで一気に上げて終盤をゆっくりとかありそうです。
さらに、最終到達点も25℃~28℃、時にはセミ化を恐れ30℃を超える設定もあるかもしれません。

では、正解は何か!?
これは、難しい問題で、幼虫の成長度やエサの状態の影響、血統に加え個体差の影響を受けます。
要はどの方法をとっても、無事に羽化させることができれば、まちがいではないと思えます。

セミ化防止を優先するなら温度は低め、ギリギリまで成長の可能性を広げるなら高めとなるでしょう・・・。
一方、温度の上げ方は、やり方によっては暴れへの影響が出るかもしれませんし、蛹化スイッチの入りやすさにも影響しそうです。

そんな中での私の方針は、セミ化させてはおもしろくないので、基本的に17℃くらいにはします。
温度の上げ方は、今年2パターンを試していますが、差が出ると面白いですねっ!
この辺の検討は、おもしろいところなので、多くは語らずにおきます。
[ 2015/01/27 22:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 03月 【14件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR