waizuの観察記録や検証結果を公開しています

菌糸プリンカップの使い方

もう少しで本格的な割出を始める予定です。
私の場合、ボトルをたくさん用意しても、一気に処理する時間も取りにくい現状があります。
また、何頭とれるかわからない状況で、しかも飼育数を制限する必要があるため、数調整が必要です。
その辺りをうまく時間差で乗り越え、余剰個体が出た場合はヤフオクに回したりするために、一時保管は菌糸プリンカップを使用しています。

これだとエサの栄養価も高く、安心して3~4週間の猶予が生まれ、自分の作業でも譲渡した場合でも余裕が出てきます。
そうは言っても、この菌糸プリンカップ期間が悪影響しないだろうか・・・と気になっていました。
そこで、昨年は意図的に、同腹幼虫で800ボトルスタート群と菌糸プリンカップ120を経た群を設定してみましたが、途中経過の体重比較では遜色ない印象でした。
実際に、昨日紹介した86.5mmは、菌糸プリンカップ120群です。
1頭だけで結論づけることはできませんが、全体的に劣っていはいない印象です。
そのデータのお蔭で、今年から心配なく菌糸プリンカップを併用することができます!

昨年は、オオクワキングから1個80円の菌糸プリンカップも購入して手抜きをしましたが、今年はLEVIN-Gを自詰しました。
本日は、ブロック3個から90個の菌糸プリンカップ120ができました。
ゆっくりやったので、所要時間は1時間40分です。

さて、ここからが本題です。
菌糸プリンカップを使用される方は少ないかもしれませんが、使用される方はどうやって使っておられるのでしょう?
幼虫を投入する際、穴をどこにどのくらいあけて入れるのかよいのか?
通気用の穴をどこに何個くらい空ければよいのか?
フタに穴を空けると重ねて保管が難しいのでは?

こんなことを思われた方はおられませんでしょうか?
私は思っていました。
結局誰にも教わらなかったので、今でも我流でやっています。
私も試行錯誤してWaizu流を考案しましたが、これでよいのか不安です。
もし、菌糸プリンカップの達人の方がおられましたら、コメント頂けると幸いです。
スポンサーサイト
[ 2015/05/17 21:39 ] 飼育上のノウハウ | TB(-) | CM(12)
こんばんは
達人ではありませんが・・・。(汗)

私も昔、ボトルは控えめに用意し、不足した分を菌糸プリカへ投入してました。
90ccの小さなカップでしたけど、大量に用意しておきましたね。
壁面近くを削り、マットを堅く詰め、外から見える所に卵を投入し、上に♀の削りカスを乗せるやり方です。
こうしておけば、孵化日が確実に分かっていいですよ。

ちなみにフタに穴を開けたことはありません。
フタの密閉性など、ないものと思ってました。

今では、卵割出ししてますから、ボトル準備が並行にできて、やらなくなっていますけどね。
[ 2015/05/17 23:05 ] [ 編集 ]
こんばんは
我家はオール既製品で今年は2便に分けて発注ですが、第1弾の数百本に一括投入は不可能な為にプリンカップのS5をいくつかお願いしました。
マット組とは投入時にあきらかに大きさが違います。

今年が初めてですが、雑菌トリートメントも兼ねてオールプリン菌糸も有りかと考えています。

投入の穴はアドバイスも有ってドリルアタッチメント手掘りで底まで開けています。

表面に入れても底まで行くのでその方が早く食痕が確認できますので・・・
[ 2015/05/18 01:54 ] [ 編集 ]
こんにちは。
私はプリンカップのスペシャリストと言えばある方しか思い浮かびません^^;
ちなみ私は菌糸ではなくマットでの例ですが横 (横から見るとマットと蓋の間) に空気穴を開けたりしてました。そうすると重ねても大丈夫かな?と。
ただ私はプリンカップ一杯に詰めない派なので、そのスペースがあれば酸素確保には十分かも知れませんね…
[ 2015/05/18 13:07 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
ashtakaさん、こんにちは。

> 壁面近くを削り、マットを堅く詰め、外から見える所に卵を投入し、上に♀の削りカスを乗せるやり方です。
> こうしておけば、孵化日が確実に分かっていいですよ。
なるほどぉ・・・
菌糸プリンカップに卵の時点で投入という手法もありましたか!

> ちなみにフタに穴を開けたことはありません。
> フタの密閉性など、ないものと思ってました。
なんとっ!!
そんな危険なことを・・・
ちなみに、プリンカップに水を入れてフタを閉じた場合、少々振っても全く水漏れしないくらい気密性に優れています。
[ 2015/05/18 13:09 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
Yuipapaさん、こんにちは。

> マット組とは投入時にあきらかに大きさが違います。
そうですか!
私は比較したことがないので、どうかと思っていましたが興味深いですね!
当たり前と言えばそうですが、2令までマット飼育した群からでも超大型が羽化した実例もありますから、どのくらい有効なのかとも思っていました。
単に成長が早いだけなのかもしれませんが・・・。

> 今年が初めてですが、雑菌トリートメントも兼ねてオールプリン菌糸も有りかと考えています。
私もそう思いますが、二度手間とも言えますからねぇ・・・。
[ 2015/05/18 13:17 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは。
kuwakobitoさん、こんにちは。

> ちなみ私は菌糸ではなくマットでの例ですが横 (横から見るとマットと蓋の間) に空気穴を開けたりしてました。そうすると重ねても大丈夫かな?と。
> ただ私はプリンカップ一杯に詰めない派なので、そのスペースがあれば酸素確保には十分かも知れませんね…
やはり、そのパターンですよねっ!
Waizu式も穴はそうやっています。
[ 2015/05/18 13:18 ] [ 編集 ]
こんにちは
私は90ccのプリンカップに醗酵マットを詰めて
ド初令を割り出した場合に一時保管用として使用します。
私なんかに菌糸プリンカップのノウハウはありませんが
私がやってる保管方法を記載します。

使用してる物は100均に売っている積み重ねが出来る
プラスチックのA4用紙棚です。
(事務机やカウンターの上に積み重ねて
 書類を整理する為に一時入れておくやつです。)
プリンカップ90ccでジャスト12個入ります。
120ccは使用したことが無いので判りませんw
B4の棚とかがあればその方が合うかも知れません。
これなら棚などに積み重ねて置けば崩れる事もありませんし
小スペースで沢山保管出来ます。

ただ使用しない時は2個を上下逆にして8~10個を
十文字に縛って保管。。。これが少しスペースを取りますw
[ 2015/05/18 16:57 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは
daitouさん、こんばんは。

詳しいコメントありがとうございます。
>
使用してる物は100均に売っている積み重ねが出来る
> プラスチックのA4用紙棚です。
100均には、いろいろなアイテムがあるものですねっ!
みなさんが、整理整頓を効率よく行うために工夫されていることがよくわかりました!
[ 2015/05/18 18:49 ] [ 編集 ]
こんばんは。
空気穴の必要性は、幼虫が消費する酸素と言うより、菌糸或いはマットが消費する酸素、或いはそれらが発生する不活性ガスの影響が支配的であるような気がします。
どの程度の空気穴でプリンカップ内の空気の置換が計れるかは、データを取ってみないとはっきりした事は判らないのではあ〜りませんか?
[ 2015/05/19 01:18 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは。
dapさん、おはようございます。

私も、幼虫より菌糸が消費する酸素の方が多いと思います。
初令においては断然!

> どの程度の空気穴でプリンカップ内の空気の置換が計れるかは、データを取ってみないとはっきりした事は判らないのではあ〜りませんか?
どうやってデータとりますか?
機器もないので難しいですよね^^;
私の方法のポイントは、穴よりもプリンカップ内に確保した空気をプールする空間です。
問題は、その空間にどれくらいの大きさの穴を何個空けるかです。
とりあえず、成長具合や幼虫の行動で判断しています。
[ 2015/05/19 06:36 ] [ 編集 ]
初めまして!
おはようございます!

この夏からオオクワガタの飼育とブログを始めました。

ブログ見させていただきました!
自分も今から先日孵化した幼虫を菌糸カップに入れようと思っています。

投入する穴や空気穴など、どうしようかと思っています(笑)

もしよければ自分のブログにも遊びに来てください!
よろしくお願いします。
http://kinguchan.blog.fc2.com
[ 2015/09/10 09:34 ] [ 編集 ]
Re: 初めまして!
キングうーちゃんさん

はじめまして、訪問ありがとうございます。
過去の記事へのコメなので、気が付きませんでした。

今後ともよろしくお願い致します。
[ 2015/09/16 16:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR