waizuの観察記録や検証結果を公開しています

分かって出来る事と分かっても出来ない事

今日は、表題の件についてカラオケ精密採点とオオクワ飼育の観点から思っていることを少々・・・。
精密採点DXについては、自身に優れた音感がない!というどうにも出来ない部分もあって、その他での得点アップをめざして研究と練習を重ねてみました。
チョネさんとougoさんのために、DAMのプログラムについて私が調べた範囲でまとめておきます。
【ポイント】
(音程)
最も大きなウエイトが置かれている。
黄色く塗られていく音程バーは、8段階に分けて採点され、ズバリ合った音程に対し±1/8半音より外れると、機械は合っていないと判断するらしい・・・(+_+)
音程バーの上部に沿って青い光が動くように音程を合わせるとバッチリ合うらしいのですが、本当にきびしいです。
→よって、すべてを黄色に塗っても音程正確率60%未満なんてこともあり得る。

(安定性)
声のブレとかがなく一定の音が出せているかを判定しているらしい。
ポイントは、上手なビブラートをかけることと言われている。
それ理由は、ビブラートを検出している間は、安定性は採点対象にならないことが根拠とされる。
また、同じ理由でロングトーンも早めに切り上げることで採点対象から外す手もある。
しかし、下手なビブラートをかけると単なるブレと判断されて安定性は減点となる。

(表現力)
抑揚点が9割近くを占めるらしい。
よって、我々レベルでは、しゃくり、こぶしは意識しなくてよい。
(しゃくり、こぶしを入れまくっても0.5点くらいとか・・・)
また、フォールは採点に関係ないと言われている。
そこで、重要なのが抑揚の攻略法!
一般的に、歌はAメロ、Bメロ、サビの部分で構成され、サビを強く歌うと考えがちであるが、このDAMのプラグラムは違っている。
1~6の演奏区間のそれぞれに、強く歌うところと弱く歌うところをつくればよい。
→マイクを近づけたり離したりするだけでも簡単に得点アップにつながる。
ただし、急激に離すと音程に影響する。

(ロングトーン)
音程を合わせて長く伸ばすことを心がけるだけ!
大きい声より小さい声の方がよいとも言われる。

(ビブラート)
1秒以上かけないと0点となる。
長さよりきれいな波形であることが採点されているらしい。
ブレではなく確実にビブラートと判断させるには、深くて大きい波形のビブラートがよいらしいが、素人には難しい(^_^;)
安定性の項目でも触れたように、上手なビブラートをたくさん入れることができれば、自然に安定性が上がるようです。

(隠しパラメーター)
倍音と言われる裏パラメーターがあると言われている。
これは、声の大きさではなく、声の圧力などと表現されることもある。
声量みたいなものか?
→これは、ダイナミックマイクを使用するだけで加算され、モコモコと言われる裏ワザで相乗効果を見込むことができる。
マイクは、特にCM-2000で効果の高いことがマニアによって証明されている。
私自身、CM-2000を使ってモコモコを行えば、2点はアップする印象!

(注)CM-2000は1000円台で買える格安マイクであるがケーブルが滅茶苦茶弱いため、別売りのマイクケーブルが必需品

さて、今日の本題です。
分かればできることは、こんなところでしょうか!
①カスタムトライのCM-2000を使いモコモコ技を使う。
②1~6の各演奏区間のそれぞれでマイク操作により抑揚(強弱)をつける。
③ロングトーンをむやみに伸ばさず、早めに切り上げ安定性への影響を少なくする。
④下手なビブラートかけるくらいなら、1秒以上かけやすいところでかけて、あとはノンビブで行く。

一方、分かってもできないことは、素質や技術が必要な部分です。
①音感イマイチの私には、音程95%なんてとても無理です!
②歌の技術のない私には、安定性を採点対象外とするだけのきれいなビブラートをかけまくることも無理です!練習してもなかなか習得できません。

では、オオクワ飼育で考えるとどうでしょう?
分かれば、だれにでも出来ることがほとんどではないでしょうか?
ペアリング→産卵→温度管理による幼虫飼育→蛹化促進→羽化
この辺りの手法が確立されてきた近年は、だれにでも同じようなことが出来そうです。
出来ないとすれば、理想的な飼育環境の整備、最高レベルの種親の集結とかですかね?
それに、500頭を超えるような大量飼育も難しいですね!
こうしてみると、経済力、時間、体力などが背景要因にあり、技術的な差は出そうにありません。
飼育歴が浅くても凄い結果が出ていることもうなずけます。

しかし、本日のブログで私が書きたかったのは、そこではありません。
オオクワ飼育途上では、分かっていないから出来ない(行われていない)ことが必ずあると考えていると言うことです。

逆にそうでなければ面白くない!
ルーティーンでたくさんやって、運の良かった者だけに結果が出ては・・・と思います。
そんなことを考えながら、精密採点も自分なりにレベルアップできたのだから、次はオオクワ飼育に於いても研究と実践の繰り返しで、一歩でも前に進みたいと思っています。

現在、もっと自由研究を楽しむための環境整備を進めています。
大型温室2台と虫家の機械パネルを利用した自作冷温庫です。
近々完成予定ですが、明日も仕事なので、もう少しかかりそうです。
スポンサーサイト
[ 2015/10/11 18:04 ] 個人的意見 | TB(-) | CM(6)
こんばんは♪
カラオケ対決お疲れさまでした。
御三方の記事を楽しく拝見させていただきました(笑)

カラオケはさっぱりですので、オオクワに専念させていただいております。

『オオクワ飼育途上では、分かっていないから出来ない(行われていない)ことが必ずあると考えていると言うことです。
逆にそうでなければ面白くない!』

waizuさんのここのフレーズに、とても共感させられました!

私も気が付けばオオクワのブリード歴が5年ほどになり、初心者とは呼べないようになってしまいました^^;
経験の浅い頃は、トップブリーダーさんの手法を真似るのが鉄則のようなものですが、少し経験を積むと、視点が変わってきたように自分自身で感じる部分があります。

人とは異なるアプローチであったり、新たな取り組みや試行など。
決して近道とは言えない部分が多いのですが、色々と試行錯誤して自分のブリードスタイルを確立させることが出来れば、よりブリードが面白くなるのではと感じる今日この頃です。
[ 2015/10/12 00:22 ] [ 編集 ]
こんばんは
カラオケなら沢山のブリーダーの中でも最低点を取る
自信はあります(笑)

今年度も春前には今期はこうやってああやってと考えて
ましたがそれを実行できないままズルズルと・・・
本当は最初に環境整備したかったのですが、
やはり、こうしたいということを実行する実行力が
大事なのだろうとつくずく思います。
[ 2015/10/12 00:56 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは♪
桑名鷹さん、こんにちは。

私の個人的な考えに共感頂き恐縮です。
飼育に関することは、もうこれ以上ないと証明することも出来ないことを思うと、この考えはいつまでも持ち続けることができます(笑)
自然科学の進歩が、気が遠くなるほどの失敗や固定観念を離れたところから生み出されている歴史を見ても、昆虫の世界にも何かあっていいと思います。

お互い遠回りや無駄な事をしてしまうのでしょうが、それらも含めて楽しみましょう!
[ 2015/10/12 14:51 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
REGA90さん、こんにちは。

私も実行力がないのでズルズルです^_^;
でも、少しずつでも何かをやれば、確実に前にすすめます。

そんな自分ですが、来年は本気で取り組み加速させたい思いでいっぱいです。
今は強い意気込みでも、来年になるとズルズルかも^_^;
[ 2015/10/12 14:54 ] [ 編集 ]
こんばんはです
勉強になりました。
これからはCM-2000をカバンに入れて大阪のキタとミナミを徘徊します!!!

ブリはこれからが個々での環境の違いが出てくる季節かと。
我家はまだしばらくは冷房管理ですが、切換え時を安定して乗り越えられると加温までは一安心と考えています。

[ 2015/10/14 01:17 ] [ 編集 ]
Re: こんばんはです
Yuipapaさん、こんにちは。

CM-2000はマイクケーブルを最初から購入した方が良いです!
すぐに接触不良となりますから・・・。

CM-2000のように、オオクワ飼育でもそのエサを使うだけでサイズが2mmアップするようなアイテムがあるといいですねっ!

冷房管理は都会のマンションでは有効な手段ですが、寒冷地では難渋することもあり、電気代もかかります^_^;
温室が優れているとも思えませんが、そこらへんの条件を検討するために、全く同じ温室を2台作製しました。

個々の環境の差は検証できないので、自身の環境の最善を探しにいきます!
[ 2015/10/14 13:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 11月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR