waizuの観察記録や検証結果を公開しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

研究レポート2015‐③-♂の大顎を結束して行うペアリングについて-

これまで、ペアリングに関するレポートを2つ掲載しました。
一つは、♂を酷使した場合の産卵結果、もう一つは秋季にペアリングを行い持ち腹で越冬させた場合の翌春の産卵に関するものです。
昨年は、もうひとつペアリングに関する検討を行っていましたので、記録として残しておきます。
ペアリングの際に♂の大顎を縛った場合の影響についての考察です。

本来、オオクワガタは大人しい動物であり、若いペアを使ってペアリングを行った場合、トラブルは極めて少ないことが知られています。
しかし、高額な個体を購入して行う場合、万が一のことを恐れ、事故防止目的で大顎を結束したいとの心情が出てくることも事実です。
一方で、大顎を縛って行う場合、結束すること自体はそれほど手間ではありませんが、ペアリングの成功率に影響するのでは・・・との懸念を拭いきれずに来ました。
また、♂の大顎の結束が議論となった時、今でも賛否両論があり、各ブリーダーの考え方に委ねられているのが現状だと思います。
そこで今回は、駈け出しブリーダーの迷いに対する一つの意見として、私の考えを述べてみたいと思います。

【方法】
1.種親と結束方法
久留米11番♂86.5mmの大顎を縛り、2015年3月14日~5月18日の約2ヶ月間、結束を解除することなく8頭の♀に対しペアリングを実施し、採卵に失敗した場合は追加ペアリングを試みた。
尚、大顎の結束には100円ショップの結束バンドを使用し、以下のような状態で行った。
結束例200


2.ペアリング条件
産卵セットは、スタック中、エサ皿はラブハウス、エサはプロゼリー18g、マットはダニ駆除マット(オオクワキング製)で統一し、25℃の暗所にて実施した。

3.ペアリング期間とサイクル
ペアリング期間は3~6日、次ペアリングまでの期間は2~3コース連続させた後に休息期間を設けながら行った。

【結果】
○の中の数字はペアリング順、その次はペアリング日数、×は失敗・○は成功
※久留米ではブリード中止群も含まれるため、血統番号は表記せずアルファベットで分類

①A 5日間→×
②B 5日間→○
③C 3日間→×
④D 5日間→○
⑤E 4日間→○
⑥F 4日間→○
⑦G 5日間→○
⑧Aの再P 5日間→○
⑨Cの再P 4日間→○
⑩H 6日間→○

【考察】
8♀中6♀が1回目のペアリングで成功した。
これまで、その年度の初回ペアリング群や3日間以下のペアリング群で失敗率が高いことを経験しているため、そのことを考慮すると今回の成績は良好であり、最終的に8♀すべてから幼虫を獲得できたことからも、ペアリングの際に♂の大顎を縛ることがペアリング成功率に与える影響は少ないと思われる。

【まとめ】
ペアリングの際の大顎の結束は、採卵成功率に大きな影響を与えることなく、事故の発生率軽減に有効である。
オオクワガタのペアリングでは、♂が♀を挟み殺すことは稀であるが、現実に事故報告があることを考慮すると、より安全な方法を選択することが望ましい。
また、事故への不安が減少すれば、充分なペアリング期間の確保が可能となり、成功率アップも期待できる。
最終的に大顎の結束を行うかどうかは、各ブリーダーの判断となるが、貴重な個体からの採卵を安全かつ確実に成功に導くという観点からみれば、その有用性は高いと考えられる。
スポンサーサイト
[ 2015/08/19 12:31 ] 自由研究 | TB(-) | CM(11)
こんにちは
私も顎縛りは行ってますが成功率には全く関係しないと思ってます。
それよりも大事な♀を壊される心配も無いし安心してペアリング出来ますしね!
[ 2015/08/19 15:46 ] [ 編集 ]
こんばんは。
凄い!
しかし、何故♂は♀を攻撃するのでしょうか?
相性や♀に対する好みの問題?
自分にとって有効でない♀は、他の♂と同様に敵視している?
もしかしたら、それが結果として本能的に何かを避ける事に繋がっている?

個人的に、顎縛り有無で、生まれた個体の不全率の違いが気になります。

考え過ぎ?
[ 2015/08/19 21:48 ] [ 編集 ]
こんばんは
waizuさんもご存知のあの♀殺しの日から、私もすっかり4縛り派になってます。最初は♂も嫌がり、結束バンドを取ろうとしますが、そのうち慣れて気にしてないように見受けられます。諦めるのかもしれませんね(笑)

飼育者が不用意に電気をつけた時が、事故の確率が高くなると思ってますが、これからも不用意に電気をつけるので、ペアリングの際は、縛ります。
[ 2015/08/19 21:56 ] [ 編集 ]
こんばんは
参考になりました。
私は顎縛りはしない派ですが、
今期の能勢が25セット中、2♀のみ
幼虫が採れず、うち1♀が顎縛りをしたため
かな?と思ってましたが、違うようですね!

ただ、本当に痛い目に会うまでは
縛らずやってみます(笑)

アンテ、シェンクは必ず縛りますが・・・
[ 2015/08/20 00:20 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは
クマモンさん、こんにちは。

前回に引き続き、実践に基づくご意見を頂戴しありがとうございます。
私の検証と同じ結果ということで安心しました。
いくら検証したつもりでも、他でも再現性が得られなければ真実に近づけたとは言えませんから・・・。
[ 2015/08/20 12:26 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
ougoさん、こんにちは。

縛り派ですか(笑)
♂はすぐに慣れてしまうようですねっ!
今回の検証では、2ヶ月間縛ったままでしたから・・・。

点灯が事故の誘発になるとは考えたこともありませんでした。
[ 2015/08/20 12:29 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは。
dapさん、こんにちは。

なぜ事故は起きるのでしょうねぇ・・・?
気に入らないことがあるのでしょうが、聞いてみないとわかりませんね(笑)
明らかに感じることは、老いた♀を使用すると頻度は確実に上っているということです。

> 個人的に、顎縛り有無で、生まれた個体の不全率の違いが気になります。
そんなことはないと思いますが・・・。
[ 2015/08/20 12:35 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
REGA90さん、こんにちは。

顎縛りは必須ではありませんので、あくまでも保険的手法とお考えください。
期待するラインや高額で購入した♀を使用する場合にはおすすめですけど・・・。
[ 2015/08/20 12:53 ] [ 編集 ]
こんばんは
初コメさせていただきます。
今年がブリード元年となり,初ペアリングを行いました。
顎を縛り直ぐにぺリングを開始しましたが,最初は嫌がりメスを遠ざけるような動きをしていました。
顎縛りからペアリングを開始するまでの期間が必要かな?と感じたところです。
今回の検証での1回目失敗は,上記の行動による可能性も有りかなと思いコメントさせていただきました。
[ 2015/08/20 22:44 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
Black Jewelryさん、はじめまして。

♂は大顎の動きを束縛されたことでしばらくは落ち着きがありません。
結束後1日もすれば、エサ皿の下で大人しくなりますので、その後に♀を入れるのがよいと思います。

ちなみに、大顎を縛らない場合でも、♂だけを最初にペアリング環境に入れ、落ち着かせてから後日♀を同居させるというのが、スタンダードな飼育法です。

> 今回の検証での1回目失敗は,上記の行動による可能性も有りかなと思いコメントさせていただきました。
一要因としては考えられますが、受精の成立までは奥が深いので、他にも原因があるかもしれません。
[ 2015/08/21 12:59 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/08/25 13:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
月別過去ログ

2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。