waizuの観察記録や検証結果を公開しています

ビン底蛹室に対する応急処置

最終ステージにおいて、蛹室の作製場所を制御することは困難です。

昔から、ビン底に作った場合は、羽化不全のリスクが上昇すると耳にタコができるほど聞いてきました。
これまでにも、ビン底に蛹室を作らせないための試みを目にしたことがありますが、実用的なよい方法はなかなかないようです。

簡単にできる対策として、ビンを逆さまにする方法があります。
しかし、これも蛹室を作り始めた早期であればうまく行きますが、蛹化間近の場合は難しい場面にも遭遇します。
それは、反転した場合は、それまで天井だった部分が寝床となるため角度がどうなるかです。
早期であれば、幼虫が向きを変えたり、自分で調整したりできますが、蛹化間近では不可能な場合もでてきます。

これから紹介する事例は、発見が遅かったもので、3日前からこのようにしています。

ビン底応急処置

この画像では、底にも充分なマット部分があるように見えますが、幼虫が接する部分の広範囲が丸裸のボトル面となっています。
そのため、見つけてすぐに応急処置を施しました。
ポイントは、前蛹の頭を僅かに高めに調整することです。

これまでも、こんな感じで対応してきましたが、今年もうまく行ってくれるとよいのですが・・・。
スポンサーサイト
[ 2015/03/22 20:36 ] 飼育上のノウハウ | TB(-) | CM(14)
こんばんは
実にタイムリーな記事ありがとうございます!
今日5頭の♀がビン底で蛹化していたので逆さまにするか、
掘りだして人工蛹室に移すか悩んでました。
仰るように単に逆さまにすると蛹の頭が下になりますもんね。
早速やってみます^^
[ 2015/03/22 23:18 ] [ 編集 ]
こんばんは。
何事も実践して検証するwaizuさんだからこそ、あえて質問します。
ビン底の蛹室は本当に良くないのでしょうか?
また、頭が低い状態は本当に良くないのでしょうか?
[ 2015/03/23 00:54 ] [ 編集 ]
こんばんは。
ビン底に蛹室は良くないのは分かっているのですが、気がつくと蛹になってしまってます💦😅

蛹になってからだと逆さにするのも良くないのでしょうし、掘るかどうかを迷ってしまいます。
人口蛹室に入れた方が良いですかね?💦
[ 2015/03/23 01:36 ] [ 編集 ]
おはようございます。
上でmustarさんもおっしゃってるようにどのタイミングでのひっくり返しが有効なのでしょう??

基本的には掘出して人工蛹室を使いたくないもので・・・・
[ 2015/03/23 08:56 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
kuwakobitoさん、こんばんは。

タイムリーでしたらよかったです。
実践あるのみ!
うまく行くことを祈ります!!
[ 2015/03/23 22:18 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは。
dapさん、こんばんは。

特に興味がないので、検証してません^^;

頭の高さは、本人たちがそのように作成するので、それに準ずるべきかと・・・
[ 2015/03/23 22:20 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは。
mustarさん、こんばんは。

> 蛹になってからだと逆さにするのも良くないのでしょうし、掘るかどうかを迷ってしまいます。
> 人口蛹室に入れた方が良いですかね?

ケースバイケースでは!?
ビン底の露出面積とか広さとか状態とかでヤバそうと判断して人工蛹室に移行することもあるでしょう・・・。
特に期待する個体でなければ、放置するかもしれませんし・・・。
しかし、判断基準がわかりません。
不安であれば、2週間以上経過して人工蛹室への移行がベターではないでしょうか?
2,3日で掘り出したこともありますが、ここは急がず蛹の目が黒くなり安定した頃がよいと思っています。
[ 2015/03/23 22:28 ] [ 編集 ]
Re: おはようございます。
masaさん、こんばんは。

> 上でmustarさんもおっしゃってるようにどのタイミングでのひっくり返しが有効なのでしょう??
> 基本的には掘出して人工蛹室を使いたくないもので・・・・
私も基本的に人工蛹室を使いたくありません。
面倒くさいので!(笑)
そのため、私は結構反転して対処しています。
私の反転のタイミングは、蛹室を作り始めた頃!
部屋の周りがねっとりし始めた頃からお尻がシワになり始めた頃の時期です。
これまで、このタイミングでほとんどうまく行きましたが、1度だけすでにお尻がシワだらけになった時期に反転して、もぐり始めた♀幼虫がいました。
生体を相手にしているので、100%の方法はないということですね^^;
[ 2015/03/23 22:40 ] [ 編集 ]
こんばんんは
私もなるべく早い時期に反転させて傾けています。
能勢は比較的瓶底にも強い気もしますが、昨年我が家では成虫が
大きくなかったから綺麗に羽化したのかも知れません(笑)

Waizuさんの方法もしっかり真似しながら、どういう人工蛹室が
綺麗に羽化するかも実験していければと思っています。
[ 2015/03/25 00:40 ] [ 編集 ]
おはようございます
私は蛹化後数日してから上下反転させています。新聞紙を適当な形にして、通気の妨げにならないように、頭部拳上位になるように、反転したボトル下部に敷きこんでいます。蛹化後の方が外郭に強度があると考え、そのようにしています(こんなことを申しながら先日バリバリの前蛹を露天にしてしまいましたが・・・)。今年は完品羽化しても70mm台の個体が多そうですから、2014分は参考にならないですね(汗)今後大型幼虫の底部蛹室に遭遇したら、今一度チャレンジ、観察・報告します。
[ 2015/03/25 08:39 ] [ 編集 ]
Re: こんばんんは
REGA90さん、こんばんは。

私自身、ビン底の蛹室の例を放置した場合、どれだけリスクが増すのかよくわりません。
昔からず~と言われていて、自然にそう思い込んでいるだけなのかもしれませんね^^;
よくない理由は、羽化直前の撥水により生じた水が抜けるところがなく、そこに下翅がとられたりして
羽化不全リスク上昇につながるというものです。

あと個人的に思うのは、蛹のシッポ部分には反転するためと思われる突起がありますが、菌糸がなくなりボトル面が露出しているとひっかからないため、支障があるのかなぁ・・・くらいです。

羽化不全になるものは、反転させて対応しようが放置しようがなる訳で、比較も難しいのが現実です。

> Waizuさんの方法もしっかり真似しながら、どういう人工蛹室が
> 綺麗に羽化するかも実験していければと思っています。
いろいろ試してみられるとよいでしょう!
私も一時期、人工蛹室に凝ったことがあります。
ウレタン、ティッシュ、ガーゼ、フラワーアレンジメント用オアシス(花屋のと100円ショップのもの)、トイレットペーバーの心を利用したもの・・・など^^;
[ 2015/03/25 18:49 ] [ 編集 ]
Re: おはようございます
大鍬悶左衛門さん、こんばんは。

私は、蛹化後に反転したことはありません。
それは、蛹室の上部の状態がよくわからないことと、オオクワガタの生育ステージの中で最も不安定なのが蛹だからです。
別に蛹時に反転等行っても問題なく羽化するのでしょうが・・・。
よって、蛹で気づき、羽化にしそうだと判断した場合は、羽化直前に掘り出して人工蛹室や他の蛹が羽化した蛹室があればそこに移動しています。

そうそう、前蛹は意外に丈夫だと思います。
[ 2015/03/25 18:54 ] [ 編集 ]
失礼しました
前蛹より蛹の方がデリケートとは!全く知りませんでした。前蛹も後期をイメージしてしまって、想像だけで申しておりました。大変失礼しました(汗)
[ 2015/03/25 22:51 ] [ 編集 ]
Re: 失礼しました
大鍬悶左衛門さん、こんにちは。

前蛹のぷよぷよ時期(シワが出て7~10日位が経過)を触れば、怖く感じます。
しかし、蛹化直前の棒のように伸びた状態は意外に頑丈です。
ですから、蛹になってからよりも前蛹の棒のような時に人工蛹室に移動する方がよいと言う人もいるくらいです。
私は、人工の部屋での時間を極力短くしたいので、羽化する3~5日前に移動させて来ましたが、この手法に対する根拠は特にありません^^;
少なくとも蛹は強い衝撃を与えてしまうと羽化なくなることが高頻度で認められます(根拠あり)。
よって、私の中での最高の飼育法は、蛹化後は「極力触らない」「動かさない」の2点です!

こう書くと、いやいつも蛹を掘り出して体重を測っているけど全然問題なし!
との声が聞こえてきそうです。
それはそれで別に自由です。それくらいのことでは、蛹に影響しないと思います。
私は、少しでもリスクがあることはしないに越したことはないというスタンスを取っているだけから・・・。
[ 2015/03/26 12:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR