waizuの観察記録や検証結果を公開しています

飼育あれこれNo.10 -3分で作れる人工蛹室-

桜のシーズンが到来!
オオクワブリードでは、ペアリング~産卵を迎える一方で、昨年のブリード個体の羽化を迎える時期でもあります。

大きな幼虫たちが暴れることなく、菌糸も劣化することなく、順調な蛹化→羽化となれば言うことはないのですが、100%順調に終えることは困難です。
暴れた場合は諦めるしかないかもしれませんが、菌糸の劣化等で期待する蛹の蛹室環境に問題が生じた時には、対処すべきです。

そんな時に役に立つのが人工蛹室ですが、市販品にするか自作するか悩みます。
私もたくさんの試行錯誤をしてきましたが、それぞれにメリットデメリットを感じます。
◆市販品
 (メリット)買い置きしておくことで手軽にすぐに使用可能
 (デメリット)コストがかかる上に消耗品である。
        オアシス蛹室より安全性の点で劣る(個人的見解)

◆オアシス蛹室(自作)
 (メリット)100円ショップでいつでも手軽に入手でき経済性も高い
 (デメリット)作製が手間で削りカスを吸い込むと人体によくない
        
こうしてみると、自作蛹室が簡便な方法で作製できればデメリットはなくなるということになります。
そこで、3分でつくれる人工蛹室作製法を紹介してみます。

蛹室用オアシス
100円ショップの園芸コーナーでフラワー給水スポンジを買ってきます。

人工蛹室作製例1
手頃な大きさのスーパーボールを押し付けながらローリングします。
木製の球体の方がベターだと思いますが、うちにはこれしかありませんでした(^^;

人工蛹室作製例2

あっという間にこのようなきれいな蛹室を作製でき、しかも削りカスが出ないため人体にもやさしいと思います。
スプーン等で削る手法では、粉塵が飛ばないように湿らせてから行っていましたが、それでは作り置きできません。
この例では、左が♀用、右が♂用として作製し、使用する際にはカッターナイフで2つに分けて使用します。
超特大♂に使用する場合や切断せずに使用する場合には、ど真ん中に一つ作ればよいでしょう!

実は、ここまではほんの1分程度で出来ます。
この先は、さらに大きさの異なる球体で最終仕上げを行います。
それは、中央部をもう少し深くし、蛹の頭部から末尾にかけて傾斜を作るためです。
私自身、蛹室の理想形を試行錯誤していて、まだベストの形状にたどり着いていないため、ここから先は未完成な研究課題ということで、非公開です。 
みなさんもより安全で有効な人工蛹室の形状を追及してみられてはいかがでしょうか?
その時は、是非この方法も試してみて頂ければ幸いです。
簡単ですよ(*^^)v
スポンサーサイト
[ 2017/04/05 00:11 ] 飼育あれこれ | TB(-) | CM(4)
こんにちは
お久しぶりです。今期は種々手こずっております^^;

オアシスを掘らずに圧迫、全く思いつきませんでした。今のところ使わずに済みそうですが、今度試してみます。
[ 2017/04/05 14:06 ] [ 編集 ]
こんにちは。
スーパーボールで削れるとは思いませんでした。
私は指の腹(指紋のある部分)で仕上げをします。
形の微調整と表面を滑らかにするのを同時に出来ます。
[ 2017/04/05 14:34 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは
大鍬悶左衛門さん、こんばんは。

何やら苦戦されているご様子・・・
生物相手のことなので、こればかりは覚悟が必要ですねぇ・・・。
ブリーダーの技能は、ある意味、トラブル時のリカバリーでも発揮されます。
ここは腕の見せ所と思ってがんばってください。
[ 2017/04/05 21:32 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは。
dapさん、こんばんは。

> スーパーボールで削れるとは思いませんでした。
削るのではなく、押さえ込んで圧縮しています。
そのつもりでの記述でしょうが、念のため確認させて頂きます。

> 私は指の腹(指紋のある部分)で仕上げをします。
> 形の微調整と表面を滑らかにするのを同時に出来ます。
もちろん、これもありですが、球体で仕上げると実に滑らかな壁面を形成できます。
陶芸家のような職人の手があれば別ですが・・・。
[ 2017/04/05 21:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

waizu

Author:waizu

Access Counter
Category
管理人のHP

Waizu Dorcus Office

月別過去ログ

2017年 11月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【5件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【6件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【11件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【6件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【2件】
2008年 11月 【2件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 02月 【1件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【13件】
2006年 01月 【3件】

全記事表示リンク
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR